2018年01月14日

【ガールズ】Yリーグ最終節 マッチレポート

つくばFCガールズ、コーチの飯塚です。
1月13日、那珂川河川敷グラウンドにて、薬剤師会検査センターカップ第13回茨城県少女サッカーリーグ(通称:Yリーグ)の最終節が行われました。

2試合を残し、つくばFCガールズは勝ち点45の2位。
首位KASHIMA-LSCは勝ち点46と、その差はわずか1という状況です。
逆転優勝の可能性を残し、非常に高いモチベーションでこの日の2試合に臨みました。

そしてなんとこの日の対戦相手は古河なでしこFCさんとKASHIMA-LSCさん。
アスリードカップで今季初黒星を喫した古河さんとリーグ首位のKASHIMAさんという、はかったかのような巡りあわせでした。
そしてリベンジに燃えた選手たちが、期待通り躍動してくれました。



さあ、結果はどうだったのでしょうか…?
スコアは以下の通りです。

第1試合 vs古河なでしこFC
〇5-0(5-0,0-0)

第2試合 vsKASHIMA-LSC
〇4-0(1-0,3-0)


第1試合、相手は6年生が不在で下級生中心の構成でした。
こちらも後半は4・5年生のみで臨み、キャプテンマークを初めて5年生の選手が巻きました。
無得点に終わりましたが、6年生のいないピッチ上で全員が奮闘していました。これからに期待です!

第2試合は文字どおり優勝決定戦。勝った方が優勝という試合でしたが、プレッシャーに負けず、6年生を中心に今シーズンのベストゲームを見せてくれました。
特にオフェンスにおいて全員が連動し、要所でワンタッチパスやドリブルを挟みながら、迫力ある攻撃をすることができました。
最近口酸っぱく選手たちに伝えている、味方への「要求の声」も少しずつですが出るようになってきた感じがします。スコアほどの差はありませんでしたが、関東大会を経て、接戦をものにできるたくましさが身についてきたのかもしれません。

ということで最終節にして逆転を果たし、見事優勝することができました!
2年前は準優勝、昨年は3位と惜しくも手が届きませんでしたが、今年度第13回大会にして、初の優勝を成し遂げることができました!!




リーグ戦という継続的に真剣勝負を行う場があることで、選手たちはものすごいスピードで成長しています。
結果が得られたのはもちろん嬉しいことですが、それ以上にこの過程が、選手の将来にとって糧になることと思います。

茨城県少女部会の皆さま、薬剤師検査センター様はじめ、リーグ戦に携わっている皆様には心より御礼申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

そしてつくばFCガールズの戦いは2月のびわ湖カップ(全国大会)へと続いていきます。
茨城県の代表として活躍できるよう、さらに気を引き締めていきたいと思います。

引き続き、つくばFCガールズへのご声援、よろしくお願い致します。

同じカテゴリー(ガールズ)の記事画像
【ガールズ】第30回8都県少女サッカー大会 マッチレポート
【ガールズ】Yリーグ第12節 マッチレポート
【ガールズ】第2回アスリードカップ  マッチレポート
【ガールズ】Yリーグ第11節 マッチレポート
【ガールズ】Yリーグ第6節
【ガールズ】Yリーグ第5節
同じカテゴリー(ガールズ)の記事
 【ガールズ】第30回8都県少女サッカー大会 マッチレポート (2017-12-27 22:38)
 【ガールズ】Yリーグ第12節 マッチレポート (2017-12-16 20:39)
 【ガールズ】第2回アスリードカップ マッチレポート (2017-11-30 01:47)
 【ガールズ】Yリーグ第11節 マッチレポート (2017-11-12 22:48)
 【ガールズ】Yリーグ第6節 (2017-09-27 15:01)
 【ガールズ】Yリーグ第5節 (2017-09-10 18:05)
Posted by つくばFC at 22:52│Comments(0)ガールズ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。