2019年04月22日

【マッチレポート】4/21(日)2019プレナスチャレンジリーグEAST 第2節

2019年4月21日 プレナスなでしこチャレンジリーグEAST第2節
VSJFAアカデミー福島戦 @時之栖スポーツセンター裾野グラウンド天然芝 マッチレポート


日頃からつくばFCを応援してくださり、ありがとうございます。

4月21日行われました、プレナスなでしこチャレンジリーグEAST第2節についてお伝えします。

未来のスター候補たちとの対決
開幕戦を引き分けで終えたつくばFCレディース(以下つくば)。第2節の相手は育成カテゴリーにおいて着実に力をつけ、各年代の日本代表クラスの選手を数多く抱えたJFAアカデミー福島(以下福島)との対戦となりました。

福島はオーソドックスな4-4-2の並びで構えます。先発メンバーは前節に勝利を得た構成から変えず、長身かつスピードあふれる2トップが果敢にDFラインの背後を狙い続け、バックラインの選手からシンプルに前線にボールを供給してきます。守備になれば無理に前線からチェイシングはかけず、DFからFWまでの距離をコンパクトにし、攻め込んできたところにプレッシャーをかけ、ショートカウンターを目指します。

対するつくばは前節同様4-1-4-1の構え。ワントップの位置には、前節献身的な守備を見せてくれた#13菊地に変え、#7原島が今シーズン初先発。コンディション不良で出遅れていましたが、前線のキーマンとして虎視眈々と得点を狙います。つくばはこの試合、前節よりもボールを取りに行くラインを低いところに設定。スピードのある福島の2トップに対し、相手を引き込むことでDFラインの裏のスペースを消し、対応を図ります。

相手のロングボールに対しては、しっかりと構えたDFラインの選手たちが対応し、パスやドリブルで侵入してきた相手に対してはSHやIHの選手が制限をかけ、全体の守備が連動を開始し、前進を容易に許しません。


想定通りの攻撃、構築された守備
試合開始直後は福島がボールを持つ展開に。ボールを取りに行くラインを下げたことで、相手のCBはある程度時間に余裕を持ってボールを持つことができます。しかし、それはつくばの想定の範囲内。#7原島が少しずつボールホルダーに対しプレッシャーをかけ、サイドにつけられたボールにはSHが素早く対応。大きく蹴られたロングボールには、背後のスペースを消すことで前向きにしっかりと構えることのできたDF陣が慌てずに跳ね返します。

組織的な守備が狙い通り機能し、ボールを奪うことに成功したつくば。奪った後は前節と変わらず、DFラインからのビルドアップで福島ゴールを目指します。#3遠藤と#27小島と#14亀井の3人で、相手の2トップのプレスを無効化。亀井が前向きでボールキープができれば、SHの#10豊嶋や#9廣田が縦へアクションを起こします。これに対応することで生まれたスペースにIHの#8衣奈や#11内田が前向きでもらえる体勢を作り、全体の攻撃のスイッチが入ります。

狙いを持った守備、そこからの攻撃を展開しつつも、技術の精度であったり、全体のパスのスピードやプレーのテンポが合わない事で優位な状況を作りだせず、決定的な場面に至れずにいると、前半37分。福島のCKからピンチを迎えます。

ゴール前に入ってきたボールを大きくクリアできずにいると、ボールは左サイドに流れ、そこにはフリーの福島の選手が。GK#1中橋が懸命に対応するも、ボールはゴール向かって行きます。しかしそこに猛然とゴールカバーに入ったのは左SBの#4藤井!ゴール寸前のところでボールをストップし、中橋と共につくばのピンチをしのぎます。

前半終了間際にも福島の攻撃を受け、ゴール前まで迫られますが、シュートは枠外へ。

両者得点を挙げる事ができず、前半を0-0で終えます。


遠かったゴール・・・
後半、攻撃の要点を全体でもう一度確認して臨むものの、なかなか状況を打破できず。変化をつけるため、後半13分に右SBの#27井上に替え、怪我からの復帰を果たした#6川原を、後半14分には左SBの#4藤井に替え#2大木をと、立て続けに選手交代をし、得点を狙います。

フレッシュな選手が入ったことにより、全体の攻撃のテンポを落とすことなく攻め続けられることができたつくば。左サイドは替わった大木に加え、#9廣田と#11内田が。右サイドは同じく替わった#6川原と、#10豊嶋、#8衣奈がそれぞれ中心となり、タイミングを見計らって#14亀井も攻撃に参加し、福島を右へ左へと揺さぶります。

しかし、福島も簡単には崩れません。要所を締める球際での厳しいプレーであったり、個々のストロングポイントを存分に生かした守備で、攻め込まれた箇所は対応。中央も高身長の選手が待ち構え、ゴール前の門を閉ざします。

このままお互い決め手を欠けスコアレスで試合は終了。2戦連続引き分けという結果となりました。

攻撃において、相手に対し優位な位置でボールを受ける事がなかなか出来ず、相手にとって危険な位置までボールを運ぶ回数が少なくなってしまった事は、次節に向け改善が必要な課題となりました。

一方守備においては、前節カウンターへの準備が遅れ失点を期してしまいましたが、今節はゴール前の守備の意識がより一層上がり、GKの#1中橋だけでなく、全員が体を張ってゴールを守り、今シーズン初のクリーンシートで試合を終える事ができました。

2戦連続遠い地での試合となりましたが、応援に来てくださったサポーターの皆様、ありがとうございました。
次節も引き続き応援よろしくお願いいたします。


試合結果

プレナスなでしこチャレンジリーグEAST第2節
VSJFAアカデミー福島
前半:0-0
後半:0-0
合計:0-0

スターティングメンバー
【マッチレポート】4/21(日)2019プレナスチャレンジリーグEAST 第2節

【マッチレポート】4/21(日)2019プレナスチャレンジリーグEAST 第2節


リザーブメンバー
[GK]
#21高橋
[DF]
#6川原
#26小田切
[MF]
#2大木
[FW]
#13菊地

同じカテゴリー(レディース)の記事画像
【マッチレポート】7/14(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第14節
【TOP選手ブログリレー2019】 vol.24 レディース#1 中橋 まりな
【マッチレポート】7/6(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第13節
【マッチレポート】6/29(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第12節
【マッチレポート】6/22(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第11節
【マッチレポート】6/16(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第10節
同じカテゴリー(レディース)の記事
 【マッチレポート】7/14(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第14節 (2019-07-15 11:55)
 【TOP選手ブログリレー2019】 vol.24 レディース#1 中橋 まりな (2019-07-09 13:21)
 【マッチレポート】7/6(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第13節 (2019-07-08 14:09)
 【マッチレポート】6/29(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第12節 (2019-07-01 10:58)
 【マッチレポート】6/22(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第11節 (2019-06-24 00:27)
 【マッチレポート】6/16(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第10節 (2019-06-16 23:19)
Posted by つくばFC at 13:15│Comments(0)レディース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。