2020年09月11日

2020年8月29日プレナスチャレンジリーグ第2節 vs新潟医療福祉大学 マッチレポート

2020年8月29日 プレナスチャレンジリーグ第2節
vs新潟医療福祉大学戦 @セキショウ・チャレンジスタジアム マッチレポート

日頃からつくばFCを応援してくださり、ありがとうございます。
8月29日(土)に行われました、プレナスチャレンジリーグ第2節の結果についてお伝えします。

◇ホーム開幕戦、因縁の対決
開幕戦を勝利で終え、今シーズン幸先の良いスタートを切ったつくばFCレディース(以下つくば)。リモートマッチでの開催となったホーム開幕戦の相手は、昨シーズン最終節で4位と5位を争い戦った因縁の相手、新潟医療福祉大学(以下新潟)となりました。

つくばは前節と同じ3-4-3の構え。スターティングメンバーの顔ぶれも変わらず、DFラインからボールを動かし、相手の組織を前後左右にスライドさせながらチーム全体で前進。ゴールに近い位置までボールを運び、相手のスライドのズレを見逃さずゴールまで迫ります。

対する新潟は昨シーズンと同様4-4-2でスタート。攻撃ではGKから始まるビルドアップ を展開。守備になるとFWからDFまでの距離をコンパクトに保ち、ボールをサイドに誘導。追い込んだ先で、全体のコンパクトな距離間を保ったまま、ボールに人数をかけて奪い取り、そこから素早くカウンターに転じ、得点を狙います。

序盤、攻勢を強めたのはつくば。#4藤井と#14岸川の両WBが高い位置でボールを受けることに成功。そこから縦に積極的に仕掛け、持ち前のスピードを生かしサイドを突破。クロスまで持ち込みますが、最後のところで精度を欠きゴールには至りません。

◇一瞬の隙、緩んだ対応
好機を作り出すも仕留められないまま迎えた前半25分。一瞬の気の緩みから新潟の鋭い攻撃を受けます。

スローインの対応の際、裏に抜けた選手に対し、マークの受け渡しがうまくいかずサイドの深い位置まで侵入を許します。これに#17平川が対応にあたるも振り切られ、クロスを許すとゴール前で完璧に合わせられてしまいます。このシュートはバーに当たるも、跳ね返りを新潟の選手にダイレクトでヘディングシュートされ、失点。優位に運んでいた時間帯で攻め切れず、スコアを0-1とされます。

先制を許した中、落ち着いて巻き返しを図りたいつくばでしたが、この試合は攻撃の歯車がうまく噛み合いません。

相手の2トップを#3小田切、#6佐藤(友)、平川の3バックで剥がし、新潟のMFラインと勝負を仕掛けたいところでしたが、相手のプレスも早く、構えている新潟の守備ラインに段差を作った状態で前線にボールを供給することができません。

ボールホルダーが苦しい体勢で構えているところへボールを入れてしまうため、新潟の前向きの対応を受け、ボールは跳ね返され、カウンターを受ける悪い循環に。バイタルエリアで効果的に前向きを作り出すこともできず、攻撃が停滞。前半を0-1とリードを許したまま折り返します。

◇切り替え、修正、立て直し
後半に向け、つくばはビルドアップからの攻撃の組み立てを再確認。一定のラインまではボールを追ってこない新潟に対し、DFラインからロングレンジのパスで攻略は難しいこと。相手の2トップを無力化し、つくばのCB3人が高い位置を取り、新潟のMFラインと駆け引きすることを意識し、攻撃を組み立てます。

すると徐々に攻撃が機能し、新潟の守備ブロックにズレを生み出します。

#6佐藤(友)が新潟2トップのラインを超えた状態でボールを持ち運ぶことに成功。この瞬間には#9大坪が背後に、#14岸川はワイドに、#22荒木がバイタルにそれぞれ的確にポジションを取ることで新潟に対し守備の的を絞らせず、優位な状態を全体で作り出します。

佐藤(友)から荒木へラインを切り裂く縦パスが入ると、荒木も素晴らしいターンを見せ大坪へスルーパスを供給。ラストパスは惜しくもシュートまでは至りませんでしたが、つくば本来の攻撃の形を取り戻します。

後半12分。荒木に替え、#24大岩を投入。大岩は昨年オフシーズンに負傷し、長期離脱を余儀なくされましたが、順調にコンディションも上向き、約1年ぶりの公式戦復帰、つくばでのリーグ戦初出場となりました。

なんとか早い時間に同点に追いつきたいつくば。ここまで攻守に渡り献身的な活躍を見せていた#4藤井に替え、母校との対戦となる#2佐藤(歩)を投入。積極的に選手交代を行い、守備の強度ももう一段上げ、チーム全体で前から果敢にボールを奪いにいきます。

後半24分。前線からの守備でチャンスを作ります。
一度はボールを奪われるも替わって入った大岩が素早い切り替えからボールを奪い、#19山口へ繋ぎます。中央で受けた山口は、右サイドからダイアゴナルに走り込んでいた岸川に送ると、岸川はそのまま大坪とのワンツーを挟み抜け出し、ゴール左45度の角度からシュート!これは惜しくもゴールの右へはずれます。

続く後半25分。
今度はスローインのリスタートから右サイドの深い位置までボールを運び、マイナスのクロスを上げると#7原嶋が豪快なランニングボレーシュート!これも枠は捉え切ることができませんが、安定したボール保持に加え、前節も見せた前からの守備で徐々に、しかし確実に新潟ゴールまで迫ります。

◇「勝ち切る」ためのあと一歩
追いつき、勝ち越しまで目指すつくば。強度の高い守備は勢いが衰えるどころかその鋭さを増し、新潟の選手達を苦しめます。

迎えた後半28分。その守備から新潟ゴールをこじ開けます。
#9大坪の裏への抜け出しに対し、後方からスペースに流し込むようなボールを送りますが、ここは新潟も危なげなく対応。ボールを保持し一度落ち着けようとしますが、大坪がアクションを切らすことなくそのまま1stディフェンダーとなり素早いプレスに移行。

新潟の選手はこれに焦ったのか、中央に曖昧なボールを送ってしまうとここに予測を立て、ボール奪取に向かったのは#10廣田!飛び出してきたGKも冷静に躱し、利き足とは逆の右足で素早く、確実に流し込み同点弾をゲット!!

全体で統一された意図的な守備からゴールに近い位置でボールを奪うことに成功し、スコアを1-1とします。

ここからはお互いに勝ち越し点を狙う激しい攻撃の応酬に。#20山崎と#23伊藤を投入し、ポゼッションを高めつつ、奪われた後の素早い切り替えからゴールを狙うつくば。一方ボールを奪った後DFラインに一斉にアクションを起こし、カウンターでの最短距離でゴールを目指す新潟。一進一退の攻防が続きます。
新潟の縦に早い攻撃に何度かゴールを脅かされるつくばですが、#3小田切と#6佐藤(友)の懸命なスライディングでのシュートブロックや、GK#1稲葉の冷静なシュートストップでゴールを許しません。

最終盤のチャンスはつくばに。
アディショナルタイムに突入し、センターライン上からのFKを得たつくば。シンプルにゴール前に放り込み競り合いを生みますが、これは新潟も懸命にクリア。しかし甘くなったクリアを#17平川がキープすると、ゴールから約30m離れた位置でしたがそのまま強烈なミドルシュート!

しかしこのシュートはGKに処理され、このまま1-1でタイムアップ。

苦しい時間が長く続き、先制されてしまう難しいゲーム展開でしたが、ゲーム中にプレーを修正し、本来やりたいことに戻せた事は、次節につながる収穫だと思います。ただ、負けないから勝ち切るチームになるためにはまだまだ課題も多く残しています。

次節も無観客での開催となりますが、皆様に勝利をお見せできるよう、取り組んでいきます。引き続き応援よろしくお願いいたします。

(Written by 野々山 理玖)

プレナスチャレンジリーグ第2節
VS新潟医療福祉大学
前半:0-1
後半:1-0(28分 #10廣田)
合計:1-1

アーカイブはこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=fMuKDeqw4DY

同じカテゴリー(レディース)の記事画像
2020年9月13日皇后杯関東予選2回戦 vs群馬FCホワイトスター マッチレポート
2020年9月12日プレナスチャレンジリーグ第4節 vs新潟医療福祉大学 マッチレポート
2020年9月6日プレナスチャレンジリーグ第3節 vsJFAアカデミー福島 マッチレポート
2020年8月22日プレナスチャレンジリーグ第1節 vs静岡SSUアスレジーナ マッチレポート
【TOP選手ブログリレー2020】vol.44 レディース#3 小田切美咲
【TOP選手ブログリレー2020】vol.42 レディース#17 廣田愛
同じカテゴリー(レディース)の記事
 2020年9月13日皇后杯関東予選2回戦 vs群馬FCホワイトスター マッチレポート (2020-09-16 15:44)
 2020年9月12日プレナスチャレンジリーグ第4節 vs新潟医療福祉大学 マッチレポート (2020-09-16 15:15)
 2020年9月6日プレナスチャレンジリーグ第3節 vsJFAアカデミー福島 マッチレポート (2020-09-10 17:10)
 2020年8月22日プレナスチャレンジリーグ第1節 vs静岡SSUアスレジーナ マッチレポート (2020-08-25 21:53)
 【TOP選手ブログリレー2020】vol.44 レディース#3 小田切美咲 (2020-08-03 11:22)
 【TOP選手ブログリレー2020】vol.42 レディース#17 廣田愛 (2020-07-27 15:45)
Posted by つくばFC at 15:46│Comments(0)レディース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。