2018年12月28日

【TOP選手ブログリレー】担当 ジョイフル#2 井上玄太

皆さんこんにちは!
今シーズン最後のブログを担当させていただくのは
2回目の登場、背番号2番の井上玄太です!


知ってる方もいるかもしれませんが、、、
私、井上玄太は今シーズンを持ちましてサッカー選手を引退することを決断致しました。

理由としては
「膝の怪我が治る見込みがないこと」
「100%の力でプレーすることができないこと」
この2つが大きな理由です。


一昨年、2016年の夏頃に膝を痛めてしまい、チームドクターのいる病院に行き、診察してもらったところ、治すには手術が必要とのことでした。

数ヶ月後の10月には全国社会人サッカー選手権大会が控えていました。
すぐに手術をしても、間に合わせるのはかなり厳しい状況でした。
手術は全社・地決が終わってからにすることを決め、1ヶ月のリハビリ期間を経て、復帰しました。

全社では4位という結果に終わり、あと一歩のところで地域決勝には届きませんでした。



そのシーズンでのJFL昇格の道が断たれた時点で膝にメスをいれることを決めました。

実家近くの都内の病院でオペをし、家族の力を借りながらリハビリを進めていき、仕事復帰ができる状況まで回復したところでチームに合流しました。

2017年、新チームとして始動していたチームに怪我人という形で合流し、リハビリを進め、夏頃に復帰を果たしました。

チームも結果が出ていた状況で、このチームのみんなと関東リーグでプレーしたいという思いで日々の練習に取り組んでいました。

8月末のトレーニングマッチで、サッカーの試合では普通にあるようなファウルを受けました。その直後は何事もなく普通にプレーしていましたが、試合が終わってから少しずつ左膝が痛んできました。

ケアをしていてもなかなか良くならないので、また練習からは外れ、リハビリをすることにしました。

2017シーズンはチームにトレーナーがいなかったこともあり、リハビリメニューも自分で考えながらトレーニングをしていました。
しかし、一向に良くならないのでもう一度チームドクターに診てもらうことにしました。
病院にリハビリしに通い、トレーニングのメニューを貰ったらチームでは個人でトレーニングするという日々でした。

2018年になり、チームに念願のトレーナーが就任しました。「ふじもん」こと藤本晃央です。
彼に協力してもらいながらリハビリ続け、術後2度目の復帰を果たしました。

途中出場でしたが、関東リーグ初ゴールもあげることができました。



「このまま完全復帰まで突っ走る!」
と思った矢先でした。

またまたトレーニングマッチで久しぶりに90分出場した後から左膝がパンパンに腫れると共に痛みが出てくるようになってしまいました。

再び、チームドクターに診てもらったところ、思いがけない一言を言われてしまったのです。
「膝はもう治らない。手術してもまた繰り返す可能性が非常に高い。」

6月末のことでした。
言われた瞬間、頭が真っ白になりました。

自分の中で少し考えをまとめて、整理した結果、引退という決断に至りました。
監督とトレーナーにだけその意向を伝えました。
ですが今年キャプテンを任せてもらったのもあり、チームには帯同したいということも伝えました。

結果、2018シーズンではJFL昇格することはできませんでした。
しかし、チームメイトのみんなは本当によく戦ってくれたと思います。
チームにとって直接的な力になれなかったことが本当に悔しかったです。

チームの練習にも参加できてない奴が偉そうなことを言ったりもしたかと思いますが、それでも頑張ってくれたチームメイトには本当に感謝しかないです。


このチームで過ごした3年間は、色んな人に支えられて過ごせた3年間だと思います。



最後に、感謝を伝えたい皆さんにメッセージを送り終わらせていただこうと思います。

副さん
前のチームを契約満了で退団した自分を拾ってくれて、1年間使い続けていただきありがとうございました。副さんを胴上げするのが自分の目標でしたが、叶えられずにごめんなさい。たまに見れるブラック副さん好きです。

小松さん
こんなボロボロな自分を気にかけてくれて、更には試合にも出させてくれてありがとうございました。スクールも一緒にできて楽しかったです。あまり食べ過ぎないように気をつけてください。

2016年のチームメイト
新加入でコンディションも全然上がらなかった自分をあたたかく受け入れてくれてありがとうございました。みんなたくさんイジってくれてとても楽しかったです。

2017年のチームメイト
本当に強く良いチームでした。このチームでプレーしたいという気持ちが芽生えたからこそリハビリ頑張れました。悔しかったけど夢を見させてもらいました。本当にありがとう。

2018年のチームメイト
チーム貢献することができなくてごめんなさい。なかなか苦しいシーズンだったけど、最後まで戦い抜いてくれてありがとう。最後がこのチームで良かったです。

サポーターの皆さん
2年前の全社、最終日まで声枯らして応援してくださったこと、
今年点を取ったら待ってたぞ!と言ってくださったこと、
早く復帰してな、待ってるぞ!と声かけてくださったこと、
絶対に忘れません。
いつもあたたかい声をかけてくださりありがとうございました。

スクール生のみんな
たくさん試合観に来てくれてありがとう。
みんなは癒しでした。辛い時もみんなと楽しんでいたからこそ頑張れたよ。こんな頭ぶっ飛んでるコーチに付き合ってくれてありがとう。いつまでもサッカーを愛してね。

スポンサー企業の方々
いつもご支援ありがとうございます。なかなか結果が出ずに良い報告をすることができず、申し訳ありません。皆様の力がなければつくばFCというチームは存在することさえできません。どうか今後とも応援の程、よろしくお願いします。

チームスタッフ
いつも陰ながら支えてくれて本当に助かっています。試合の運営、SNSでの発信、イベントの企画、上げていったらキリないですね。皆さんの力なしではつくばFCは成り立ちません。本当にありがとうございました。


もっと個人的に名前出したりして感謝を伝えたいところですが、それこそキリがないので直接伝えたいと思います。


まとまりのない長々とした内容となってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

つくばFCで過ごした3年間は自分の人生にとっての財産です。



これからはいちファンとしてつくばFCを応援したいと思います。
いつかJリーグのチームにつくばFCという名前が見られることを夢見ています。

本当にありがとうございました。




ジョイフル本田つくばFC #2
井上玄太

Posted by つくばFC at 16:17│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。