2019年07月15日

【マッチレポート】7/14(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第14節

2019年7月14日 プレナスチャレンジリーグEAST第14節
VSFC十文字VENTUS戦 @十文字学園女子大学サッカーグラウンド  マッチレポート

日頃からつくばFCを応援してくださり、ありがとうございます。

7月14日行われました、プレナスチャレンジリーグEAST第14節の結果についてお伝えします。


「1」を争う残り2節
前節ホーム戦を落とし、第3クール未だ勝ちなしと苦しんでいるつくばFCレディース(以下つくば)。下位チームとの勝ち点差が縮まる中迎えた今シーズンアウェイ最終戦は、他会場の結果次第では1位の決定もあり得るFC十文字VENTUS(以下十文字)との試合となりました。

十文字はここまでリーグ戦において圧倒的な力を発揮している3-4-3の構え。両WBが幅を取り、外へボールを預けることで相手を揺さぶり、テンポよく逆サイドまでボールを運ぶことでサイドを攻略。スピード溢れるIHが裏を狙い、WBも追い越す動きを見せ、前線に人数をかけ攻撃を仕掛けます。

守備は前線から自由を与えない厳しいプレッシングを敢行。ゴールに近い位置でボールを奪いそのままショートカウンターへ持ち込み、相手の攻撃の組み立てを許しません。

一方昨シーズンから十文字戦において、滅法強さを見せているつくばは、前回の対戦同様3-4-3のミラーの形で応戦。十文字の攻撃の特徴を踏まえ、相手のWBにはこちらもWBを前向きに当てることで対応。サイドからの前進を許さず、中央に入ったボールに対して、中盤ではボランチが、DFラインではCBがここでも前向きに強く当たり、攻撃の封鎖を狙います。

攻撃では雨、そしてスリッピーなピッチコンディションを踏まえ、まずはシンプルに背後を選択。ワントップに構える#10豊嶋のスピードを生かしにいきますが、相手のラインの押し下げに成功したら、後ろからボランチ、IHを経由しながら丁寧に組み立てることを確認し、ゲームに臨みます。


継続する強度、見えた成長
立ち上がりからつくばはボールを持たれる展開に。十文字はコートの幅を広く使い、位置的優位を保ちつつ、チャレンジリーグ屈指の力を持った選手たちが質の高いプレーを発揮し、攻め込みにかかります。

しかしつくばは動じず、想定された攻撃に準備してきた守備をぶつけ、攻め入る隙を与えません。WBは#9廣田と#27井上がしっかりと蓋をし、裏に抜けた相手には#4藤井、#26小田切、#28小島が身体を張った対応を見せます。

ボランチの#8衣奈と#14亀井も左右に揺さぶりをかけられますが、素早いスライドを献身的に繰り返し、中央のパスコースを消し、守備に隙を作りません。

それでもリーグ戦をここまで無類の強さで戦ってきた十文字はチャンスを見逃しません。
前半33分。つくばの左サイド深い位置まで侵入するとマイナスのクロスを供給。中央に走りこんでいた選手がダイレクトで合わせ、シュートを放ちますがここは#1中橋が安定したセービングを見せ、ブロック。守備陣が立ち上がりから集中力を継続させ、十文字の攻撃を跳ね返し続けます。

守備が機能し、攻撃にうまく転じたいつくば。シンプルに裏を狙うボールは流石に簡単には繋がらないと見ると亀井、衣奈のダブルボランチがうまく相手のギャップに立ち、ボールを受け前進。#7原島や#11内田がフリーで受けられる状態を作り出すことには成功しますが、守備に比重が傾いた影響もあり、後ろから追い越す選手が不足。攻撃に人数をかけることがうまくできず、前半は0-0のスコアレスで折り返します。


守備から攻撃へ、動いた役者
後半に入っても、つくばの集中は切れません。サイドや後ろの強度はそのままに、前線からのプレスも徐々に効き始め、十文字に楽な体勢でボールを蹴らせず、より回収率を高めていきます。

HTには両WBのアクションについて再確認。ボランチが前向きになったのを合図に、相手のWBの背後のスペースに走り込むことで、前線の枚数を確保しつつ、相手の3バックに対しても判断を迷わせる要素を増やし、攻撃にかかります。

実際にゲームが動き始めるとつくばは、WBが裏に背後にアクションを起こすことで生まれたバイタルエリアを有効に使い始め、中央からパスを展開することに成功。同サイドに3人、4人と圧力をかけながら押し込み、少しずつ攻撃のペースをつかみ始めます。

しかし最初の決定機は十文字。
後半13分。左サイドで与えたFK。一発で逆サイドまで運ばれると、折り返しを中央で合わされますが、これを#1中橋が身体を反対に流されながらも右手一本でファインセーブ!こぼれ球もシュートを狙われますが、ここはDF陣が身体を投げ出しシュートブロックにいき、ゴールを守ります。

お互い中盤の攻防から攻撃に転じる一進一退のゲーム展開が続く中、後半20分。ついにスコアが動きます。
GKにクリアされたボールを#8衣奈が競り勝ち、それが#7原島、#10豊嶋とダイレクトでテンポ良く繋がり、中央を突破すると最後に走りこんでいたのは#14亀井!ボールを受けると、ワンタッチでPA内に侵入し、そのまま左脚を振り抜き先制点をゲット!!

数少ない決定機を頼れるベテランが確実に決め、スコアを1-0とします。


次の一歩へ、問われた力
先制し、このまま勝利で終えたいつくばですが、十文字もそう簡単には勝ちを譲りません。

後半31分。左サイドからのCKのピンチ。インスイングで蹴り出されたボールに対し、中ではマンツーマンで対応を図っていましたが、その上からヘディングを浴び失点。スコアを1-1の同点とされてしまいます。

自力での4位以上を確保するため、何としても勝ち点3の欲しいつくばですが、お互いに得点した後もゲーム様相は大きな変化を見せず。#10豊嶋も厳しいマークに遭い、持ち味を十分に発揮できず、このまま1-1で試合終了。

首位相手に組織での守備を構築し、チームとして機能させ続けられたところは簡単には崩れない今年の成長の一部ではないのかと思います。苦しい時間も長かったですが、先制点をもぎ取り、ゲームを有利に運べたことは次節に向け、ポジティブな材料になったと感じています。

しかし今節の結果で、5位に転落し、次節の直接対決にレギュラーシーズンでの残留がかかるという状況です。ホームでの最終戦。勝てば文句なしの4位。複雑に考えることは何もない、ある意味スッキリとした試合を迎えることとなりました。

今節は終始雨の降る中での試合となりましたが、試合終了までたくさんの応援ありがとうございました。今までのつくばの歴史を塗り替えるべく、次節に向けまた準備を進めていきますので、最後まで変わらぬご声援、応援お願いいたします。


試合結果
プレナスチャレンジリーグEAST第14節
VSFC十文字VENTUS
前半:0-0
後半:1-1(20分 #14亀井)
合計:1-1

【マッチレポート】7/14(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第14節

【マッチレポート】7/14(日) 2019プレナスチャレンジリーグEAST 第14節

リザーブメンバー
GK
#21高橋
DF
#5 梓
MF
#6 川原
#22 菊池
#15 小池

(次節公式戦情報)
2019プレナスチャレンジリーグEAST 第15節
VS新潟医療福祉大学
7月20日(土) 17時K.O@セキショウ・チャレンジスタジアム

同じカテゴリー(レディース)の記事画像
皇后杯 JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会関東地区予選2回戦 マッチレポート
プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦5位〜8位 第3節 マッチレポート
プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦5位〜8位 第2節 マッチレポート
【TOP選手ブログリレー2019】 vol.30 レディース#6 川原布紗子
プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦 5位〜8位 第1節 マッチレポート
【TOP選手ブログリレー2019】 vol.28 レディース#5 梓 玲奈
同じカテゴリー(レディース)の記事
 皇后杯 JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会関東地区予選2回戦 マッチレポート (2019-09-19 15:39)
 プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦5位〜8位 第3節 マッチレポート (2019-09-17 08:42)
 プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦5位〜8位 第2節 マッチレポート (2019-09-09 21:29)
 【TOP選手ブログリレー2019】 vol.30 レディース#6 川原布紗子 (2019-09-05 16:16)
 プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦 5位〜8位 第1節 マッチレポート (2019-09-03 00:58)
 【TOP選手ブログリレー2019】 vol.28 レディース#5 梓 玲奈 (2019-08-23 15:04)
Posted by つくばFC at 11:55│Comments(0)レディース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。