2019年05月13日

【マッチレポート】5/6(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第5節

2019年5月11日 プレナスチャレンジリーグEAST第5節
VSFC十文字VENTUS戦 @セキショウ・チャレンジスタジアム  マッチレポート


日頃からつくばFCを応援してくださり、ありがとうございます。

5月11日行われました、プレナスチャレンジリーグEAST第5節の結果についてお伝えします。


首位迎撃戦。狙いを持った守備
前節をアウェイで引き分けに終え、ホームに帰ってきたつくばFCレディース(以下つくば)。今節は目下4連勝中、10得点0失点とEASTの首位をひた走るFC十文字VENTUS(以下十文字)をホームに迎えての対戦となりました。

十文字の基本的な構えは3-4-3。人数を中盤に割き、常に相手のギャップを伺い、位置的優位を取り続けることで、MFとDFの2ラインにズレを生じさせます。相手が一つのズレに対応しようと飛び出すことで生まれたスペースを効果的に使い、ボールサイドに人数をかけることで、攻撃の厚みを生み出します。

圧倒的な攻撃力を誇る十文字に対し、つくばは前節から変わらず4-1-4-1で構え、守備の基準点をチームで明確にすることで対応を図ります。スターティングメンバーも前節から入れ替わりはなく、リザーブには#6川原が3試合ぶりに名を連ね、メンバーに入れなかった選手も含め、チーム全員で勝利を奪いにかかります。

ゲームは序盤から十文字がボールを持つ展開に。3バックがワントップの#19堀江をしっかりと剥がし、前向きの状態を作り、つくば陣地まで持ち込みます。

しかしこれはつくばの想定通りの流れ。IHとアンカーの#11内田、#8衣奈、#2大木の3人は中央をしっかりと封鎖。サイド寄りに侵入してきたCBに対し、#10豊嶋と#7原島の両SHが強烈にプレッシャーをかけ、これを合図に後ろの選手も一気にスライドを起こし、十文字の出しどころを潰します。

奪ったボールはアンカーの大木を有効的に使い攻撃に転じます。大木が受けることで相手を引っ張り出し、空いたスペースで内田と衣奈が前向きな体勢を作り、両サイド、中央と選択肢を複数持った状態で攻め入ります。


粘りの守備、落ちなかった強度
前節2失点を喫した序盤の時間帯はうまく守備も連動し、十文字の攻撃を抑えていたつくばですが、徐々に押し込まれる展開に。

守備で前に強く出る際の基準をはっきりとさせたいつくばに対し、十文字はボールから遠いサイドの選手も中に絞り、中央の選択肢をさらに増やします。これによりつくばの両SHが中も気にする必要が生まれ、結果ボールホルダーに対し、強く前にできることができず、ずるずると全体のラインが押し下げられます。

ゴール前で守備をする時間が増えましたが、ゴールは簡単には許しません。数的不利のサイドはでも、SHとSBの選手が上下動と連続して守備を行い、ボールカット。中央に侵入してきたボールは#26小田切、#28小島の両CBが力強い守備を見せれば、最後はGK#1中橋がシュートストップ。ポストにも助けられ、ゴールを守りきり、0-0で前半を終えます。


重なった想定外
なんとかペースを掴みたいつくばは、守備時にIHを一つ押し出し、前線は2人で追うようにプランを変更。ボールの移動方向を明確に制限することで、守備の役割をよりはっきりとさせます。

ボールに対し、前に出る選手がはっきりとしたつくばですが、この日はボールがなかなか落ち着きません。押し込まれることで外へ逃げるクリアボールが増えてしまいます。また、想定よりも強い強度でプレスをかけ、ハイラインを保つ十文字に対し、ビルドアップがうまく機能せず、ボールを持てる時間が少なくなり、苦しい時間が続きます。

状況を変えたいつくばですが、ここでアクシデントが。後半13分、FW#19堀江に代わって入った#13菊地が入って直後に負傷。交代を余儀なくされます。

菊地に代わって入るには#4藤井。藤井は左SHに入り、#7原島をFWに上げ、全体のバランスをとります。


負けられない戦い、執念のゴール
#4藤井は持ち前のスピードと守備能力を生かし、左サイドの強度を確保しますが、時間の経過と共に、チームとして十文字のテンポの良いパスワークに追いつかなくなってきたつくば。

後半33分。十文字DFラインからの縦パスで中央を割られ、その流れでボールはつくばの左サイドへ。対応に追われるも、後手を踏み、そのまま深い位置まで持ち込まれます。後ろ向きの対応を迫られ、且つ中の人数が手薄になり、空いたスペースに走り込むのは十文字の選手。中央フリーの状態からのシュートを決められ、先制を許します。

しかし今シーズンのつくばはここで力尽きません。
後半38分。右サイド深い位置で得たスローインを#27井上が素早くリスタートし、#11内田へ。内田は3人に囲まれながらもボールを#10豊嶋に預けます。これを豊嶋はダイレクトでセンタリング。中で#8衣奈が競ったボールがニアに溢れそこには#7原島が!背後からきたボールに対し、振り向きざまに右足を振り抜きゲット!!

原島の2試合連続ゴールでこれまで無失点を続けてきた十文字ゴールをこじ開け、スコアを1-1の同点とします。

その後、最終盤に十文字に攻め込まれるもこの試合耐え続けた守備意識が切れることなくこのまま試合終了。

十文字の連勝街道をストップし、得点を奪いこそしたものの、力のあるチームに押し込まれ、自分たちのやりたいサッカーを表現する時間の少ないゲーム展開となりました。

これで1巡目を終え、1勝4分け。負けなしの勝ち点7を得ました。次節からは2巡目となり、チームの力が本当の意味で試されてくると思います。
ホーム、アウェイ問わず熱い応援を届けてくださるサポーターの皆様、本当にありがとうございます。次節以降も変わらず応援のほどよろしくお願いいたします。


試合結果
プレナスチャレンジリーグEAST第5節
VSFC十文字VENTUS
前半:0-0
後半:1-1(38分 #7原島)
合計:1-1

(次節公式戦情報)
2019プレナスチャレンジリーグEAST 第6節
VSJFAアカデミー福島
5月19日(日) 14時K.O@時之栖スポーツセンター裾野グラウンド

【マッチレポート】5/6(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第5節

【マッチレポート】5/6(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第5節

リザーブメンバー
GK
#21高橋
DF
#3遠藤
#4藤井
#6川原
FW
#13菊地

同じカテゴリー(レディース)の記事画像
【マッチレポート】5/19(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第6節
【TOP選手ブログリレー2019】 vol.18 レディース#27 井上 愛(新加入)
【マッチレポート】5/6(月祝) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第4節
【TOP選手ブログリレー2019】 vol.16 レディース#26 小田切 美咲(新加入)
【マッチレポート】4/27(土) 2019プレナスチャレンジリーグ 第3節
【夢追うアスリート ~仕事もサッカーも両方、本気。~】vol.1  レディース#2 大木 汐
同じカテゴリー(レディース)の記事
 【マッチレポート】5/19(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第6節 (2019-05-21 19:32)
 【TOP選手ブログリレー2019】 vol.18 レディース#27 井上 愛(新加入) (2019-05-20 14:00)
 【マッチレポート】5/6(月祝) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第4節 (2019-05-07 10:39)
 【TOP選手ブログリレー2019】 vol.16 レディース#26 小田切 美咲(新加入) (2019-05-02 11:19)
 【マッチレポート】4/27(土) 2019プレナスチャレンジリーグ 第3節 (2019-04-29 09:58)
 【夢追うアスリート ~仕事もサッカーも両方、本気。~】vol.1 レディース#2 大木 汐 (2019-04-23 16:12)
Posted by つくばFC at 14:09│Comments(0)レディース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。