2018年06月12日

【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第10節 マッチレポート

6月10日に行われた試合結果を報告させていただきます。

現在最下位のつくばFCレディースは、5位である常盤木学園高校との対戦となりました。

試合開始直後、#15水島からのスルーパスに抜け出した#19武田がフリーでシュートを放つも、GKにセーブされます。その後は互いにボールを保持できない時間が続きますが、前半12分、ハーフライン付近からのロングボールに対応する事ができず、相手FWに前を向かれてしまい、そのままシュートをゴール右隅に決められてしまいます。

しかし、前半16分でした。右サイドから中央へ流れていた#10豊嶋が、さらに左へ流れてコーナーアーク付近でスローインを受けると、そのまま反転して左サイドのゴールライン際をドリブルで突破し、ニアサイドに強烈なシュートを打ち込んで同点に追いつきます。

落ち着きを取り戻したつくばは、3バックである常盤木の背後を狙い、サイドから相手ゴールに何度も迫り、相手陣地でプレーする時間が増えていきますが、得点する事ができずにハーフタイムを迎えます。

後半開始直後、またもロングボールの処理を誤り、常盤木がボールを保持してドリブルを開始し、陣形が崩れた逆サイドへ展開します。左ペナルティーエリア内から放たれたシュートは、ニア上に突き刺さり、再度リードを許してしまいます。

なんとか踏みとどまりたいつくばでしたが、後半8分、相手のパスをカットし切れず、こぼれ球を回収されると、スルーパスを通され、GKとの1対1の状況に。#21中橋が懸命にシュートをブロックしますが、シュートは#21中橋の手を弾いてゴールに突き刺さりました。

流れを変えたいつくばは、後半15分、選手交代と同時にシステム変更を行います。ミドルサードでのボール保持が安定したつくばは、より相手DFラインの背後のスペースへの攻撃を強めていきます。

後半28分、獲得したCKのチャンスに、#3遠藤がヘディングで難しい角度からゴールへと流し込み、1点差に詰め寄ります。その後、互いに決定機を何度か作りますが、両チーム共粘り強い守備を見せ、2-3で試合は終了しました。

改善は見られるも、勝ち切れない試合が続いています。2勝目に向けて、さらにトレーニングを積み重ねていきます。





◆2018プレナスチャレンジリーグEAST 第10節
【日時】6/10(日)11:00キックオフ
【対戦】常盤木学園高校
【会場】松島フットボールセンター PITCH1
前半1-1 
後半1-2
合計2-3

<スターティングメンバー>
[GK] #1中橋 [DF] #2大木、#3遠藤、#8衣奈、#16藤原
[MF] #30宮下、#7原島、#15水島、#10豊嶋
[FW] #13菊地、#19武田

<サブメンバー>
[DF] #6三間、#23川原
[MF] #11井上
[FW] #14亀井、#37濱垣

(次節公式戦情報)
6/17(日)
2018プレナスチャレンジリーグEAST 第11節
vs ノルディーア北海道
12時K.O@札幌厚別公園競技場

タグ :レディース

同じカテゴリー(レディース)の記事画像
【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第11節 マッチレポート
【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第9節 マッチレポート
【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第8節 マッチレポート
【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第7節 マッチレポート
【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第6節 マッチレポート
【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第5節 マッチレポート
同じカテゴリー(レディース)の記事
 【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第11節 マッチレポート (2018-06-19 08:26)
 【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第9節 マッチレポート (2018-06-06 13:28)
 【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第8節 マッチレポート (2018-05-31 10:37)
 【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第7節 マッチレポート (2018-05-21 01:10)
 【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第6節 マッチレポート (2018-05-15 14:56)
 【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第5節 マッチレポート (2018-05-09 23:02)
Posted by つくばFC at 03:54│Comments(0)レディース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。