2015年04月07日

ユース日記vol.5

こんにちは、ユース監督の棚橋です。

春休み期間中、ユースチームはチームの強化を図るために大学生や、強豪高校を相手にゲームを行ってきました!

平成国際大学とのゲーム、当然ではありますが相手のスピードについていけず攻守で相手に押されっぱなしでした。
攻撃では、ボールを奪いにくる相手を動かして前進するための準備が遅く、不利な状態でボールを持たされる。不利な状態からスタートするので味方へのパスが雑になり、ボールをもらった人が困る。困った中での苦し紛れのプレーなのでどこかでボールを失う。

そこからの切り替えも遅いのでカウンターを受けて難しい守備を強いられる。
悪い循環を繰り返し、当然の結果として失点を繰り返してしまいました。

【悔しそうな選手たちがほとんどでした。】


ただ、時間が経つにつれて選手たちのプレーにも変化が出てきました。
攻撃時には準備が早くなり、相手のプレッシャーを受ける前に前を向く。ボールを受ける前に周りを見て複数の選択肢を持っておいて相手次第で判断を変えていく。
そうするとボールが動くようになり、中盤が前を向く機会が増えて、相手のゴールを目指せる状況を作り出すことが出来るようになりました。
ただ、得点を奪うまでには至らず。

大学生とのゲームの後、中1日で群馬・栃木への1泊2日の合宿を敢行しました。

1日目は前橋育英高校と練習試合をしていただきました。
やはりプレッシャーの早い相手に苦しみ、ミス・ミス・ミス・・・。


「この一本のパスが繋がればチャンスになる!」そういうところでボール一個分パスがずれる。受けた味方の体勢が悪くなるので縦パスを狙えない。そうすると再びプレッシャーの厳しい中からやり直し・・・。そういう事がたくさんありました。



平成国際大戦では準備の部分が課題で、前橋育英戦では技術の質の部分が課題。そう考えれば前進したと捉える事もできますが、もっともっと上手くなってもらいたいところです。




ユースが目指しているサッカーは技術(それは守備時のボールを奪う技術も含めて)と賢さが求められるサッカーだと思っています。
簡単ではありませんが、継続することでフィジカルに対抗するサッカーができると確信しています。
そして、その先には勝利が待っている!

ここにくればサッカーの仕組みを知ることが出来て、技術も伸びていく。ユースに来てくれる選手にはそういう場を提供したいと思っています。
是非一度、つくばFCユースの練習に体験に来てください。
体験希望の方はつくばFC事務局(担当:柴田)
Tel 029-896-3553 / Mail staff@tsukuba-fc.com
まで!   
Posted by つくばFC at 21:19Comments(0)ユース

2015年03月24日

ユース日記vol.4

こんにちは、ユース監督の棚橋です。
さて、先週末は水戸まで遠征をしまして、練習試合をさせていただきました。
クレーのグラウンドでしたが、とても綺麗で指導者の情熱を感じました。

さて、練習試合の結果としては、これまでの試合の中で最も多くの得点を挙げることができました。1つ前のブログで書いた、相手DFラインの裏に抜ける動きが増えた結果としてシュートチャンスを作り出すことができた成果だと思っています。しかし、チャンスを作り出せるシーンのはずなのにそこにパスが付けられないといったシーンも散見されました。


【ここからチャンスを作り出しました。】

いくつかの要因があると思います。技術はもちろんのこと、出し手がその状況をチャンスとして認識していないという部分もあると思います。チャンスを見逃さないためにサッカーを知ること、相手の状況を観てプレーすることが必要であると思っています。


【非常にきれいに整備されたピッチでプレーさせて頂きました。感謝です。】


【チャンスを作り出すために、相手を動かします。】


さて、攻撃するためにはボールが必要です。ボールを手に入れる為には守備をしなくてはなりません。そこの質はまだまだ課題が残ると感じました。タイミング良く身体をぶつけてボールを奪う、最低でも相手の自由を奪うということが更によくなれば、もっと良い試合ができると考えています。

その辺は言葉で伝えるのはもちろんですが、トップチームであるジョイフル本田つくばFCの選手たちのプレーを見ることも良い経験だと思っています。トップの選手たちを見て感じるスピード感、ぶつかりの激しさ等を学んでくれれば良いと思います。
また、こういった上のレベルを身近に感じられる環境があるのは、このクラブの良さだと感じています。

【こういった激しさを身近に感じられる環境があります。】



より高いレベルを身近に感じながら、上を目指してプレーしたい選手は、是非ユースの体験に来ていただければと思います。
体験希望の方はつくばFC事務局(担当:柴田)
Tel 029-896-3553 / Mail staff@tsukuba-fc.com
まで!  

Posted by つくばFC at 01:13Comments(0)ユース

2015年03月20日

ユース日記vol.3

こんにちは、ユース監督の棚橋です。

ユースは先週末、高崎サッカー場で常総アイデンティーと練習試合を行いました。
この試合では、今までのゲームの中で最も落ち着いてボールを持つことが出来ましたし多くのチャンスを作り出すことに成功しました。
しかし、結果として奪った得点は1点だけでした。


(すいません、写真を撮り忘れました。万博での練習風景)


原因は相手DFラインへの裏の飛び出しの少なさにあります。中盤の選手が前を向いて、スルーパスを出せる状況なのに受け手は足元でボールを受けようとしてしまい結果として得点のチャンスを作り出すまでには至りませんでした。

ボールを持つ事が出来る様になったのは良い事で、進歩した部分です。
しかし、ここからゴール前の局面というのは、技術の質であったり、動き出しのタイミングなどより細かいところが重要になってきます。
この部分は、サッカーの中で最も熾烈で面白い局面になると思います
点を取る為に相手を外す、そしてゴールを決める
その醍醐味を、選手たちには楽しんでもらいたいと思っています。


(チームでミーティング。意見をぶつけて、切磋琢磨。)


ユースチームでは、そういう厳しくも楽しい場を提供していきます。

さて、そんなつくばFCユースでは明日3/21に新入生対象の活動説明会を行います。
つくばFCユースで目指している部分等をご説明させて頂ける機会ですので、ぜひたくさんの方にお越しいただけると幸いです。
以下、日程です。

日時:3/21 13:00~14:00
場所:スポーツシューレつくば
Tel 029-896-3553 / Mail staff@tsukuba-fc.com
担当:ユース総監督 福本

ご参加、お待ちしております!
  
Posted by つくばFC at 15:22Comments(0)ユース

2015年03月06日

ユース日記vol.2

こんにちは、ユース監督の棚橋です。

3月2日(月)、多くの選手が卒業式の代休だったため、常磐大学高校と練習試合を行いました。

先週は、守備の構築を目的にトレーニングを行いました。その成果もあり、簡単に背後を取られるシーンは減ったと思います。しかし、肝心のボール保持者に対してプレッシャーがかからないことが多く、意図的にボールを奪うシーンは数えるほどでした。

チームで意図的にボールを奪うためには、ボール保持者に制限を加えることが必要不可欠です(つまり、1stDFの決定ですね)。チームとしての約束事も大切ですが、まずは選手個々が状況に応じたポジショニングからボールに対して厳しく寄せていくことから求めていきたいと考えています。

上記のことを踏まえた、翌日のトレーニングを少し…。


ウォーミングアップのスペースを埋める鬼ごっこ!


GKコーチも常に帯同し、的確な指導を行います!


平日は人工芝のグラウンドでトレーニングしています!

こういう事を繰り返しながら、状況に応じたプレーを学び、サッカーの仕組みを理解し、そしてチームを勝たせることが出来る選手になってほしい!
ユースチームは、そういう場を提供していければと思います。

3/7~3/19までユースでは新1年生対象の体験練習会を行っています。
詳細はこちらから

お問い合わせは下記へ
■つくばFC事務所
Tel 029-896-3553 / Mail staff@tsukuba-fc.com
担当:ユース総監督 福本

多くの選手の参加を待っています!   

Posted by つくばFC at 16:06Comments(0)ユース

2015年03月02日

ユース日記vol.1

こんにちは、ユース監督の棚橋です。

「ユース日記vol.1」ということで、これからつくばFCユースの情報を毎週更新していきたいと思います。

さて、2/22には新体制になってから初めてのゲームを水戸葵陵高校と行いました。結果としてはあまり良くないものでしたが、新体制が始まってから1週間にしては上出来といったところでしょうか。僕としても今シーズン戦う相手のイメージが掴めたという意味では収穫がありました。

そして先週。選手たちは守備について意欲的に取り組んでくれています。基本的な所を1つ1つ明確にしながらの守備の構築といったところでしょうか。今日の練習試合でどういう形になるか、楽しみです。

さて、僕の考えている事を少しだけ。

自己紹介の記事でも触れましたが、「ボールを持っているチームしか点を取る事は出来ないし、ボールを持っている間は失点することはない」をコンセプトとして大きく掲げています。



なぜかというと、この方法が勝つ可能性が1番高いと思っている、ということがまずあります。そして、同時にこの方法を採る事によって選手の皆がサッカーをうまくなる事が出来ると思っているからです。

ボールを持つ為には、技術が必要で、同時に賢さ、そして走ることも必要です。ボールを持ってサッカーをしようとすることで、個人のサッカー選手としての能力が高まると確信しています。



3/7~3/19までユースでは新1年生対象の体験練習会を行っています。
詳細はこちらから

お問い合わせは下記へ
■つくばFC事務所
Tel 029-896-3553 / Mail staff@tsukuba-fc.com
担当:ユース総監督 福本

多くの選手の参加を待っています!  

Posted by つくばFC at 10:29Comments(0)ユース

2015年02月18日

ユースチーム新監督の棚橋です!

初めまして。今年からユースの監督を務めることになりました棚橋啓輔と申します。

見た事ある名前だとお感じになる方もいらっしゃるかもしれません。一昨年はつくばFCレディースのヘッドコーチをしておりました。昨年はなでしこ2部リーグ所属の福岡J・アンクラスのキーパーコーチと同クラブのユース監督をしておりました。

1年ぶりにつくばFCと関わることが出来ることを嬉しく思います。より良い成績が出せる様に頑張ります!



ユースチームの近況も少しだけ。

ユースは始動してから本日で4回目の練習を消化します。「ボールを持っているチームしか点を取る事は出来ないし、ボールを持っている間は失点することはない」をコンセプトに、まずは攻撃を形にしていきたいと考えています(守備をおろそかにするわけではありませんよ)。

ユースチームの応援、よろしくお願いいたします!  
Posted by つくばFC at 18:09Comments(0)ユース

2015年02月15日

ユース体験練習会開催

つくばFCユースでは、新高校1年生対象に体験練習会を行います。

詳しい日時など、詳細は下記のPDFファイルをご覧ください。

興味のある選手も、ない選手も是非一度つくばFCユースの練習に参加してみてください。

チームの本気度を感じれるはずです!

よろしくお願いします。



詳細は、こちらからも
  

Posted by つくばFC at 10:17Comments(0)ユース

2015年02月14日

アカデミーダイレクターのつぶやき①

アカデミーダイレクターの内田です。

2015年1月より、つくばFCのアカデミーダイレクターに就任しました。ちなみに「アカデミーダイレクターって何?」と思う方が多いのではないでしょうか。私もその一人です(笑)

アカデミーダイレクターについて調べてみると「育成部門を統括する責任者」とのこと。なるほど、さらに調べてみると「育成組織の進む道を決め、目標に向かって導いていく人」と出てきました。



では、具体的に何をやっていくのか。正直、細かいところは、まだ決まっていません。この1ヶ月は、アカデミーチームやスクールを巡回し、担当コーチとディスカッションを重ねることから始めています。

今後は、コーチや選手を陰ながらサポートしつつ、育成部門の方向性を示していけたらと思っています。

今後ともよろしくお願いします!  

2015年02月14日

筑波大学蹴球部にチャレンジ

つくばFCの福本です。
クラブからも発表がありましたが、ユースチームでは総監督として運営等を中心に
ジュニアユースでは、監督として現場の総責任者を司ることになりました。今後とも、宜しくお願いします。

さて、話はユースチームの話になります
選手たちは、今週は試験真っ只中。練習は休みにして、学業に専念してもらっていましたが
今日から、練習再開です!



試験休みに入る前を、トレーニングの一区切りとして考え
その集大成として、筑波大学の蹴球部に挑戦してきました

課題は、どうやって得点を奪うのか
サッカーの醍醐味である、得点を奪うところを表現することができるのか


(こんな距離感じゃ全くプレッシャーになりませんね・・・)

結果から言うと、得点を奪うことはできなかったのですが
しょうもないミスで失点するということがあったものの
粘り強く戦うことは、できていたように思います。

しかし、勝負に勝つためには、どこかで得点を奪いに行かなくてはいけない。
ここぞというときに、ゴールに向かってスプリントする、相手の背後に飛び出していく。
大学生が相手であったとしても、思い切って
ボールを奪った瞬間に、全体でスイッチを入れて得点を奪いにいって欲しかったです。


(高校生相手なら、これくらいの距離まで。でも、もっとプレッシャーかけたいね!)

高校生相手には、ある程度こうなんじゃないかということで指示を出して
それを具現化して、得点を奪うこはできました。
しかし、大学生相手には、ボールを奪ってポゼッションすることは出来ても、なかなか思いっきりよく前線に飛び出していくということができない。
プレッシャーをかけられて、ボールを前に出していくことができない。
判断のスピード、準備の段階での駆け引き、ポジショニング、キックの精度など
足りないことが、浮き彫りになります。


(この時期のクレーのグラウンドは辛い・・。でも、やらせていただけることに感謝!高校生相手なら、ある程度意図的に得点奪うことできました。)

開幕まで、あと2ヶ月。

県リーグ2部復帰、クラブユース選手権1次突破!
目標達成に向けて、私は陰から支えていこうと思います。
  
Posted by つくばFC at 00:00Comments(0)ユース

2015年02月05日

2015つくばFCアカデミー体制について

つくばFC2015シーズンのアカデミー体制が決定しましたのでお知らせ致します。

【アカデミーダイレクター】(新設)
内田光洋 ※新任

【ユース】
総監督:福本琢也 (新設)
監督:棚橋啓輔 ※新任
GKコーチ:柴田烈 ※新任

【ジュニアユース】
監督:福本琢也 ※新任
U-15Aコーチ:飯塚裕樹
U-15Bコーチ:奥岳史
U-15Bコーチ:清水友貴
U-13コーチ:武石康平 ※新任
U-13コーチ:福浦隆晃 ※新任
GKコーチ:太田雄二

【レディースユース】
監督:小山勇気
コーチ:森田大輔
GKコーチ:奥村千晶

【ガールズ】
コーチ:藤井志保
コーチ:八木大
コーチ:宮田樹
コーチ:河原井侑紀 ※新任  

2015年01月09日

ユース新チーム

明けまして、おめでとうございます。
つくばFCユースの福本です。2015年もつくばFCをよろしくお願いいたします!

さて、ユースチームは新チームに移行してから早1ヶ月。
毎週末に、練習試合を行い、冬休み中にはフェスティバルを戦い、4月のシーズン開幕に向けて着々と準備を進めています!
昨年のチームと比べて、出来ること、出来ないこと、試合内容など比較すると
1年間を経て随分とチームが成長したなと感じられます。




勝った、負けたはまた別の話になってしまうのですが
昨年は、なんとか頑張って、一発カウンターを狙うしかないなという状況でしたが
今年は、ゲームを支配しながらゲームを進めることが出来るようになっている。



2年生の人数が少なくて1年生主体のチームが、フィジカルでなかなか敵わない部分があって
どうしても、後手に回ると失点をしてしまうところだったり、最後のフィニッシュの部分で粘られて、得点が奪えないなど
改善しなくてはならない部分もたくさんありますが
少なくともサッカーというゲームがどのようなものなのかという部分の理解が昨年よりかは進んで
チームとして、対戦相手に対してどうやって勝つかということを考えられるようになったと思います。

柔軟性が増したというか、まぐれで勝っちゃうようなことは少なくなるかもしれませんが
確実に、勝ちを拾えるようにはなると思います。



2年生が、現在6名
1年生が、18名
中学3年生のみなさん、
つくばFCユースチームで、サッカーをやりませんか!
目指すは、県の1部リーグ。そして、未来のサッカー界を担う人財の育成です。
志を持った、意志の強い選手を募集します!

詳しくは、練習場で!
随時、練習参加受け付けています。
是非一度、練習に参加して、ユースチームの志を感じてください。
(詳細はこちらから)
http://www.tsukuba-fc.com/man/youth/join/
  

Posted by つくばFC at 12:32Comments(0)ユース

2014年12月03日

5度目のつくばダービー

こんにちは、つくばFCユースの福本です。

3部残留戦


(今シーズン5度目の、つくばFCユースvsFC Balzoユース(つくばダービー))

なんとか勝利しました!!

残留戦といっても、我々からすると既に3部への降格は決定。
もし負けるとさらに下の地区リーグへの降格という、大事な試合でした。
(今年度は県リーグ2部制+地区リーグ、来年度からは県リーグ3部制+地区リーグへ変更のため)



ゲーム内容は、まさに入れ替え戦。
気持ちの入る、しびれる展開となりました。

うちのエースには、まさかのマンマークがついて、
相手は、守備をきっちりとオーガナイズ。
ボールは持てるが、どうやって点を奪るかのイメージがない。

ボールを失えば、カウンターからピンチの連続。
前半は、本当に肝を冷やしました。

後半は、点奪る形を明確にして、システムも変更。(前半も、あまりにひどかったのでシステムを途中で変更しましたが・・・)
カウンター対策も功を奏し、相手の体力がなくなりつつあるところで
やっと、エースがゴール!(格好良くはありませんでしたが、バイシクルシュート炸裂!?)

ゴールを奪えば、こちらのもの。相手が出て来れば、スペースもできて、リズムも良くなります。
しっかりと、追加点も奪ってゲームを終わらせることが出来ました。

1年間の成果は、1試合を戦い抜く体力がついたことでしょうか。
厳しい試合を、何試合も戦い、90分戦い抜ける力は確実についたようです。



来シーズンは、3部を戦うことになりますが
プリンスリーグが1部のみになり、県1部は10チーム、2部も10チーム
強豪チームのBチームがその中にも混ざっていることを考えると
3部といえど、レベルはそこそこ
また、1年間じっくりと実力をつけて、2部、1部を狙えるチームにしていきたいと思います。

最後に、進路を迷っている中学3年生!
ぜひ一度、つくばFCユースに練習参加してください。

あなたの求めるものが、あるかもしれません!  
Posted by つくばFC at 16:19Comments(0)ユース

2014年11月26日

ユース2014シーズン最終章

つくばFCユースの福本です。

だいぶ、ご無沙汰になってしまいましたが
今年のシーズンも、今週末が最後の試合ということになりました。


(2部順位決定戦vs麻生高校)

今年は、クラブユース選手権、KCYリーグ、県リーグ
いずれも昨年立てた目標には及びませんでした。


(昨年立てた目標です。)


しかし、今年は多くの1年生が入団
総勢30名以上になる中、学年関係なくレギュラー争いをし、なんだかんだありましたが
リーグが終わる頃には、上位のチームに競り勝つなど、しっかりと成長の跡も見せてくれました。


(流通経済大学柏高校との練習試合)

県リーグ2部のBグループでは下位3チームが勝ち点1差でいましたが
最後は、得失点でつくばFCが最下位に

先週行われた、Aグループとの順位決定戦は
前半、前に前にとプレッシャーをかけてくる相手に苦戦しクロスボールから失点するも
後半は、徐々にポゼッションも増え相手コートにしっかりと押し込み
時間はかかりましたが、残り10分で同点に
追加点は奪えませんでしたが、勢いのままにPK戦で勝利を収めました。

さて、今週末は3部に残留できるかどうかの大一番です
相手は、なんと今シーズン5度目のFC Balzo。

つくばダービーで負けるわけにはいきません。

今シーズン最後の試合。(3年生の引退試合です)
1年間積み重ねてきたものを発揮して、最後は笑顔で終わりたいです!

応援宜しくお願いします!  
Posted by つくばFC at 11:46Comments(0)ユース

2014年09月19日

県リーグ vs 鹿島学園Cチーム@矢田部G

つくばFCホームタウン推進室の関澤です。

先日つくばFCユースチームの試合帯同をさせて頂きました。県リーグ試合観戦レポートです。


ユースはこの夏、ハードなスケジュールをこなしチーム強化を計ってきたと聞いています。どんな試合を展開してくれるか非常に楽しみです。


試合前、選手全員を集合させ、この試合のポイント、攻め方について監督から指示がありました。特に強調していたのは、ボールをどの位置に集めるか、集められないときは、どのように組み立てるのかについてでした。



(作戦中の写真)


試合直前、選手・スタッフ全員で円陣を組み、気合いを入れて試合開始。


( 試合前円陣)


前半、つくばFCユースからは、試合前の指示通り敵陣中央からバイタルエリアにボールを集めようという意識を感じました。攻撃におい相手を圧倒する場面もありましたが、大事なところで決めきれず、反対に、相手選手の見事なミドルシュートが決まり、前半を0−1で折り返します。


(試合中の写真)


後半、つくばFCユースは、右サイドから再三ドリブルで仕掛けチャンスを作ります。PKで1点を返し、同点に追いつきます。しかしながら、鹿島学園は、1タッチ、2タッチのパスワークを展開、攻撃にリズムがでてきました
。つくばFCユースは粘り強くディフェンスしますが、要所を押さえきれず2点失点。最終的には1−3で試合終了。残念ながら敗戦となりました。


この試合の印象は、勝てない相手ではない、ということ。つくばFCユースはパスミス、トラップの質等の問題で、簡単にボールを失う場面が多くありました。


各人、個人戦術向上が必要不可欠だと思います。その上でチームとしての底力をつけて欲しいと思いました。

頑張れつくばFCユース!!県リーグ残り4試合、自分たちが満足できる結果を出してほしいと思います。



(集合写真)  

Posted by つくばFC at 17:39Comments(0)ユース

2014年09月04日

つくばFCユース、過酷な夏…

つくばFCユースの福本です。

夏休みが終わり、シーズンも佳境にさしかかってきましたが

ユースチームは、強化と位置づけた夏
強化合宿に、KCYリーグ、県リーグとハードなスケジュールをこなしてきました。



(昭和村千年の森での合宿)

KCYリーグに関しては、厳しい現実が…(1次予選プレーオフにて敗退)

県リーグに関しては、9月の5試合をどう乗り越えるかで
来年のポジションが決まるという状況です。


(宿舎の隣にグラウンドがある!そして、この景色。最高の環境ですが、台風に見舞われました。雨の中でも試合やりました。)


選手個々のモチベーション、課題の摘出・改善を問うた夏休みでした。
1年生が、現在16名
総勢33名と人数が増えた中で、各々がしっかりと課題や目標を持って取り組まないと、個人としても成長しませんし、チームとしても成長できません。
11人しかゲームには出場できない。しかも、公式戦が多くなかなか練習試合をくむ事もままならないなかで、試合に出たければ
我々コーチに言われて何となくやっているようでは、その願いは叶わないでしょう。


(7月末の県リーグ、常にリードする状況でも最後に追いつかれてドロー…)

サッカーというゲームの中では選手が自分自身で決断して行動していかなければならないスポーツです。
試合の中では、どんな目的でプレーしているのか(ゴール?相手を抜く?ボールが来るまで待つ?…)
日々の活動の中ではどんな目的で練習しているのか(チームの目標達成のため?レギュラー奪取のため?試合に勝つ為?自己実現のため?サッカーがしたいから?…)

人の本質は、そう簡単には変わりません。
しかし、どこかで心を変えることができれば、その先の人生でさえも変えられるかもしれません
つくばFCユースでプレーする限りは、必ず何かを得て卒業してもらいたい


(KCYのプレーオフ。前半2−0も後半に追いつかれて、PK戦へ。後半明らかに足が止まりました。)

しかし、何かを得るには
与えられるのを待っていては何も得られません
自分で、取りにいかないと何かを得る事は出来ないでしょう。
その為にも、自己分析をしっかりとして、自分に足りない事は何なのか、自分が追い求めているレベルがどのレベルなのかをはっきりさせて行動していかないといけないでしょう。

そういった部分をユースでは、より強調して追求していきたいと思っています。
様々なレベルの選手がいますが、最低でも強い目的意識を持った集団にしたい。
そうすることで、サッカーのレベルも上がってくると信じています!  

Posted by つくばFC at 14:09Comments(0)ユース

2014年07月14日

走れ!声かけろ!粘り強く!ボール失うな!

つくばFCユースの福本です。

今回のタイトルは
ユースチームの、現在の課題・テーマとなっています。


(vs水戸葵陵高校)

「走れ」
「声かけろ」
「粘り強く」
「ボールを失うな」

ものすごいシンプルな言葉ではありますが
現在のユースチームに、もっとも大事なフレーズだと思っています。


(vs境高校)

前回の投稿から1ヶ月
県リーグは、4試合が行われ1勝3敗…(昨日やっと勝利する事が出来ました。)
KCYリーグは、とりあえず1勝と

しかし、勝利の出来た相手は、以前にもやって勝利しているチームだけです。
県リーグで、上位に進出する為、KCYリーグでbest4まで進出する為には、これまで勝てなかったチームに勝てないとその目標を達成するのは難しいです。


(vs境高校)

上位チームと我々との差は

「1試合を通じての、運動量」
相手を追い込む為の献身的な、走り。
攻撃時に、相手に捕まらない為のフリーラン、オーバーラップなど
本当に強いなと思わせるチームは、選手たちが本当に良く頑張って走っています。


「味方と連携する為のコミュニケーション」
自分が何をしたいのか、味方に何をして欲しいのか、そんな意図があれば自ずと声はでくると思うのですが
ボールが欲しかったら、声を出す。
味方に、動いて欲しければ、声を出す。
守備で、相手を追い込む為に、チャレンジした味方にパスコースを切る方向を伝える。
賢いチームは、そんなコミュニケーションが絶対的に多いと思います。

「相手に抜かれるな」
守備で、相手に抜かれる事がなければ数的不利は生まれません。
抜かれたとしても、少しでも時間をかけられれば、味方が戻って来られる時間を作れます。
ボールを奪えなくても、抜かれなければ失点はしないでしょう。


「とにかく攻撃の時間を増やす為に」
失点のリスクをとにかく少なくするには、マイボールでゲームをする事が一番です。
1回の攻撃で、その時間を20秒でも30秒でも長くできれば、1試合を通じたら何分になるでしょう。
単純に、その時間だけで勝利する事が出来るかどうかは分かりませんが…
突破・突破やロングボールでシュートまで行く回数が少ないのであれば、ボールをつなげるという事は勝利をする為に有効な手段である事は間違いありません。



県リーグで3連敗はしましたが
2試合は、1点差。
先制しての、逆転負け。先制されて、一度は逆転するも、そこからの逆転負け。
8失点した試合から考えると、だいぶ頑張れるようにはなりましたが
ただ、頑張るだけではもちろん勝ちにはつながらないです。
この頑張りをベースに、ゲームの主導権を持てるように選手には何をすべきなのか理解してもらいたいです。




県リーグは、まだ半分。後期の巻き返しにご期待ください!  

Posted by つくばFC at 00:00Comments(0)ユース

2014年06月17日

リーグ再開

つくばFCユースの福本です。
今週末より、総体予選で中断していた、県リーグが再開します。
KCYリーグも1次リーグが始まり、毎週末に公式戦があり、土日連続で試合という週もあります。

さて、中断していた3週間でチームの更なる改革を謀る為に、練習そして練習試合に取り組んできました。

筑波大学蹴球部、佐野日大高校、先週末には紅白戦と試合を重ねながら積み重ねていきました。



とにかく課題は、
抽象的かもしれませんが
その状況にあった、判断が出来るか

行くのか、行かないのか
止めるのか、止めないのか、止めるなら何処に止めるのか
ボールをもらって何をするのか
どうやってボールをもらうのか
何処で、ボールをもらうのか・・・


もちろん、パスやドリブル、コントロールといった
技術の追求は大事なのですが、
その使い方を知らないとはっきり言って全て宝の持ち腐れです




サッカーの感覚、感性とでもいうのでしょうか

どうしたら、試合に勝てるのか。
自分の得意な物を、どうしたら活かせるのか。
チームとしてどうやってゲームを運んでいくのか


技術は確かに大事です
しかし、技術の劣るフィジカルもそこそこの我がチームに、技術のみを叩き込んでも到底追いつけない部分もありますし
もっと、違う部分も含めて、個人のところを改善できれば
より、戦えるチームになると思うのです。
(ただし、やっぱり技術はあるにこした事はないんですけどね… もちろん、技術練習も多くやってますよ!)




さて、練習試合はA戦のみを伝えると
蹴球部B3とは、1−1の引き分け
佐野日大Bチームには4−0勝利。

少しづつですが、良くなってるのでしょうか。

今シーズンの最後に、充実していたとチーム全員が言えるように
頑張っていきたいです!
  

Posted by つくばFC at 00:28Comments(0)ユース

2014年05月19日

アントラーズユースとの一戦!

つくばFCユースの福本です。

GWからの怒濤の連戦が、終わりました。
クラブユース選手権は、1次リーグプレーオフにて敗退…
天皇杯予選は、クラブユース代表決定戦まで進みアントラーズユースと対戦!!(結果は、1−5)
県リーグは、3試合が終わって、1勝2敗。(残りは11試合。まだ先は長い。)

開幕から約2ヶ月。
不安と期待が入り交じった中で、我々としては当初立てた目標をまだ何一つ成し遂げることが出来ていません。
しかし、負けられない戦いの中で多く戦ったことで、今後取り組まなければいけないことがより明確になったことは収穫だったでしょうか。
チームが勝つ為にトレーニングを組み立てていた舵をいったん戻して
もっと、基本的なことに取り組まなければいけない

我々が、目指している舞台や、実力を獲得するには
もっともっと、個人の基本的なところを鍛え直していかなければ、その先の未来はないと
そうすることが、もしかすると勝利する為の実は近道なのかも…(時間はかかると思いますが)

負けたことで得られることは、本当に多いです。




さて、先週末は土曜日に、アントラーズユースと天皇杯予選のクラブユース代表決定戦
日曜日は、県リーグ(vs鹿島学園C)との連戦でした。

どちらの試合も、新1年生がデビュー戦。
しかし、土曜日の試合では
開始15分頃に、アクシデント…
初出場の1年生が、手首を骨折。同じタイミングで他の1年生が相手との接触で歯を負傷して
一瞬フィールドプレーヤーが8人に
崩された訳ではありませんが、アーリークロス気味のボールがそのままゴールへ吸い込まれて先制されてしまいます。
結局二人とも、交代を余儀なくされ
ゲームプランは一瞬にして崩れ去ってしまいます。
崩れた歯車は、前半のうちにはかみ合うことなく4失点。

後半は、勇気を持って戦って
1−1
ゴールは、FKの流れでしたが
DFラインを切り裂いてのゴールでした。

日曜日の試合では、
1年生が、4人先発。途中交代含めて、5人が同時にプレーしました。
2、3年生の怪我等も影響していますが
実際に、そのメンバーでもある程度戦えたことだけは、収穫だったでしょうか。


(日曜の試合は、常にこのような感じ。ゲームを壊されてしまいました…)

高校生のゲームスピード、フィジカルの強さに慣れてくれば、1年生も十二分にレギュラーを狙える実力を兼ね備えているようです。


(プレーオフの写真。クレーのグラウンドでは、本当に勝てないですね…)

最後には、笑顔でシーズンが終われるように
ここからが、本当の戦いです。

これからも、つくばFCユースを応援よろしくお願いします!

  

Posted by つくばFC at 22:27Comments(0)ユース

2014年05月05日

得意の逆転勝ち…

つくばFCユースの福本です。
天皇杯予選の準決勝と、クラブユース選手権1次予選の最終節を土日の連戦で戦ってきました!
どちらも結果は…



土曜日は、FC Balzoと今シーズン3度目の公式戦となりました。
次の日の日曜日にも公式戦を控え、戦い方をどうするか非常に悩まされました。
もちろん勝って、恐らく次はアントラーズユースであろう決勝を戦いたいですし、次の日のクラブユースに動けないで負けるようでは元も子もない

先週末の中1日で行った試合は、全く体が動かなかっただけに
監督の私としては、新たな戦力を使う、そしてエースは温存という決断をしました。

前半は、やっぱりそんなに甘くはなかった。
チームの悪いところが全て出てしまった。
1年生が出場し、すぐにうまくいくはずもないのにサポートできない上級生。
2、3年生の中でも、うまくいかないと直ぐに自分たちで追い込んでいく悪い癖が、1年生を相手にしても、出てしまいました。
(そんなに全然出来ていなかった訳でもないんですよ1年生が)
開始直後に失点して、0−1。

そりゃーもう、ハーフタイムは説教ですよ。
進歩がないと…

後半は、結局エースを使ってしまいました。
また喝が効いたのか、5得点で結局得意の逆転勝ち。
アントラーズユースへの挑戦権をゲットしました!



日曜日は、クラブユース2次予選進出へ向けた最終節。
引き分け以上で、グループ2位決定。11日に行われるプレーオフ進出決定です。
スポルトやちよ(八千代松陰高校の1年生が主体)との一戦。
この日もトラブル続き。

立ち上がりに、サイドを崩されて失点。
昨日の疲れからか、動けない選手がちらほら。
しまいには、相手と接触して負傷退場。
前半から、選手を二人も入れ替える、緊急事態となりました。
しかし、昨日は半分の出場だったエースが、ヘディングで同点弾を決めると、得点直後にも裏に抜け出して逆点弾。
また、緊急途中出場の1年生も前日に公式戦を経験しておいたお陰か、しっかりとゲームに入ることが出来て、しっかりと役割をこなしてくれました。
前半のうちにもう1点取って、3−1。



後半は、その流れのままゲームを支配して、2点を追加。
5−1の逆転勝利となりました。



(ボールに多く人が関わって、良い攻撃が出来ました)

これで、2次リーグ進出へ望みを繋ぐグループ2位が決定。
11日に行われる、プレーオフを制すれば晴れて2次予選進出です。
シーズンの目標を達成する為にも、必ず勝ってJクラブへリベンジです!

ユースチームへも応援をよろしくお願いいたします!  

Posted by つくばFC at 23:06Comments(0)ユース

2014年04月30日

Jの壁

つくばFCユースの福本です。

日曜日に、CY選手権。
そして、昨日は県リーグを戦ってきました。
中1日。フィジカルコンディション的に難しい試合となってしまいました。


(ユースも新ユニフォームをお披露目!ジョイフルと同じです!)

日曜日は、栃木SC戦。
今シーズン初のJクラブとの戦いだったのですが・・・

見事に、その壁に跳ね返されてしまいました。
つくばFCユースが、もう一歩上の段階にあがる為に、必要なものを改めて実感させられました。


(完敗でした。こんな写真しかなくてすいません。)

前半は、その違いに対応できずに早々と3失点。選手交代と、ちょっとした修正をしてしばらくは持ちこたえましたが
奪ったはずのボールをお見合いして、繋がれて失点。最後は、中央を突破されて前半だけで5失点となってしまいました。

後半は、持ち前の粘り強さで
1点奪って、後半だけでもスコアは勝てるかと思いましたが
CKから、失点。
それでも、追加点は許さず、惜しい得点の機会もあったのですが
試合終了となりました。

出来たことと、出来ないこと。
それと、このレベルのスピードがどの程度のものなのか実感できたことは収穫だったでしょうか。


(新ユニで負けたくはなかったのですが…)


昭和の日の県リーグは
とにかく、体が動かなかった…
言い訳にしたくありませんし、それでももっと強い気持ちを持ってやらなければいけないのですが。
(この日が、新ユニのお披露目で。試合前は、かなりのハイテンションだったのですが…)


(ボールを持っても常に劣勢…)

正確な技術も劣ってる、そんなに動かなくてもいいようなポジショニングもとれない、相手との駆け引きも出来ない。

チームの未熟さが本当に浮き彫りになりましたが
逆に言えば、これまで勝ちを拾えていたのは、本当に選手が頑張っていたからということでしょうか。
もっともっと、質を高めていかなければいけない。
頑張るだけじゃなく、相手を翻弄できるようなサッカーの質を個々で高めていかなければいけないと…



選手も感じたでしょう。
私も、もう一度原点に立ち返って細かいところをより追求していこうと思わされる2連戦でした。


さて、今週末も連戦です。
土曜日は、茨城県クラブユース選手権(天皇杯の予選です)
日曜日には、関東クラブユース選手権1次予選の最終節です。
土曜日は、勝てばおそらく次は鹿島アントラーズユースと
日曜日は、勝ってプレーオフ進出をしないと、2次予選には進めません。
大事な2連戦、チーム一丸で勝利を目指します!

応援よろしくお願いいたします。
  
Posted by つくばFC at 10:48Comments(0)ユース