2016年08月14日

コミュニケーションの難しさ

はじめましての人もいらっしゃると思いますので、改めて自己紹介をさせていただきます。現在ジュニアユースのコーチ兼トレーナーとして活動しています、藤本と申します。去年までは筑波大学蹴球部で学生トレーナーをしていて、現在は筑波大学の大学院に通いながらつくばFCと蹴球部で活動させていただいております。

選手のケアをする藤本コーチ
(合宿で選手のケアをする藤本コーチ。後ろ姿ですいません)

つくばFCでの活動を始めてもうすぐ半年たちますが、つくばFCにきて、言葉の伝え方というのを工夫しなければならないなと日々感じています。
大学生相手では、自分が言ったことを選手はすぐに理解して実行してくれたり、むしろ選手の方からわからないことは質問してくれたりして、自分の意図していることがスムーズに伝わっていたような気がします。

しかし、相手が中学生に変わると、大学生が相手の時と同じように声をかけていくと、自分のやってほしいことと選手がやっていることが少しずれていたり、理解するのに時間がかかったりしてしまいました。
少し大学での環境に甘えていた部分があったのだろうと振り返ってみて反省しています。

どんな相手でも、わかりやすい言葉がけをする。簡単そうに見えてかなり難しいことだと感じます。
このことに気付いて自分なりに工夫してやってきましたがまだまだ力不足。
日々の積み重ねを大事にしていきたいです。

試合中に選手のケアをする藤本コーチ
(試合中にピッチサイドで、奮闘する藤本コーチ!)

また、選手たちには、もっと自分のコンディションについて知ってもらいたいと思っています。

つくばFCの選手と大学生で一番違うと感じるのは、自分の体調管理に対する意識です。
中学生は成長期で、背が伸びる半面、けがをしやすい時期になります。その中で夜更かしをしてしまう、偏った食生活をするなど、荒んだ日常生活を送ると自然と怪我につながるし、体の成長も進まなくなってしまいます。

怪我予防の半分は、自分の生活を改善することでできます。

選手たちには、自分で自分の体調を把握し管理できるようになってもらいたいです。
私からは、選手にその重要性を説いていきたいと思います。

今シーズンも後半に入ってきて、特に3年生と関われる時間はもう2か月ほどしか残っていませんが、私は選手たちが自分で成長できるような働きかけを心がけ、日々の声掛けに注意しながら活動していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
  
Posted by つくばFC at 16:16Comments(0)Jrユース

2016年08月02日

普通で終わるな!

ジュニアユースU-13を担当しています、清水です。

U-13チームは7月26日~29日にU-14チームとともに3泊4日のトレーニング合宿を千年の森J-wingsにて行いました。


今回の合宿のテーマは「徹底」でした。
何を徹底するのか。

それはシンプルに「基礎基本」です。

一言に基礎基本といっても様々な基礎基本があります。

サッカーの技術・戦術・体力の基礎基本。
サッカー選手としての基礎基本。
中学生としての私生活の基礎基本。
集団生活における基礎基本。

他にも様々な基礎基本がありますが、基礎基本とはその何かをするときに、そのものの一番根底にある土台となるものであると思います。

今回の合宿では主に以下の2つの基礎基本をメインテーマとしました。
①サッカー②サッカー選手として




①サッカー
まずはもちろんサッカーにおける基礎基本の徹底です。
合宿前に強豪チームとの練習試合3連戦(ジェファFC・水戸ホーリーホック・クラブドラゴンズ柏)を行いました。結果は3連敗。結果内容ともに惨敗でした。
その中で水戸ホーリーホック戦を振り返ってみると、つくばFCのパス成功率が51%なのに対し、水戸ホーリーホックのパス成功率は88%であるというデータが出ました(清水調べ)。この数字が全てであるとは言えませんが、基本技術に大きな差があることは明らかでした。

こうしたことも踏まえ合宿では、
パスはどんな姿勢で、どこに当て、どこに出すのか。
コントロールは、どんな姿勢で、どこに当て、どこに置くのか。
ドリブルは、どんな姿勢で、ボールをどこに置き、どんなタッチをするのか。
ひたすら繰り返し、トレーニングを行いました。

また、体力の基礎の向上も考え坂道の走り込みも行いました。



②サッカー選手として
2つ目はサッカー選手としての基礎基本です。
今回の合宿の目的はもちろんサッカーです。
ある程度時間に余裕があった今回の合宿では、目的のために自己管理ができるかどうかということを試す絶好の機会となりました。
サッカー選手にとっての商売道具は体です。この体がより良い状態であればより良いパフォーマンスを発揮できるため、サッカー選手にとって自己管理は大切です。

夜は何時に寝るのか。なにも予定がない時間をどう過ごすのか。
サッカーで少しでもいいパフォーマンスを発揮するためにはどう過ごすべきか。

初日の夜に武石コーチによる栄養講習会を行い、選手として食事の量やバランスなどを考えて栄養補給しなければならないことを学びました。
そして、次の日の朝からもちろん、即実行。






これはプロサッカー選手でも、アマチュア選手でも上を目指しているのであれば誰にでも変わらないことなのです。




では実際はどうだったのか?

4日間で少しは成長がみられたのではないか?と思う反面、まだまだ徹底が足りなかったな…とも思います。



サッカーにおいて少しは技術の向上が見られたと思います。

パスの出しどころ、コントロールの置き所、また相手からボールを遠ざける“スクリーン”など、プレーの一つ一つにこだわりがでてきて、サイドを変える展開などが見られたことは大きな成果だと思います。

また、体力の向上についても意欲的に取り組んでくれたので、いずれ成果が現れることでしょう。

しかしこれらについては数日で効果が大きく現れることはないので、継続できるかどうかが大切です。



サッカー選手としては、きっかけは掴めたのではないかと思います。

食事についても意識して食べていた選手、コーチに促されて食べていた選手?など少しですが見ることができたのは大きな成果です。また栄養について関心を持つようになった選手は多く見受けられたと思います。
また空き時間を自主練習に使っていた選手がいたことは大きな成果だと思いました。もちろん休養も大切ですが、少しの時間だとしても今の自分と向き合っていた姿は、本物のサッカー選手に少しは近づけていたのではないでしょうか。



しかし、サッカーという視点からすこしずらすと、
集団生活については、まだまだ甘いな…というのが正直な感想です。
練習開始5分前になっても練習用具がそろっていない、
荷物の持ち運びなど気遣いができない、
仲間を思いやれない、
時間が守れない、集団のことよりも自分のことばかりを優先してしまうなど

まだまだ自分が今どう振る舞うべきかを理解をしてない選手が多く見受けられました。

結局、大切な時に気遣いができるのは2年生の選手。

その結果、最終日の2年生との紅白戦では圧倒されてしまいました。




やはりサッカーと生活は関連しているのだと改めて感じさせられました。


まだまだ中学生生活は始まったばかりです(時間は限られていますが)。

ここをきっかけに気づいて変わっていけるかどうか。



“普通”で終わってしまうのか?

“凄い”になれるのか?



この合宿の成果と課題を糧に、ここからまた“徹底”していこうと思います。  

Posted by つくばFC at 18:22Comments(0)Jrユース

2016年07月30日

関東大会出場ならず…

レディースネクスト、コーチの飯塚です。
本日、皇后杯茨城県予選の決勝(vs流通経済大学)がありました。

結果から言いますと、0-2で敗戦となり、関東予選出場は果たせませんでした。
しかし前回の県リーグで0-4で敗戦した時よりも、内容は格段に良くなりました。
特に守備面では全員が80分間ハードワークをし続け、相手を苦しめることができたと思います。
失点はPKとCKからで、崩されたものではありませんでした。




しかし良い流れの中でもセットプレーから失点してしまうところはこのチームの甘さであり、改善していかなければなりません。
また、攻撃面では遠くからのシュートが目立ち、相手のペナルティーエリア内に入ることはほとんどできませんでした。

ここから1か月、公式戦は中断期間に入ります。
前回の試合よりも手応えがあっただけに悔しい敗戦でしたが、次に向けての課題を見つけることができました。
下を向くことなく、次の試合へむけて積み重ねていきたいと思います。

引き続き、つくばFCレディースネクストの応援をよろしくお願いします!


試合結果
皇后杯茨城県予選決勝
vs流通経済大学
0-2(0-1,0-1)
  
Posted by つくばFC at 22:50Comments(0)レディース

2016年07月28日

最終節・勝利で終える!

つくばFCレディース監督の福浦です。

7/24(日)11:30K.O.@セキショウチャレンジスタジアム
つくばFCレディースvs大和シルフィード

プレナスCL最終節を戦いました。


勝てば、他会場の結果次第で3・4位リーグの可能性が開けるこの1戦。
絶対に勝つ。
その気持ちをチーム一丸となって、試合に臨みました。

結果は1-0(前半0-0、後半1-0)

ズレていた一人一人のベクトルが最終節に向かって、同じ方向を向けた試合でした。
常盤木学園高等学校が勝った為、5・6位リーグにまわることになってしまいましたが、
プレーオフに向けて、最終節勝てたことは非常に大きいです。

ここからは、約1か月空いてプレーオフです。
しっかり勝ち切って、来季に向けて残留を確かなものにしていきたいと思います。

なかなか思うような結果が出ず、苦しいシーズンとなっていますが、
プレーオフ、必ず全ての試合で勝利します。

引き続き熱い声援をよろしくお願いします!




  
Posted by つくばFC at 13:31Comments(0)レディース

2016年07月24日

【レディースネクスト】決勝進出!!

つくばFCレディースネクスト、コーチの飯塚です。
この土日で、第22回茨城県女子サッカー選手権大会(皇后杯茨城県予選)の1回戦と準決勝がありました。

全8チームによるトーナメント方式で、優勝チームが皇后杯関東予選に出場する権利を獲得します。
1回戦の相手は常磐大学高校。



立ち上がりにセットプレーのこぼれ球を押し込み先制点を奪います。
その後、ボールは支配するもののシュートまで行けず、流れが悪くなりかけましたが、後半中ごろにカウンターから裏へ抜け出し追加点。
課題は残りましたが、危なげなく勝利を収め、翌日の準決勝へとつなげました。



そして日曜日。準決勝の相手は3週間前にリーグ戦で敗れたKASHIMA-LSCです。
選手たちはそのリベンジを誓い、一致団結した雰囲気の中、試合に臨みました。

試合は立ち上がりからつくばがボールを保持し、LSCがカウンターを狙うという展開。
前回の対戦でも同様の展開となり、相手のロングボールに対応しきれず、再三のピンチを招きました。
しかし今回はDFラインの冷静な対応と、MF,FW陣の切り替えの早さが目立ち、相手には終始チャンスを作らせませんでした。

攻撃の面では、序盤こそ強い向かい風に苦しみましたが、徐々に相手選手の隙間から顔を出し、素早い判断でパスを回しながらボールを前に運ぶというシーンが何度も出てきました。その中から決定的なチャンスも生まれました。
しかしラストパスが長くなってGKにキャッチされる、オフサイドにかかるなど最後の精度を欠き、なかなかゴールまで結びつけることができませんでした。

そんな流れのまま時間が進み、誰もが延長戦を覚悟した後半アディショナルタイム。ドラマが待っていました。
素早いパス回しから高い位置で前を向いた#23牛玖が、相手DFの裏へスルーパス、抜け出した#15永島が冷静にGKとの1対1を沈めます。
待望の先制点。最後の最後でようやく得点を奪うことができました。
残りの時間もしっかり守り切り、1‐0で勝利。決勝へと駒を進めることができました。

決勝戦の相手は流通経済大学です。
1回戦で関東リーグ所属のMITO EIKO FCを倒し、勢いに乗っています。

前回の対戦では0-4と完敗しており、簡単な戦いになることはまずありません。
決勝までの1週間、もう一度しっかり課題に取り組み、関東予選の切符をつかめるように万全の準備をしたいと思います。

引き続き、つくばFCレディースネクストの応援をよろしくお願いします!




〇試合結果
第22回茨城県女子サッカー選手権大会
1回戦 vs 常磐大学高校
2‐0(1‐0,1‐0)
得点者:#27加藤(補=#38日比野)、#15永島

準決勝 vs KASHIMA-LSC
1‐0(0‐0,1‐0)
得点者:#15永島(補=#23牛玖)

〇試合予定
第22回茨城県女子サッカー選手権大会 決勝
7月30日(土)13:30キックオフ
vs 流通経済大学
@ひたちなか市総合運動公園スポーツ広場Aコート  
Posted by つくばFC at 22:04Comments(0)レディース

2016年07月21日

U-15スペシャルトレーニングを開催します!

U-15スペシャルトレーニングの案内をクラブ公式ホームページ内にアップしました。興味のある中学3年生は、ぜひご覧ください!

【U-15スペトレとは?】
中学3年生を対象にしたつくばFCのサッカークラス。つくばFCユース(高校生)との 合同練習を通して、個のレベルアップと高校生年代へのスムーズな移行を目指します。



【日時】火曜日・水曜日・木曜日 19時~21時
【場所】筑波学院大学(つくば市吾妻3-1)
【対象】中学3年生
【費用】参加費1,350円/1回+年会費3,240円

※価格はすべて税込みです
※2回目から参加費を頂きます(初回無料)

【コーチ】内田光洋(ユース監督)
     奥岳史(ユースコーチ)
     鈴木健介(ユースコーチ)
     深澤裕輝(ユースコーチ、ジョイフル本田つくばFC所属)
     坂本龍一(ユースコーチ、ジョイフル本田つくばFC所属)

【お申込み・お問い合せ】担当:内田
メール:staff@tsukuba-fc.com
TEL/FAX:029-896-3553   
Posted by つくばFC at 15:10Comments(0)ユース

2016年07月18日

厳しい現実

つくばFCレディース監督の福浦です。

プレナスCL第14節
7/18(月)11:00K.O.@札幌厚別公園競技場
ノルディーア北海道vsつくばFCレディース

アウェイ4連戦の最後を戦いました。



前半1-1
後半5-1
合計6-2

厳しい結果となってしまいました。

オルカ戦敗戦後、もう一度攻撃・守備において共通理解を確認し、チームとして全員が同じベクトルを向いて勝利を目指して準備してきました。
しかし、やはりまだまだ攻守において同じ絵を描けない、イメージにズレが生じてしまうシーンが少なからず見られました。
また、失点しても前を向いて取り返そうとするメンタリティ、「勝者のメンタリティ」という部分でも弱いところが露呈してしまいました。

個々のスキルレベルや判断、クオリティはシーズン当初と比べると良くなっている部分も多くあります。
しかし、グループあるいはチームで何かを成そうとすると、そこにはプレーのベクトルのズレが生じてしまいます。

勝ちたい、勝つんだという気持ちだけでは決して勝つことはできません。
それに伴ったプレーの質、特にチームとしてのプレーの質を更に高めていくことが必要です。

この結果により、3~4位グループでのプレーオフ進出がかなり厳しくなってしまいました。
しかし、まだ可能性が0で無い限り、諦めずひた向きに課題に取り組み、最終節・ホームで勝利を挙げれるようにチーム一丸となって戦っていきます。

わずかな可能性に向かって、ぜひレギュラーシーズン最終節・ホームで熱い声援をよろしくお願いします!

<次節>
プレナスCL第15節
7/24(日)11:30K.O.@セキショウチャレンジスタジアム
つくばFCレディースvs大和シルフィード

<プレーオフ条件>
・3~4位グループ
常盤木学園高等学校が敗戦かつつくばFCレディースが勝利
・5~6位グループ
それ以外
  
Posted by つくばFC at 19:15Comments(1)レディース

2016年07月17日

県リーグ第4節

レディースネクスト、コーチの飯塚です。
本日、玉里運動公園にて茨城県リーグの第4節が行われました。



対戦相手は現在全勝の流通経済大学。
6月の練習試合では大差で敗れており、試合までの2週間は守備に重点を置いた練習を多く行いました。
相手のストロングポイントであるドリブルや細かいパス回しを封じ、失点をしないことを第一に、試合に臨みました。

しかし序盤から相手の速い攻めに翻弄され、立ち上がりに先制点を許してしまいます。
その後は相手のスピードにも慣れて守備が建て直せただけに、痛い失点になってしまいました。
攻撃面では2トップの積極的な飛び出しからチャンスが生まれましたが、シュートを打ち切るところまではなかなか行けず、決定的なチャンスを作ることはできませんでした。

後半は前線からプレスをかけに行き高い位置でボールを奪うことができましたが、攻めきることができませんでした。
結局最後まで得点は奪えず。0-4で敗戦となりました。

県リーグは2か月間中断となり、来週から皇后杯茨城県予選が始まります。
引き続き、つくばFCレディースネクストの応援をよろしくお願いします。

試合結果
県リーグ第4節 vs流通経済大学
0-4(0-1,0-3)

試合予定
7月23日(土)
皇后杯茨城県予選 vs常磐大学高校
12:00k.o.@ひたちなか市運動公園スポーツ広場  
Posted by つくばFC at 19:23Comments(0)レディース

2016年07月14日

アウェイ4連戦③

つくばFCレディース監督の福浦です。

7/4(日)にアウェイ4連戦の3戦目をアウェイ・鴨川にて戦いました。

プレナスCL第13節
7/4(日)15:00K.O.@鴨川市陸上競技場
オルカ鴨川vsつくばFCレディース




結果は0-3。
惨敗でした。
力の差は前回2度戦った時と同様たしかにありました。
しかし、その差は間違いなく縮まっています。
失点を許しても折れないメンタル、チームとして盛り返す力。
そういった力を今後もっと身につけていく必要があります。

この結果により、順位が4位から5位に後退してしまいました。
しかし、3位~5位まで勝ち点3差でせめぎあっています。
残り2節、勝利を目指して、3位でシーズンを終えれるように
引き続き戦っていきます!

応援よろしくお願いします!

<次節>
プレナスCL第14節
7/18(月)11:00K.O.@札幌厚別公園陸上競技場
ノルディーア北海道vsつくばFCレディース  
Posted by つくばFC at 18:25Comments(0)レディース

2016年07月11日

「サッカーをするということ」

ジュニアユースコーチの奥です。
ジュニアユースBチームは、IFAU-15リーグ3部、また、クラブユース選手権(U-14)に1次リーグから参加しています。
プレシーズンのブログに書きましたが、「常に考えながらサッカーをすること」を目標に半年近く取り組んできました。群馬遠征、IFAリーグを通して、意図的にプレーすることができるようになり、チームとしても、個人としても少しずつですが成長してきています。しかし、7月までチームは、リーグ、クラブユース選手権ともに1勝もできていません。

K2戦


7月3日(土)クラブユース選手権(U-14)KⅡ戦
この試合に向けて、チームでサッカーの仕組み、プレーの原則を練習やミーティングで確認してきました。攻撃や守備、攻守の切り替えの際にやるべきことを全員で共有して試合に臨みました。
前半、パスの出し手と受け手の意図・タイミングが合い素晴らしい形で先制点を奪うことができました。後半はセットプレーから失点し一時同点となりましたが、その後、勝ち越し、追加点を挙げ、今シーズン公式戦初勝利となりました。

この試合では、練習してきたテクニックや判断を小さな局面では意図的にプレーでき、失点した後に勝ち越すことができたことは、まさに選手が成長しつつあるという証ではないかと・・・。
しかし、まだまだ課題は山積です。
サッカーの目的やゲーム全体から逆算したプレーはまだまだです。サッカーのゲームで起こるすべてのプレーはサッカーの目的であるボールとゴールの奪い合いにつながっているべきです。目先の局面でのプレーで一喜一憂するのではなく、サッカーの目的から逆算し意図的にプレー出来なくてはなりません。




一人一人が自分のプレーや行動に責任を持たなければ、追い求めている目標にたどり着くことは到底不可能でしょう。
たった1回・・・1人が「まだ大丈夫かな」「俺1人くらい」という考えを持ってしまうことで、勝敗を分けてしまう。
勝負にこだわり、チームスポーツだということを理解して、試合・練習・1つ1つのプレーや行動を変えていってほしいと思います。
  
Posted by つくばFC at 15:24Comments(0)Jrユース

2016年07月08日

ジュニアユースU13、すべては夢から始まる

つくばFCジュニアユースU13コーチ兼GKコーチの武石です。昨年10月以来、久しぶりの更新になります。

 今年の1年生ですが、フィールドプレーヤー29人、GK2人と、大所帯になっております。
スクール出身の選手も多く、中には3歳のころからつくばFCにいる選手も数名います。





 さて、そんなU13チームのここまでの3か月の取り組みについてですが、とにかく攻守において意図的にプレーできるように、トレーニングを積んでいます。
 サッカーの目的は勝つこと。そのために点を取り、点を取らせない。
よくみんなで確認するのは、点を取るためのルートは1つではないということです。中央でもいいし、同サイドでも、逆サイドでも、スルーパスでもクロスでもいい。なんでもいいとは言っても、大切なのは、自分たちの目的を妨害してくる『相手』を観ることです。
 小さいところでは、自分の相手がどこに立っていて、プレッシャーにどこから来ているのか、どの強さで来ているのかなど。大きいところでは相手がどちらのサイドに寄っているのか、全体で前から来ているのか、後ろに引いているのか、など。意図的にプレーをするために、相手を観て判断、実行すること、そのための準備をしておくことを4月からずっと徹底しています。




 
 目的のために、意図的(主体的に)というところでは、ピッチの外でも一緒です。自分の夢、目標に向かって行動できているか。ゴールが分からないまま、やみくもに取り組むことを『足し算思考』というそうです。それに対して、ゴールをどこに設定するか決めて、そこから自分の足りないところを考え、クリアして、またゴールに立ち返り、というプロセスは『引き算思考』です。ゴールは、達成する目標であるとともに、ゴールこそがスタートラインです。つまり、目にしたことのある言葉かもしれませんが、【Everything Begins With a Dream(すべては夢から始まる)】 ということです。
 目標からの逆算という習慣をつけるために、練習の最初には、自分はこういうプレーがしたい!なぜなら~という発表をしたり、ノートの表紙に大きく夢(長期目標)を書いたりしています(時には厳しいことも言いますが..)。
 

(Jリーグ観戦に行きました。何を感じてくれたでしょうか)

 長く書きましたが、この学年の良いところは、コーチに言われなくてもピッチ内外の問題を自分たちで解決できることです。もっとこうしてくれ、なんでやらないんだ、など聞こえてくると、僕たちコーチが出る幕なく、勝手に問題が解決していることが多いです(どうしようもない時は声かけたりして整理します)。あとはとにかく元気。試合中もうるさいくらいに元気ですが、TOPチームの応援の時の、声量の大きさにはこちらも圧倒されました。





 コーチに言われなくても、主体的になってきた1年生のリーグ戦が、今週末土曜日に開幕します。今シーズンは2部での戦いになりますが、昇格を目指して、また1人1人の目標のために、取り組んでいきます。応援よろしくお願いいたします!
 
  
Posted by つくばFC at 08:04Comments(0)Jrユース

2016年07月06日

【レディースネクスト】やり方を変える柔軟性

つくばFCレディースネクスト、コーチの飯塚です。

7月3日(日)に、茨城県リーグ1部第3節がありました。
対戦相手は昨年度王者のKASHIMA-LSC。優勝を目指すためには避けて通れないチームです。
キックオフ時点でピッチ上の気温は34度を記録しており、文字通り熱い試合となりました。




序盤はお互いにロングボールを蹴りあう展開。
相手は高校生主体のメンバーだけあって、前線からハイプレッシャーをかけてきました。
その中でも慌てることなく有効にサイドの裏のスペースを使うことができ、いくつかチャンスを作ることに成功します。

しかし、コーナーキックから相手選手をフリーにしてしまい、先制点を許してしまいます。
いけそうだと手応えを感じた矢先。良い流れだっただけに、痛い失点となりました。

その後つくばFCも再び攻勢に出ます。
2トップを中心に高い位置で起点を作り、ペナルティーエリア内に侵入する場面が増えていきます。
ゴールこそ奪えなかったものの、可能性を感じつつ後半へと折り返すことができました。

後半もロングボールで攻めてくる相手に対して、こちらは落ち着いて対処することができました。
しかし相手もこちらの攻撃へ対応してくるようになり、2トップへのマークが厳しくなりました。

その中でもうまく中盤の選手を使えればよかったのですが、お互いにコンパクトな中で中盤が省略されてしまい、うまくパスを回すことができませんでした。
その中でいくつか決定的なシーンも作りましたが、相手キーパーの好セーブなどにより、最後まで得点は奪えず。
3戦目にして初黒星を喫しました。

後半は相手の土俵で勝負してしまい、自分たちの得意な展開に持っていけなかったことが悔やまれます。
相手の状況を見て、柔軟に戦い方を変えられるようにする必要があると感じました。

この結果をもって現在2勝1敗の勝ち点6、得失点差は+3となりました。
1試合未消化のチームがあるため順位は確定しませんが、残り2試合、上位リーグ進出のためには負けられない戦いが続くことは確かです。

次節の相手は3戦全勝の流通経済大学。6月に行った練習試合では敗れています。
粘り強く、勝ち点をもぎ取れるようにチーム全員で戦い抜きます。

引き続き、つくばFCレディースネクストの応援よろしくお願いします。

試合結果
第3節 vs KASHIMA-LSC
●0-1(0-1,0-0)

次節試合予定
第4節 vs 流通経済大学
7月17日(日)12:00k.o.@玉里運動公園


  
Posted by つくばFC at 11:19Comments(0)レディース

2016年07月03日

【つくばFCレディース】アウェイ4連戦前半

つくばFCレディース監督の福浦です。

つくばFCレディースはプレナスCL第11節からアウェイ4連戦を迎えています。

6/26(日)プレナスCL第11節
常盤木学園高等学校vsつくばFCレディース
@宮城県サッカー場Aグラウンド



7/3(日)プレナスCL第12節
JAPANサッカーカレッジvsつくばFCレディース
@紫雲寺記念公園



アウェイ4連戦の前半2連戦を戦いました。

vs常盤木学園高等学校では,自分たちがボールを持つ時間がありながらも、ミスから失点してしまいました。その後すぐ取り返すも一瞬の隙を突かれ、こぼれ球を振りぬかれ失点してしまいました。決して崩されたわけではありませんが、自分たちの課題である集中を90分間保ち続けるということがまだまだ甘く、勝ち切る戦いができていませんでした。結果として1-2。残留を目指すうえで痛い1敗となってしまいました。

前節を踏まえてもう一度守備のところから改善を図り、臨んだvsJAPANサッカーカレッジ。
雨でピッチコンディションが良くない中、前半は互いに蹴りあう場面が多くなりました。
後半は自分達の持ち味を再確認し、相手に合わせることなく、自分達のサッカーを取り戻すことができました。
結果は1-0!
今季アウェイでの初勝利!
そして何より残留に向けて大きな勝ち点3を取ることができました!

後半のシュート数9に対して得点1は数字だけ見ても、まだまだ改善しなければいけない点が多いことは明らかですが、無失点で終えれたことは次に繋がるいい収穫です。

12節を終わっての順位
3位常盤木学園高等学校 勝ち点16
4位つくばFCレディース 勝ち点13
5位ノルディーア北海道 勝ち点12

まだまだこの3チームは混沌としており、気が抜けません。
昇格の可能性はついえましたが、3位を目指し、気を抜かず戦っていきます。

引き続き応援よろしくお願いします!

<次節>
7/10(日)プレナスCL第13節
オルカ鴨川vsつくばFCレディース
15:00K.O.@鴨川市陸上競技場  
Posted by つくばFC at 22:32Comments(0)レディース

2016年06月24日

5連勝!!!!!

つくばFCネクストヘッドコーチの八木です。

6月19日(日)に茨城県リーグ2部A 第5節が行われました。



茨城県社会人リーグ2部Aブロック 第5節

つくばFCネクスト 7-2(1-1) K.FC





《得点》 #18 小久保×3 #5 森 #4 橋本 #8 堀内×2


今年、3部から2部に昇格したチーム同士の戦い。

K.FCは昨年も苦戦した(2-1の勝利)相手で、今回も厳しい戦いになるだろうと予想していました。




その予想通り、先制点を奪われます。

前半12minに左サイドからクロスを合わせれ、失点。

なかなかきれいな形でゴールされました。


しかし、26minに#18 小久保が同点ゴールを記録し、前半は1-1で折り返します。



後半の立ち上がりに逆転、といきたかったところですが、いきなり相手に直接FKを決められ、再びリードを許します。

それでも前半に同点ゴールを決めた小久保が、GKと1対1を冷静に決め、2点目。

その直後に#5 森のコーナーキックが直接決まり逆転!

この後はつくばFCネクストのゴールラッシュ!

#4 橋本が2試合連続ゴール!(オウンゴールっぽかったですが・・・)

小久保は3得点を決めハットトリック達成!

終盤には#8 堀内が2得点で、合計7得点の大勝となりました。






ハットトリックの活躍!#18 小久保




結果だけ見れば、7-2の圧勝ですが、試合内容は決してそうとは言い切れません。

特に、後半の逆転ゴールが決まるまでは相手の方が勢いに乗っていました。

そんな試合で勝ち切り、5連勝を達成。

また一歩、1部昇格に近づきました。






これで1カ月ほど公式はありませんが、次の前期最終戦に向けて、気を緩めずにトレーニングしていきます。




今節も応援ありがとうございました!!





~つくばFCネクスト リーグ戦得点ランキング~
 #18 小久保拓哉 10得点
 #17 芝尾旭人  9得点
 #8 堀内亮介    3得点
 #4 橋本慶     2得点
 #5 森竜哉     2得点
 #20 江田光之介 2得点
 #23 吉田大成  2得点
 #13 野間田亮  1得点
 #19 仲井建人  1得点
 #20 江田光之介 1得点
 #22 黒滝悠太  1得点




【つくばFCネクスト次戦】
茨城県リーグ2部Aブロック 第6節 
7月31日(日)9:00  vsファンタジア
会場:筑波学院大学 Tフィールド  
Posted by つくばFC at 20:07Comments(0)ジョイフル

2016年06月21日

この夏、自分だけの「武器」を手に入れろ!

今年も、つくばFCサッカースクールでは、通常クラスと比べて、よりポジションに特化したクラスを夏期限定で行います。

ぜひこの機会に、課題克服・スキルアップにチャレンジしましょう。コーチは、トップチーム選手や指導歴の長いコーチが直接行い、コツを伝授します!



■ 期間:7月26日 ~ 8月30日
□ 会場:筑波学院大学(Tフィールド)
■ 対象:小学5・6年生
□テーマ:「ドリブル」「ストライカー」「ゴールキーパー」

<参加方法>
☆お申込期間:6月26日(日)21:00~7月25日(月)12:00

□ 下記の申込み必要事項をメールにてご連絡ください。
件名:「夏期特別クラス参加申込」
①氏名(ふりがな) ②学年・年齢 ③ご連絡先(TEL)
④通常参加クラス(会員でない場合は、「会員外」と記載)
⑤希望クラス・日にち ⑥振替参加の有無(有の場合、日付も記載)

■ 参加回数分の参加費がかかります。(1回 1,080円)

※各クラス定員になり次第、募集を締め切らせていただきます

<本件に関するお問い合わせ>
スポーツ普及部 坂本・内田
TEL:029-896-3553
FAX:029-896-3670
E-mail:school@tsukuba-fc.com   
Posted by つくばFC at 15:28Comments(0)スクール

2016年06月19日

【レディースネクスト】県リーグ第2節 ~青い潮風にのって~

つくばFCレディースネクスト、コーチの飯塚です。

本日、茨城県リーグ1部の第2節がありました。
対戦相手は鹿島学園高校。
昨日の猛暑とはうってかわり、ひたちなかの涼しい潮風の中、万全のコンディションで試合に臨むことができました。




気候の後押しもあり、試合は立ち上がりからお互いに前からプレッシャーを奪いに行く、スピーディな展開。
最初こそボールが落ち着きませんでしたが、前半10分を過ぎたあたりからこちらのプレスがはまり始め、徐々にマイボールの時間が増えていきます。しかし前線に攻め込んだところから良い形でのシュートが打てず、枠外や威力の無いシュート、また相手の粘り強い守備を前にして、なかなか得点を奪うことができませんでした。
そしてそんな良くない流れの中で、バックパスのミスから相手に先制を許してしまいます。

0-1。

練習試合でもほとんど逆転勝ちをした記憶がなく、チーム全体に不安が走りました。
しかしその悪い流れを払しょくしてくれたのが彼女たちです。




チャレンジリーグに参戦しているトップチームの選手たちが、OFF返上で応援にかけつけてくれていました。
先制されてからも声を出し続け、背中を押してくれる仲間に、選手も奮起します。

前半終了間際にカウンターから右サイドを突破、えぐって上げた速いクロスを相手がクリアしきれず、そのままゴールへと吸い込まれました。

1-1。

オウンゴールではありましたが、前半のうちに追いつき、良い雰囲気で後半を迎えることができました。

後半も、攻め込みながらなかなかゴールまで行けない展開が続きましたが、ミドルシュート、キーパーとの1対1から得点を奪い、最終的に3-1。苦しみながらも、なんとか勝利で試合を終えました。
応援団の後押しと、それに応えようとする選手の意地が同じベクトルを向いたように感じました。

これでリーグ開幕から2連勝。
次節は昨年度王者、KASHIMA-LSCとの対戦です。

県リーグ優勝のためには負けられない戦いが続きます。
今日の試合で出た課題や反省点をしっかりと修正し、良い準備をして7月3日の第3節に臨みたいと思います。

引き続き、つくばFCレディースの応援をよろしくお願いします!


本日の試合結果
第2節 vs鹿島学園高校
〇3-1(1-1,2-0)
得点者:OG、永島、小西


次節試合予定
第3節 vsKASHIMA-LSC
7月3日(日)11:30k.o.@流通経済大学サッカー場






  
Posted by つくばFC at 22:34Comments(0)レディース

2016年06月18日

県少女大会3日目

こんにちは。
つくばFCガールズコーチの林です。

今日は県少女大会の最終日でした。
つくばFCガールズは、先週の日曜日に行われた大会2日目を2勝で終えたので、大会での4位以上は確定しています。
しかし狙うのはもちろん優勝です!
大会最終日、つくばFCガールズの戦いや如何に!!



2次リーグ最終試合の相手は日立FCベラローツU-12です。
今大会2次リーグにおいて、小美玉レディースに引き分け、那珂FCに勝利しているチームです。
引き分け以上でつくばFCガールズの決勝戦進出が確定します。果たして結果は…





つくばFCガールズ0-0日立FCベラローツU-12
引き分けでした。
相手は全体的にボールをしっかり蹴ることができる選手が多く、私たちはそのクリアでいっぱいいっぱいになってしまいました。
マイボールの時間が短く、選手もせっかく奪ったボールを簡単に失ってしまいました。
ハーフタイム時に修正をするよう努めましたが、日立の壁は厚く、一点も奪うことができないまま、しかし懸命な守備により失点もせず、試合を終えました。

何とか引き分けに持ち込み、決勝進出を果たしました。




さぁ次が本日、本大会の最終試合であり、決勝戦。対する相手は東小沢バンビーナネクスト!
1次リーグでは0-0で引き分けている相手です。バンビーナも2次リーグを1位通過し、決勝での再戦となりました。

多くの選手、保護者が見守る中繰り広げられた試合、果たして結果は…

つくばFCガールズ0-1東小沢バンビーナネクスト

負けてしまいました。
開始早々にスキを突かれ、失点。奪い返す時間は十分にありましたが、なかなか東小沢DFを攻略することはできず、そのまま試合が終了しました。
東小沢の選手は、以前ブログでも記述しましたが、チームとして当たり前のことがあたりまえにできていました。
チームとしての相手の強さになす術なく、敗北を喫しました。

これで全日程が終了しました。
惜しくも決勝戦では負けてしまい、目標としていた優勝には届きませんでしたが、平成21年度第7回大会以降7年ぶりの県少女大会準優勝を果たしました!!






今大会により、選手は成長しました。
しかし最後に残った悔しさが、さらに選手を成長させると思います。
今シーズン初黒星が、今大会の決勝戦だったこと、これにはきっと大きな意味があるはずです。
選手だけでなく、私たちスタッフも、もっと成長したい。成長し続けなければいけない。
そう感じさせてくれる大会となりました。

今大会に参加した選手、そしてご父兄の皆様、お暑い中お疲れ様でした。
そして私たちスタッフをサポートをしていただき、誠にありがとうございます。

これからもつくばFCガールズの応援のほど、よろしくお願い致します!!  
Posted by つくばFC at 22:35Comments(0)ガールズ

2016年06月17日

開幕4連勝!!!!

つくばFCネクストヘッドコーチの八木です。

6月12日(日)に茨城県リーグ2部A 第4節が行われました。



茨城県社会人リーグ2部Aブロック 第4節

つくばFCネクスト 5-1 亀陵クラブマーベラス







《得点》 #4 橋本 #20 江田 #8 堀内 #17 芝尾 #18 小久保


立ち上がりからボールを支配し、相手を押し込むと、中央付近でフリーキックを獲得。

これを#4 橋本が直接決めて、先制ゴールを奪います!
(橋本は今季初得点!)

その数分後にも、#8 堀内のクロスから#20 江田が押し込み、追加点。

その後も、優勢に試合を進めますが、ミスからボールを失い、ドリブルで持ち込まれ失点してしまいます。

一瞬の隙を突かれての失点となりましたが、前半のうちに#8 堀内の素晴らしいダイビングヘッドで3-1と突き放します。
(堀内も今季初得点!)


後半も、#17 芝尾と#18 小久保の2得点を積み重ね、5-1で勝利。

リーグ4連勝となりました!


リーグ戦開幕から、安定した試合運びができるようになってきました。

しかし、多くの得点チャンスをものにできなかったことは反省しなければなりません。



次節は今週日曜日6月17日です。

昨年も3部で対戦し、非常に苦戦した相手で、容易な試合にはならないと思いますが、5連勝を目指し、戦います!!

つくばFCネクストも応援よろしくお願いします!!





今季初得点コンビ
#4 橋本と#8堀内



~つくばFCネクスト リーグ戦得点ランキング~
 #17 芝尾旭人  9得点
 #18 小久保拓哉 7得点
 #20 江田光之介 2得点
 #23 吉田大成  2得点
 #4 橋本慶    1得点
 #5 森竜哉     1得点
 #8 堀内亮介    1得点
 #13 野間田亮  1得点
 #19 仲井建人  1得点
 #20 江田光之介 1得点
 #22 黒滝悠太  1得点


【つくばFCネクスト次戦】
茨城県リーグ2部Aブロック 第5節 
6月19日(日)18:15  vsK.FC
会場:筑波学院大学 Tフィールド  
Posted by つくばFC at 14:21Comments(0)ジョイフル

2016年06月13日

心に火をつけろ

つくばFCジュニアユース監督の福本です。

忙しさにかまけて、更新を怠ってしまっていましたが
久々に、思うことを書こうと思います。


最近トレーニングをしていて、よく思うこと

一体、うちの選手たちは何を考えてサッカーをしているのだろう・・・
なぜ、つくばFCでサッカーをしているのだろうか・・・
セレクションをしていない、うちのクラブでサッカーをしている理由はなんなんだろう。そして、何かを求めて入団したはいいものの、その求めているものはこのクラブに存在したのだろうか・・・

私が、ジュニアユースの監督になって1年以上が過ぎましたが、今年は特にその目的意識の不明瞭さに、頭を悩ませられます。


(IFAリーグvs水戸ホーリーホック)

サッカーは、自由なスポーツです。手を使わずに、ゴールにボールを入れるという単純明快なルール以外、コートの中で選手がプレーする方法に縛りはありません。前方なのか、右なのか左なのか、はたまた後ろなのか、そのどれでもいいのです。
でも、その狙いがあったとしても、足でボールを扱うがゆえの、不正確さもありますし、その狙いに対して相手が邪魔をしてくるということもあります。
我々コーチとしては、その狙いに対して選手たちが正確に蹴れるように、確実な技術を伝えていかなければいけないし、そもそもその狙いというもの(目的)が、なんなのかということも伝えていかなくてはいけない。

でも、その狙い(目的)がないと、そのパスやドリブルの正確性にこだわりを持つこともできませんし、その次にどういったことが起こってくるのかという創造力も働きません。

サッカー以外であれば、中学生は学生ですから、もちろん勉強します。中間試験・期末試験のために勉強、そして、高校受験。どんな高校に行くのかは、もちろん学力ということもありあますが、その先に何をやりたいのかということにもつながってくると思います。その後も、大学に行ったり、就職したりとその時々で必ずなんだかの目的があるはずなのです。しかし、この目的はほとんど決められたようなものです。最終的には、社会に出て、働いて・・・
一体なんのために、生活しているのか。その目的が、はっきりしていないと、充実した生活なんて送れないと思います。

サッカーでも同じようなことが言えます。数多くあるスポーツの中でサッカーを選んだ。中学校に入学してサッカー部があるけれども、また他にもクラブチームがある中でつくばFCというクラブを選んで入団してくれた。
必ず入らなければいけない部活とは違って、入団した動機や目的が少なからずあるはず・・・
そしてそもそも、なぜサッカーを競技として続けているのか。


(IFAリーグvsアセノSC)

つくばFCが、選手に提供できること
”すべての人が素晴らしい環境でスポーツをできるようにすること”
ということもそうですが、
私が考えていることは3つあって、
1つ目は、その個人個人が持つ能力を最大限引き出してあげること。
体の使い方、動かし方、効率の良い動き方。(ボールを扱う技術も含む)
2つ目は、どういった考え方で、プレーをしていかなければいけないのか。
相手との駆け引きの中でプレーをしていくということ。
3つ目は、つくばFCを経てどんな場所でも活躍・成長してもらいたいということ
どんなサッカーでも対応できるように、その時々でその状況に合わせた判断ができるようになってもらいたい。

ただし、その考え方も、サッカーの最大の目的であるゴールを奪うこと、そして勝負に勝つということに基づいているのです。
ゴールを奪いたいけど、この状況であれば、逆サイドから攻めてやろう。相手が前からプレッシャーをかけているから、裏のスペースを取ってやろう。
目的は、あくまで相手をかわしてゴールを決めることです、そして試合に勝つ。この最大の目的に対して、自分たちがどのように行動していくのか・・・

なんとなく味方にパスをしただけ、とりあえず勉強をする。
コーチにラインあげろと言われたからラインを上げた、親に勉強しろと言われたから勉強する。
いったい、何が目的なのか、

本当に一握りではありますが、サッカーだけに限らず、自分の人生をこんな風にしたいと思っている選手は、クラブの活動でも自分を成長させるためにチャレンジしてくれています。

U15はリーグ戦の前期が終わって、1ヶ月あまり中断期間。後期に向けて、選手たちに何が伝えられるのか。
以前のブログでも書きましたが
アメリカの教育学者ウイリアム・アーサー・ウォード牧師はこう言っています。
「平凡な教師は言って聞かせる、
 良い教師は説明する、
 優れた教師はやってみせる
 偉大な教師は子どもの心に火をつける。」

今のチームに必要なことは、子どもの心に火をつけること!
私の力が問われる、1ヶ月となりそうです。  
Posted by つくばFC at 19:56Comments(0)Jrユース

2016年06月13日

今季3勝目!

つくばFCレディース監督の福浦です。
6月4,11日とホームでの2連戦を戦いました。

プレナスCL第8節
6月4日(土)16:00K.O.
つくばFCレディースvsオルカ鴨川
@セキショウチャレンジスタジアム



全勝・無失点で首位を独走するオルカ鴨川との対戦でした。
前回のアウェーでの試合では、力の差を見せつけられ、0-4の完敗でした。
その戦いからどれだけ差を詰めることができたのか、自分達の成長の証を見せる試合です。

結果は0-2。
前半は相手ゴールを脅かすシーンを作り出すこともでき、前回に比べると対等に戦えるようになりました。
しかし、後半は徐々に押し込まれ始め、結果的に2失点で終えてしまいました。
力はつけてきている。
が、90分間その質を維持することがまだできていません。
特に決めきる力においては、相手との間に決定的な差がありました。
自分達のペースの時にいかに得点を挙げるか。
勝ち点を勝ち取っていくために必要なことです。

それを踏まえて臨んだ第9節。
プレナスCL第9節
6月11日(土)11:30K.O.
つくばFCレディースvsJAPANサッカーカレッジ
@セキショウチャレンジスタジアム



この試合は上位進出に向けて絶対に負けられない戦いでした。
前半から自分達のスタイルを信じて、得点を目指し戦いました。
しかし、前半終わってみると0-0。
ボールを奪う、ボールを保持することはできています。
しかし、肝心なゴールを目指す姿勢が弱く、なかなかシュートまでいきつくことができませんでした。
後半に向けて、もう一度自分たちが目指すもの、保持したボールをどうしたいのかを共有して後半に臨みました。
後半は、前へ向かう姿勢が前半よりは強くなり、積極的なプレーが増えてきました。
その中で得たセットプレーのチャンスをものにし、なんとか2-1で勝ち点3をもぎ取ることができました。

勝ち切る、決めきるという点において、まだまだ粗削りで質を上げていかなければいけない部分は多々ありますが、ホームで勝ち点3を上げられたことは今後に繋がる大きな収穫です。

次節は2週空いて、アウェー3連戦です。
いまだアウェーで勝利を収めることができていません。一つでも多く勝ち点を積み上げて上位進出への可能性を広げていけるよう頑張っていきます!

引き続き応援よろしくお願いします!

<次節>
プレナスCL第11節
6月26日(日)11:00K.O.
常盤木学園高等学校vsつくばFCレディース
@宮城県サッカー場Aグラウンド


  
Posted by つくばFC at 16:36Comments(0)レディース