2019年09月17日

プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦5位〜8位 第3節 マッチレポート

2019年9月14日 プレナスチャレンジリーグプレーオフ順位決定戦5位〜8位第3節
VS岡山湯郷Belle戦 @セキショウ・チャレンジスタジアム マッチレポート


日頃からつくばFCを応援してくださり、ありがとうございます。

9月14日行われました、プレナスチャレンジリーグプレーオフ順位決定戦5位〜8位第3節の結果についてお伝えします。


つくばFCL28人、「成長」を見せる総力戦
前節、アウェイの地で粘り強さも見せるも突き放され、PO未だ勝利なしと苦戦しているつくばFCレディース(以下つくば)。チャレンジリーグ最終戦は、2年前までは1部に所属していた女子サッカー界の名門、岡山湯郷Belle(以下岡山)をホームで迎えての1戦となりました。

岡山はここまでと戦い方を変えず、4-4-2の構え。2トップに元なでしこジャパンの#10木龍と、今シーズンここまで16ゴールを挙げている#11足立という強烈な力を持っている選手を配置。サイドに一度ボールを預け、中のスペースを作ると、木龍やボランチが空いた場所に顔を出し起点に。そこからもう一度サイドの深い位置まで持ち込み、クロスを上げ、得点を狙います。

迎えるつくばは3-4-3の構え。中1日で皇后杯 JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会関東地区予選を控える中、メンバーを入れ替えてゲームイン。両WBの#15小池、#16三浦、IHの#24肥留川は今シーズン初先発。さらに1トップには下部組織から高校3年生の#30伊藤を抜擢。レギュラーシーズン出場機会の少なかった選手もいますが、ここまでトレーニングで積み上げてきた力に疑いはなく、チーム一丸となって勝利を目指します。

チームとしての戦い方はここまでと変えず。マイボールになると、各ポジションの選手がボールを受ける前にポジショニングを取りきり、相手の守備に迷いを生じさせ、空いたところに侵入。1st、2ndラインを突破し、相手の最終ラインをつり出すと、スピードに自信のある伊藤の抜け出しをうまく狙いながらゴールまで迫ります。


底上げされたチームの力
クラブの格も実績も格上の相手との対戦となりましたが、つくばは臆さずに開始からゲームに入ることに成功します。

WBが対峙するSHと駆け引きをすることで、岡山の中盤の距離感を広げ、#19堀江と#24肥留川のパスコースを確保。GKも含め、フリーになった選手は見逃さず、ラインを飛ばして前進することも狙いに。引いたところにはボランチの#2大木と#23井上(佳)がポジションを取り続け、起点に。決定的なパスの距離を短くし、WBの駆け上がりも有効に使いながら、押し込む展開を作り出します。

守備においては、強烈な2トップに対し、こちらも#5梓、#26小田切、#28小島という強力な3バックで対応。個で剥がされてしまった場面もボランチがプレスバックし、カバーし危険なエリアで楽な体勢を作らせずに、我慢強く守備を続けます。

ゴール前まで侵入を許すシーンも作られますが、最後まで身体を寄せジャストミートさせず。コースは際どいながらも威力の低いシュートにはGK#21高橋が俊敏な反応を見せセービング。岡山に対し、一歩も引かず、互角の戦いを繰り広げます。


見せた綻び、傾いた流れ
ここまで強度を落とさずに戦い続けていましたが、前半30分。

中央で振り切られ、縦パスをCB間に位置していた岡山FWに入れられてしまいます。これを絶妙なフリックでDFラインの裏に送り込まれ、PA内にフリーな状態で持ち込まれると、シュートをゴール右隅に決められ失点。一つ対応が遅れた隙を見逃されず、スコアを0-1とされます。

その後の時間を、崩れずに持ちこたえ、ハーフタイムへ。

後半、頭から#23井上(佳)と#24肥留川に替え、#7原島と#14亀井を投入。フレッシュな選手を起用し、追い上げを図ります。しかし、岡山も掴みかけた流れを簡単には手放しません。

後半3分。右サイドの深い位置までボールを運ばれ、人数をかけるも取りきれず、クロスを許します。中央の人数は揃っていましたが、クリアしきれず、強烈なシュートを浴び失点。

さらに後半8分。上げられたクロスに対応しようと、PA内で相手に身体を寄せたプレーがファウルの判定となり、PKに。後半の早い時間帯に得点を連続で許し、0-3と引き離されてしまいます。

このままでは終われない後半15分。疲れの見えた#15小池に替え、エース#10豊嶋を投入。豊嶋をCFにおき、#30伊藤を右WBにポジションチェンジし、右サイドの制圧力を高め、停滞気味の攻撃にスピードという武器で岡山の攻略に掛かります。


成長、経験、さらに上へ・・・
#10豊嶋の投入により、前線がより活気づき、岡山DFラインの背後を取る場面の増えだしたつくば。ボールの支配率を高めつつ、シンプルな展開もみせ攻撃に回る回数を増やします。

迎えた後半24分。GKのクリアを#7原島が回収し、#30伊藤へ。ここから#2大木、豊嶋、再び伊藤とテンポ良く回り、右サイドの攻略にかかると、さらに伊藤と大木がワンツーを決め、右サイドを突破。伊藤が中央へ折り返すとそこに左IHの#19堀江が走り込み、相手に寄せられながらも持ち前のキープ力を発揮し、ボールを保持。前を向くのが難しいと見ると、サポートに走り込んでいた豊嶋にしっかりと渡します。

ペナルティサークル中央付近で受けた豊嶋は迫る相手を冷静に躱し、得意の右足を振り抜き、ゴール左隅に確実に流し込み2試合連続弾をゲット!!

交代策がうまくハマり、岡山に追いすがります。

今シーズンは逆境を何度も跳ね返してきたつくば。ここからさらに食らいついていきたいところでしたが、岡山にチーム力の差を見せつけられます。

後半30分。左サイドからあげられたグラウンダーのクロスを、中央で押し込まれ失点。続く34分。今度は右サイドで躱され、クロスを許すとこれをゴール前でジャストミートされ失点。短い時間に連続失点を許し、スコアを1-5とされてしまいます。

この後、豊嶋、原島を中心に押し込む場面も作り出しますが、最後まで詰めきれず試合終了。

結果として、なでしこ界の名門に対し今季最多失点をホームで喫してしまいました。メンバーを変更して臨んだ試合でしたが、チームとしての戦い方は一貫して表現することが出来たと思います。それでも及ばなかったのはチームとしての総合力が、まだ足りなかったからではないかと思います。

今シーズンのチャレンジリーグは今節をもって終了となります。皆様のご声援に押され、降格争いからの脱却を果たし、12チーム中8位という過去最高順位で終えることができました。しかし、まだまだ差を感じさせられる場面が多いのも事実です。さらに上のステージへ挑戦するため、準備を進めていきますので引き続き応援をお願いいたします。

プレナスチャレンジリーグプレーオフ順位決定戦5位〜8位第3節
VS岡山湯郷Belle
前半:0-1
後半:1-4(21分 #10豊嶋)
合計:1-5

プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦5位〜8位 第3節 マッチレポート

プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦5位〜8位 第3節 マッチレポート


リザーブメンバー
GK
#1 中橋
DF
#6 川原
MF
#7 原島
#10 豊嶋
#14 亀井

同じカテゴリー(レディース)の記事画像
皇后杯 JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会関東地区予選2回戦 マッチレポート
プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦5位〜8位 第2節 マッチレポート
【TOP選手ブログリレー2019】 vol.30 レディース#6 川原布紗子
プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦 5位〜8位 第1節 マッチレポート
【TOP選手ブログリレー2019】 vol.28 レディース#5 梓 玲奈
【TOP選手ブログリレー2019】 vol.26 レディース#4 藤井 志保
同じカテゴリー(レディース)の記事
 皇后杯 JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会関東地区予選2回戦 マッチレポート (2019-09-19 15:39)
 プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦5位〜8位 第2節 マッチレポート (2019-09-09 21:29)
 【TOP選手ブログリレー2019】 vol.30 レディース#6 川原布紗子 (2019-09-05 16:16)
 プレナスチャレンジリーグ プレーオフ 順位決定戦 5位〜8位 第1節 マッチレポート (2019-09-03 00:58)
 【TOP選手ブログリレー2019】 vol.28 レディース#5 梓 玲奈 (2019-08-23 15:04)
 【TOP選手ブログリレー2019】 vol.26 レディース#4 藤井 志保 (2019-07-29 16:13)
Posted by つくばFC at 08:42│Comments(0)レディース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。