2019年06月03日

【マッチレポート】6/2(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第8節

2019年6月2日 プレナスチャレンジリーグEAST第8節
VSノルディーア北海道戦 @札幌サッカーアミューズメントパーク マッチレポート


日頃からつくばFCを応援してくださり、ありがとうございます。

6月2日行われました、プレナスチャレンジリーグEAST第8節の結果についてお伝えします。

次の一手、見据える成長
リーグ戦も半分を終え、直近の試合で2連敗と足踏みをしているつくばFCレディース(以下つくば)。連敗脱出を図るべく、アウェイの地でノルディーア北海道(以下ノルディーア)との一戦に臨みました。

ノルディーアはここまでと変わらず4-4-2の構え。後ろでは165cm越えの両CBが構え、前線ではテクニックのある選手がボールを収め、起点になりスピードのあるサイドの選手に展開することで攻撃を組み立てます。

一方のつくばはこの試合フォーメーションを3-4-3に変更。守備においてはサイドの選手が前に出た裏に一人ではなく、二人カバーがいる状況を作り出すことにより、ポジションごとの守備の役割を明確にします。攻撃に転ずれば、両WBの選手はこれまでよりも一つ高いポジションを取ることで、相手のサイドの選手をピン留めし、守備の基準を作らせず、位置的優位を保ったまま前進を図ります。

この日はGK#1中橋がコンディション不良のため、#21高橋がチャレンジリーグデビュー。1トップには#10豊嶋が入り、両WBは#4藤井と#27井上という前に強く出ることのできる選手を起用し、サイドの制圧を狙います。

新たなチャレンジをスムーズな形で挑みたかったつくばですが、今シーズンの課題である立ち上がりにまたしても隙を見せてしまいます。

前半8分。左サイドからのCKを与えると、ゴール前での長身の選手へのケアを重視するあまり、クイックリスタートに対する意識が散漫に。フリーな状態でのショートコーナーのリスタートを許すと、ボールへの対応が遅れそのままシュートへ持ち込まれ失点。前節、前回の対戦と同様に早い時間であっさりと先制点を許してしまいます。


克服した課題、新たな課題
先制を許してしまったものの、慌てることなく、取り組む課題を一つずつこなし、得点を返していきたいつくば。フォーメーションこそ変わりはしましたが、基本的な攻め方は変わりません。GKからボールを丁寧につなぎ、相手のラインをポジションとパスのスピードで突破し、守備陣形のズレを生み出し、ゴールまでボールを運びます。

これまでの2CBの形から、DFラインの中央にも選手のいる3バックの形に変わったことにより、ビルドアップ時にDFラインに幅が生まれ、相手の1stラインをボールホルダーが前向きの状態で突破する回数が増加。いい状態でボールを運んでくる選手たまらず飛び出した傍のスペースや、より高い位置での中間ポジションで前線の選手がボールを受けることができ、効果的な攻撃の構築に幾度となく成功します。

前線へボールを優位な状態で運ぶことには成功し、#4藤井と#27井上が持ち前の突破力を生かすことで、サイドを起点に押し込む展開も増えるつくばですが、ゴールにはなかなか迫れません。ゴール前に人数をかけることができず、攻めきれないシーンが続いたり、技術のミスが重なり、シュートまで持ち込めなかったりともどかしい時間が続きます。

それでも迎えた前半37分。つくばの左サイドからのCK。キッカーは#7原島。蹴り出されたボールはゴールエリア中央で待ち構えていた#28小島の元へ一直線に飛んでいきます。小島は厳しいマークに遭いながらもこれをヘディングで押し込み同点弾をゲット!小島の移籍後初ゴールで同点に追いつきます。

前半を同点で終えたいつくばですが、終了直前にゴール正面からのFKのピンチを迎えます。直接ゴールを狙って蹴り出されたキックは壁の横を抜け、ゴール右隅へ。しかしここは#21高橋のビッグセーブでゴールを許さず前半を同点で折り返します。


続かなかったチームとしての強度
前半を同点で終え、逆転を狙いたいつくばですが、後半は苦しい展開が続きます。

前半、高い位置を取り続けることで優位に立っていたサイドが、相手のMFラインの前でボールを受ける回数が増え、ビルドアップに人数をかけているものの、相手を剥がすまでにはいかない時間が続いてしまいます。

全体のラインが後ろに寄ってしまうことで、前半はつくばボールにできていたルーズボールを拾える回数も減り、ノルディーアの2次、3次攻撃を受けてしまう苦しい展開に。#26小田切、#28小島、#9廣田のDF陣に加え、#14亀井、#11内田のボランチの選手も懸命の守備を見せ、耐え凌ぎますが、後半31分、一瞬の間に裏を取られ失点。ついに追加点を許してしまいます。

なんとか追いつきたいつくばでしたが、前がかりになった裏を取られ、後半33分にも失点。さらにその4分後にはCKからも失点を重ね、結果的には1-4で試合終了。

前半に攻撃の形を見出すものの、ここ数試合続く試合の入り方と、押し込まれた時、チームとしてどう立て直すか、どこにボールを落ち着けるのかといった課題が残る試合となってしまいました。

次節はホームで首位を独走するFC十文字VENTUSを迎えての一戦となります。なんとしても連敗の流れを断ち切り、サポーターの皆様に勝利を届けることができるようまた準備をしていきますので、引き続き熱い応援をお願いいたします。


試合結果
プレナスチャレンジリーグEAST第8節
VSノルディーア北海道
前半:1-1(41分 #28小島)
後半:0-3
合計:1-4

【マッチレポート】6/2(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第8節

【マッチレポート】6/2(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第8節

リザーブメンバー

DF
#16三浦
#6川原
MF
#19堀江
#23井上(佳)
#22菊池

(次節公式戦情報)
2019プレナスチャレンジリーグEAST 第9節
VSFC十文字VENTUS
6月8日(土) 13時K.O@セキショウチャレンジスタジアム

同じカテゴリー(レディース)の記事画像
【マッチレポート】6/22(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第11節
【マッチレポート】6/16(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第10節
【TOP選手ブログリレー2019】 vol.22 レディース#20 小里 捺雌
【マッチレポート】6/8(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第9節
【TOP選手ブログリレー2019】 vol.20 レディース#16 三浦 ひかる
【マッチレポート】5/26(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第7節
同じカテゴリー(レディース)の記事
 【マッチレポート】6/22(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第11節 (2019-06-24 00:27)
 【マッチレポート】6/16(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第10節 (2019-06-16 23:19)
 【TOP選手ブログリレー2019】 vol.22 レディース#20 小里 捺雌 (2019-06-14 15:56)
 【マッチレポート】6/8(土) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第9節 (2019-06-10 09:23)
 【TOP選手ブログリレー2019】 vol.20 レディース#16 三浦 ひかる (2019-06-07 18:36)
 【マッチレポート】5/26(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第7節 (2019-05-27 14:01)
Posted by つくばFC at 21:50│Comments(0)レディース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。