2018年07月31日

【TOP選手ブログリレー】担当 ジョイフル#11 宮本英明

今回担当します宮本です。

まずはじめにこの場をお借りして、いくつか謝罪をしていきたいと思います。


3月31日関東リーグ開幕戦前日、練習後の自主練習(シュート練習)で、GK森本選手と意地の張り合い、
挑発のし合いでムキになり、肉離れをしてしまい3ヶ月間試合に出場出来なかったこと。

(そのうち、この写真のようにします)


子どもにサインをお願いされ、自分のサインをまだ決めていなくて、ニコちゃんマークでサインしてしまっていること。

(ちゃんとサイン考えます)


一時期、主将の玄太さんの車に毎日イタズラをしていたこと。

(三角選手の命令で僕がやっていました。)


(これは玄太主将のモノマネをしたそうです)


以上のことをこの場をお借りして謝罪させていただきます。本当にすみませんでした。



さて、謝罪をさせて頂いたところで、
今回ブログ担当させていただきます、背番号11番FW宮本英明です!

つくば市立並木小学校、並木中学校出身、
小学生のスクールから中学生のジュニアユースまでをつくばFCで過ごした、生まれも育ちもつくばっ子です!


サッカー始めた時からポジションはFWで、サッカーが好きと言うよりは点をとる事が楽しくてずっとサッカーをやってきました。

子どもの頃はチームが勝っても自分が点を取っていなかったら、機嫌が悪い。
チームが負けても自分が点を取っていれば、1人だけ機嫌がいいみたいな、クソガキでした。

今のジュニアユースの選手、スクールの子達には、本当にこういう選手にはなってほしくないと思います。


今は昔に比べたらマシになった程度で、全ての練習は点をとる為に、いつも試合前に考えることは「点をとる」

それだけを考えてやっています。



でも、自分が点をとっても試合負けたら全然嬉しくなくなりました。


試合に勝って、チームメイト、スタッフ、サポーターと1つになって喜び合える事が
サッカーというスポーツの最高に素晴らしい事だと大学生くらいでわかりました(笑)


自分が点をとるのは自分の為ではなく、チームを試合に勝たせる為。




チームは3連敗があって苦しい時期がありましたが東京23FCとの試合はサポーターとチーム全員が全ての力を出しきって
サッカーの楽しさを最高に感じることが出来た試合でした!


残りのリーグ戦、そして10月に行われる茨城開催の全国社会人サッカー選手権で
毎試合点をとる為に日々全力でいい準備をして行きたいと思います!


(2016年全社 VS今治戦)



≪今週末の試合詳細≫
8/4(土)17:00キックオフ
ジョイフル本田つくばFC vs VONDS市原FC
@セキショウチャレンジスタジアム
  
Posted by つくばFC at 17:43Comments(0)

2018年07月20日

【TOP選手ブログリレー】担当 ジョイフル#9 齊藤 拓哉

こんにちは。
ジョイフル本田つくばFC背番号9番 齊藤拓哉です。

今年でチーム在籍4年目となりました。
自分が入団した当初からのメンバーは今は1人しかおらず、
最近はチームの中でベテランぶってます 笑

最近は連敗し、自分のコンディションもあまり上がっていませんが、
チーム全員で毎週末の試合の為に日々の練習に全力で取り組んでいます。

連敗している状況から抜け出し、サポーターの皆さんと一緒に喜びたいと思っています。


今週の試合情報です。
7月21日(土)17時キックオフ
対戦相手は東京23FCです。

今週末の試合はアウェイですが、是非応援に来て下さい!

最後に、何か一枚画像を載せるということなので、実家にいる自慢の猫の写真を載せます。笑



  
Posted by つくばFC at 11:36Comments(0)

2018年07月17日

【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第15節 マッチレポート

7月15日に行われた試合結果を報告させていただきます。

下位プレーオフへの進出が決定しているつくばFCレディース(以下、つくば)は、同じく下位プレーオフへの進出が決まっている常盤木学園高校(以下、常盤木)との対戦になりました。

前半5分、チームでパスコースを遮断し、常盤木のDFラインがパスの出す場所を探しているところを、#13菊地が素早くプレスをかけてボールを奪取し、GKとの1対1の状況に。しかし、この決定機を決め切ることができません。

前半7分、常盤木のクリアボールが味方にあたり、こぼれたボールに反応した#13菊地はまたもGKとの1対1の状況を迎えます。しかし、GKを躱すことには成功しますが、シュートには至らず、その後パスを受けた#10豊嶋のシュートはGK正面へ。またも決定機を逃してしまいます。

前半25分、ショートコーナからファーサイドへクロスボールを上げられ、フリーの状態でのヘディングシュートが決まり、先制を許してしまいます。

前半アディショナルタイム2分、ハーフライン付近からDFラインの背後へボールを蹴り込まれ、そのこぼれ球に反応した常盤木の選手がループシュートを放ちます。GK#23中橋が懸命腕を伸ばしますが、ゴールラインを割る前に掻き出すことができず2点差に。

前半終了間際に失点してしまった流れを変えるため、後半開始から選手を2名入れ替え、主導権を奪い返しにいきます。

後半11分、PA付近でFKのチャンスを得ると、キッカー#14亀井の放ったシュートはゴール左に決まり、1点差に詰め寄ります。

後半18分、常盤木のクリアボールの処理を誤り、バックパスをカットされショートカウンターの形に。これをゴールエリア中央まで運ばれゴールを許してしまいます。

その後も試合終了までアグレッシブにゴールへと向かい続けましたが、得点には至ることができません。

後半アディショナルタイム2分、スローインからバイタルエリアに侵入を許すと、抜け出した常盤木選手に追加点を決められ、試合終了となりました。

ホームで完敗してリーグを終えてしまいましたが、プレーオフまでの準備期間がありますので、残留を勝ち取れるよう取り組んでまいります。





◆2018プレナスチャレンジリーグEAST 第15節
【日時】7/15(日)17:00キックオフ
【対戦】常盤木学園
【会場】セキショウ・チャンレンジスタジアム
前半0-2 
後半1-2
合計1-4

<スターティングメンバー>
[GK] #1中橋 [DF] #23川原、#5菅原、#25梓、#6三間
[MF] #11井上、#8衣奈、#15水島、#10豊嶋
[FW] #13菊地、#38坂本

<サブメンバー>
[DF] #3遠藤
[MF] #14亀井、#19武田
[FW] #7原島、#9中山

(次節公式戦情報)
リーグからの発表があり次第、ご連絡します。  
タグ :レディース

Posted by つくばFC at 16:42Comments(0)レディース

2018年07月13日

【TOP選手ブログリレー】担当 レディース#7原島未季

こんにちは(^^)
今回のブログを担当させていただくのは
つくばFCレディース#7原島未季です!

梅雨が明け暑い日が続いていますね!
私は夏女なので暑いとテンションが上がります!笑
皆さんこまめな水分補給を忘れずに、熱中症などには気をつけてお過ごしください(^^)


月日が経つのは早いものでつくばでの生活も
3年目に突入しました!
1年目の時に苦労したのは左折専用レーンです。
「え?行っていいの?
これ!え?何?信号はどっちみるの?え?」
みたいなことが多々ありましたが、
なんとかそれにも慣れて今では東大通りと西大通りの区別がつくほどに成長しました!!!( ・∇・)

そんな話はさておき、
今日は最近の出来事を書きたいと思います!

7月早々有名な夢の国へ行きました☆★


何歳になっても行ける場所ですね〜笑
気持ちが若返りました!

乗り物やショーも良いですが、
私はあの雰囲気がとても好きです!
ちなみに私のオススメの乗り物は
なんとかスモールワールドです!

夢の国から少しして私のアラサー突入式でした!
あ、誕生日ってことです笑

サプライズでお祝いしてもらえるのは
とても嬉しいですよね!
寝てるところに突撃されると大体
良いリアクションとれませんが…笑

試合の日にサポーターの皆さんからおめでとうと
言われた時は胸がジーンとなりました!
本当に皆さんは私たちの支えです!

それぞれ個性溢れるたくさんのお祝いに
感謝してます(*´꒳`*)
25歳になったのでイメチェンをする予定です!笑
どうぞお楽しみに〜♪


ここまで好きなことを続けてこられたのは
私の人生に携わった全ての方々のおかげです!
どんなときも感謝の気持ちは忘れずに、
仕事もサッカーもプライベートも充実させていけたらなと思います!


今週末はいよいよ最終節です!
ホームで勝って皆さんと一緒に喜べるようにチーム一丸となって頑張りますので応援よろしくお願いします!


《試合詳細》
チャレンジリーグ第15節
17:00キックオフ
vs 常盤木学園高等学校
@セキショウチャレンジスタジアム
  
Posted by つくばFC at 22:39Comments(0)

2018年07月10日

【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第14節 マッチレポート

7月8日に行われた試合結果を報告させていただきます。

降格プレーオフ圏からなんとか抜け出したいつくばFCレディース(以下、つくば)は、優勝争い中の大和シルフィード(以下、大和)との対戦になりました。

チャレンジリーグでは圧巻の700人を超える観客が見守る圧倒的なアウェイの雰囲気の中、互いに同じ陣形で試合に臨みます。序盤は互いに非ボール保持時にはブロックを形成し、シンプルにDFの背後を狙うつくばと、中盤でボールを奪取しカウンターを狙う大和の構図に。

前半14分、大和のゴールキックのこぼれ球からDFラインの背後に抜け出した大和は、DFラインとGKの間にグラウンダーのクロスをあげますが、#3遠藤がスライディングでコースをずらし、FWはシュートを枠に捉えることができません。

前半16分、センターライン付近で得たFKを素早く再開し、ボールを受けた#10豊嶋がサイドを突破してクロスを上げます。クロスはカットされるも、#13菊地が素早くプレスをかけ、十分なクリアを許しません。そのボールを回収し、#38坂本が再びサイドで待つ#10豊嶋にボールを送ると、#10豊嶋からのクロスは大和GKのファンブルを誘い、溢れたボールは#11井上の元へ。これを素晴らしいタッチでコントロールした#11井上は、懸命にシュートブロックする大和DFの頭上を抜くシュートを放ち、大和サポーターで埋め尽くされる会場を鎮めるゴールを挙げます。

前半34分、大和のショートコーナーからファーサイドへの山なりクロスボールが上がり、そのボールをゴールエリア内に折り返されます。GK#21中橋がボールに飛び出しますがボールを捉え切ることができず、こぼれ球を押し込まれ、同点に追いつかれてしまいます。

追いつかれたつくばに対し、大和はホームの勢いを持って襲いかかります。前半43分、センターサークル付近からのFKから、GKとDFの間にボールを放り込みますが、GK#21中橋が勇気ある飛び出しでこれを抑えます。

ハーフタイムを終え、今季失点が多い後半開始15分を無失点で乗り切ったつくばは、3人を同時に入れ替え、一気に攻勢にでます。すると、後半19分にビッグチャンスを迎えます。左サイド深くからのスローインで抜け出した#19武田から、相手DFを引き寄せた股抜きパスが#30宮下へ通ります。これをペナルティーエリア中央へクロスボールを送りますが、走り込んできた#10豊嶋には僅かに合わず、シュートを打つことができません。

続く後半25分、FKのチャンスを得ると、#14亀井のキックは相手DFに弾かれますが、こぼれ球に#19武田が飛び込むもまたもや僅かに合わずシュートに至りません。

後半34分、スローインからクロスを上げられ、一度はこれを防ぎますがこぼれ球をゴールに流し込まれてしまい、逆転を許してしまいます。

諦めないつくばは後半36分、CKのチャンスに#8衣奈がヘディングで合わせますが、シュートは僅かにゴール右にそれてしまいます。

その後も試合終了までアグレッシブにゴールへと向かい続けましたが、得点には至らず試合終了となりました。

後半31分には全ての交代枠を使いきり、2得点目を奪うために攻勢に出ます。シンプルにDFラインの背後を狙い、CKのチャンスを何度も創出するも得点には至りません。

逆転されてからも崩れずにゴールを目指し続けられたことはチームとして成長した部分でしたが、下位リーグへの進出となってしまいました。最終節はホームで5位を争う闘いとなります。引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。




◆2018プレナスチャレンジリーグEAST 第14節
【日時】7/8(日)11:00キックオフ
【対戦】大和シルフィード
【会場】大和なでしこスタジアム
前半1-1 
後半0-1
合計1-2

<スターティングメンバー>
[GK] #1中橋 [DF] #4藤井、#3遠藤、#8衣奈、#23川原
[MF] #11井上、#7原島、#15水島、#10豊嶋
[FW] #13菊地、#38坂本

<サブメンバー>
[DF] #16藤原
[MF] #14亀井、#19武田、#30宮下
[FW] #9中山

(次節公式戦情報)
7/15(日)
2018プレナスチャレンジリーグEAST 第15節
vs 常盤木学園高校
17時K.O@セキショウ・チャレンジスタジアム  
タグ :レディース

Posted by つくばFC at 02:46Comments(0)レディース

2018年07月09日

【ジョイフル】関東サッカーリーグ1部前期第9節 マッチレポート

ジョイフル本田つくばFC(以下、ジョイフル)は7/8(日)関東サッカーリーグ第9節、ホームセキショウチャレンジスタジアムで流通経済大学FCとの一戦に臨みました。

 立ち上がりから相手の勢いに押され劣勢に立たされるジョイフル。しかしリーグ戦で久しぶりにスタメンに入ったGK#21荒川を中心にゴールを割らせません。相手の猛攻をしのぐと徐々に流れを引き寄せます。#22坂場が右サイドでボールを受けると絶妙なアーリークロス。そこに走り込んだのは#20宮本。宮本が体が張ってキープするとボールは走り込んだ#8中里のもとへ。左足を振り抜きますがゴール上へと外れてしまいます。その後も相手の積極的な仕掛けに後手を踏むものの、最後のところで体を張って守ります。そんな中待望の先制点がジョイフルに生まれます。左サイドからの大きなサイドチェンジを受けた#27堀西がクロスをあげる。そこに#19川島がニアに飛び込み頭で合わせます。ファーサイドに流れたところを#20宮本が頭で無人のゴールに押し込み1-0とします。
しかしその2分後、一瞬を突かれサイドを突破され失点。1-1ので前半を折り返します。

後半立ち上がりシュートまで持ち込んだのはジョイフルでした。#19川島が華麗なターンから左足でフィニッシュまで持ち込みますが、キーパーのセーブに遭います。迎えた後半7分、再び左サイドを崩され折り返しを合わされ失点。1-2とされます。
 その後は#24菅谷、#16諸井を投入し攻勢に出ます。しかし最後のフィニッシュに精度を欠き決定機を決めきれません。さらに#30内田、#18長谷川と攻撃的選手を次々投入しシステムも変え怒涛の攻撃を見せます。
しかし後半43分、前がかりになったところを突かれ痛恨の3点目を献上。1-3で試合終了となってしまいました。


この試合で前期の日程が終了し勝ち点13点の5位で折り返しとなりました。後期リーグも休みなく
後期、巻き返しを図れるよう努力していきたいと思います。本日もたくさんの応援ありがとうございました。

7/15(日)
関東サッカーリーグ後期第1節
vsヴェルフェたかはら那須
12時K.O@矢板運動公園陸上競技場
ジョイフル集合写真

  
Posted by つくばFC at 00:43Comments(0)ジョイフル

2018年07月03日

【TOP選手ブログリレー】担当 ジョイフル#8 中里 勇斗

みなさんこんにちは。

今回のブログは、背番号8番中里が担当させていただきます。

今年はチームの年齢層がドンと若返り、上から数えたほうが早い年齢になってしまいました。
僕自身、つくばで3シーズン目を迎えました。
あまりチームを引っ張って行く人柄ではないのですが、今年はプレーヤーとして、
そして一人の人間として若い世代の選手を引っ張っていける存在になりたいと思っています。

それが自分の成長になると思うので。。

そんな真面目な話はここまでにして
ここからはもうちょっと真面目な話をしたいと思います。

ぼくが最近思うことを書いてみたいと思います。
少し長くなりますので覚悟してください。

たくさんスクロールしますので、
指の準備運動は必ず済ませてください。


つくばFCはプロチームではなくアマチュアチームです。
なぜ、この年までアマチュアチームでサッカーを続けているのか。

なんの為にサッカーをしているのか。

たまに自分に聞いてみるときがあります。

そう考える人は僕だけではないと思います。

色々なことを考えてみても

結局たどり着くのは

単純に「サッカーが好きだから」ってことです。

24歳にもなって、何子どもみたいなことを言ってんだと思われるかもしれませんが、

僕はそれでいいと思います。



サッカーをしているときが一番幸せを感じるし、
いまだにサッカーが生活の一部であること自体が幸せなことなんです。

別で仕事をしながらの生活は、正直しんどいときもありますが、
サッカーを本気でできる場所があるだけで、僕は幸せです。

なにかを犠牲にしてまで打ち込めることがあるってことは強みであると思います。

お金で幸せを感じる人、

家族円満で幸せを感じる人、

友達と遊びに行くことに幸せを感じる人、


人それぞれ幸せの感じ方は違います。


「みんな違ってみんないい」って言葉がありますが、

ほんとにその通りだと思います。

それぞれが自分の幸せのために努力していると思います。

その努力が僕の場合サッカーである。

ただ、それだけのことなんですね。


しかし、自分の幸せの為だけに頑張っているのは当たり前のこと。

次に考えるのは人を幸せにするということです。

つくばFCは有料試合を開催しています。

お客さんはお金を払って試合を見にきてくれます。

貴重な土日の休みに、時間を割いて見に来てくれています。


それはプレーヤーにとってはありがたいことであると共に、

僕はそれをプレッシャーに感じています。


1枚1000円のチケットではあるけど、

1000円の価値のある試合を見せることは難しいと思うんです。

試合が終わった後、今日の試合面白かったかな?って自問自答するときがあります。

その中で、

自分やチームがどう見られてるかっていうことを考えるようになりました。

観に来てくれる全ての人に幸せな気持ちで帰ってもらいたい。

そう考えるようになりました。


他人に幸せを与える。

これはほんとに難しいことです。

さっきも話しましたが、

人によって幸せの感じ方が違うので難しいですよね。

僕達が幸せを与えられるのは、

やはり試合に勝つ事だと思います。

そして試合に勝ち続けることによって見てくれる人も増え、満足度も増えてきます。

全ての人に幸せを与えられるように、毎日の練習から努力しているんです。



そして、

全ての人に幸せを与えることができたとき、

やっと自分の幸せにもなるんです。

プロ選手ではないけど

そう考えるのはサッカー選手として当たり前だと思います。



そう長くないサッカー人生ですから、

今できることを全力で。

そして、人を幸せにすること。

その上で、自分を幸せにすること。


それができてやっと人から認められるサッカー選手になれると思ってます。


文章力がだいぶ欠陥してるので

伝えたいことを文字にするのは難しいですが、

僕が考えていることはそんな感じです。




ということで試合情報です。

次節は、
7/8(日)
17:00キックオフ
vs 流通経済大FC
@セキショウチャレンジスタジアム

みなさんの応援が力になります。
ぜひスタジアムへお越しください。
一緒に戦いましょう。


ありがとうございました。
指のクールダウンを忘れずに。  
Posted by つくばFC at 15:51Comments(0)

2018年07月03日

【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第13節 マッチレポート

6月30日に行われた試合結果を報告させていただきます。

今節は東部液化石油株式会社様のサポートのもと、つくば市長である五十嵐氏にもご来場いただきました。

降格プレーオフ圏からなんとか抜け出したいつくばFCレディース(以下、つくば)は、同じく降格プレーオフ圏を争う新潟医療福祉大学(以下、新潟)との対戦になりました。

炎天下の中での試合となり、非常に体力を消耗する試合展開が予想される中、互いに同じ陣形で試合に臨みます。また、新潟はなでしこ1部であるアルビレックス新潟から期限付き移籍で選手を獲得し、この日も移籍した2名がスターティングメンバーに名を連ねています。

序盤は互いに非ボール保持時にはブロックを形成し、ボールを奪取したのちに素早く攻勢に出ようとします。

前半9分、GK#21中橋の特大パントキックを#13菊地が収め、サポートに入った#11井上がボールを受け取ります。背後に抜け出した#38坂本へのスルーパスは相手DFにカットされますが、そのこぼれ球を回収した#13菊地がすぐさまロングシュートを選択します。このシュートが相手GKの頭上を抜くゴラッソに。幸先よく先制することに成功します。

前半15分、先制したことで自陣内でボールを回し、時計を進めるつくばでしたが、新潟の鋭いプレッシングでボールをロストし、GKと1対1のピンチを迎えます。しかし、このピンチをGK21中橋が冷静に対処し、ことなきを得ます。

前半37分、順調に相手陣地に押し込んでいたつくばでしたが、ビルドアップでミスを犯し、左サイドからクロスをあげられ、その折り返しをPA内で新潟FWがシュートを放ちます。シュートは枠を捉えていましたが、GK#21中橋が食らいつき執念のセーブを見せます。

リードして後半を迎えたつくばでしたが、またしてもデータ上でも苦手としている後半立ち上がりにピンチを迎えます。後半5分、ロングボールを処理したところにプレッシングを受け、ボールをロストしてしまいます。決定的な場面でしたが、新潟のシュートはポストを直撃し、#8衣奈がなんとか掻き出します。

その後も流れを掴めないつくばは、選手交代も用いながら危険な時間帯を乗り切っていきます。しかし、後半26分、CKのこぼれ球をファーサイドに蹴り込まれ、PA内でシュートを放たれますが、またしてもGK#21中橋がきっちりとセーブします。

後半31分には全ての交代枠を使いきり、2得点目を奪うために攻勢に出ます。シンプルにDFラインの背後を狙い、CKのチャンスを何度も創出するも得点には至りません。

後半ロスタイム、オーバーラップした#2大木からクロスボールが上がり、#13菊地がGK前に飛び込みます。こぼれたボールを#37濱垣が押し込みますが、相手DFにブロックされます。立て続けにチャンスは続きます。右サイドを抜け出した#7原島のシュート性の強いクロスは惜しくもバーを直撃。惜しくも得点とはなりませんでした。

3人ほど足が攣りながらも、なんとかリードを守りきり、今季初の2連勝を飾ることができました。今節の結果によって、中位リーグまで残り2試合で勝ち点6差に詰め寄りました。他チームの結果に依存している状況ではありますが、最後の最後まで諦めずに取り組んでいきます。

引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。







◆2018プレナスチャレンジリーグEAST 第13節
【日時】6/30(土)13:00キックオフ
【対戦】新潟医療福祉大学
【会場】セキショウ・チャレンジスタジアム
前半1-0 
後半0-0
合計1-0

<スターティングメンバー>
[GK] #1中橋 [DF] #2大木、#3遠藤、#8衣奈、#16藤原
[MF] #11井上、#7原島、#15水島、#10豊嶋
[FW] #13菊地、#38坂本

<サブメンバー>
[DF] #6三間、#23川原
[MF] #14亀井
[FW] #19武田、#37濱垣

(次節公式戦情報)
7/8(日)
2018プレナスチャレンジリーグEAST 第14節
vs 大和シルフィード
11時K.O@大和なでしこスタジアム  
タグ :レディース

Posted by つくばFC at 02:10Comments(0)レディース

2018年07月01日

【ジョイフル】関東サッカーリーグ1部前期第8節 マッチレポート

6/30(土)ジョイフル本田つくばFCはホームで関東リーグ第8節ブリオベッカ浦安との一戦に臨みました。

 立ち上がりから積極的な出足で主導権を握るジョイフル。相手CKのこぼれ球を#9齊藤が自陣センターサークル付近でボールを受けるとそのままドリブルで独走。キーパーとの1対1を迎えますがシュートは相手GKの好守にはばまれてしまいます。そのこぼれ球を今度は#19川島がシュートを放ちますが再び相手にブロックされてしまいます。その後も#7冷岡の力強い突破からファールを獲得し、セットプレーからチャンスを作りますが惜しくもゴールならず。次第に相手がボールを持つ時間が増えてきますが落ち着いた守備で対応し、チャンスを作らせません。そのままスコアレスで前半を折り返します。
 後半立ち上がり早々相手がゴール前でミドルシュートを放ちますが#14山崎がブロック。一方のジョイフルも#9齊藤が得意のカットインからシュートを放ちますがキーパーにセーブされてしまいます。そして迎えた後半23分。相手クロスをキーパーの前で頭で合わされ先制を許してしまいます。その後は#13小泉、#8中里を投入して反撃を試みます。相手陣地で得たFKを#8中里が直接狙いますが惜しくもクロスバー。その後も#18長谷川を投入しさらに攻勢を強めますが最後まで得点を奪えず試合終了。0-1で敗戦となりました。

本日は579人ものサポーターの方々がスタジアムに駆けつけてくださいました。素晴らしい雰囲気の中でのゲームでしたがサポーターに勝利を届けることが出来ませんでした。
次節はホームで流通経済大学FCとの茨城ダービーです。来週こそホームで勝利をあげられるよう一週間良い準備をしたいと思います。

(次節公式戦情報)
7/8(日)
関東サッカーリーグ前期第9節
vs流通経済大学FC
17時K.O@セキショウチャレンジスタジアム


  
Posted by つくばFC at 00:41Comments(0)ジョイフル

2018年06月29日

【TOP選手ブログリレー】担当 レディース#6 三間 睦美

こんにちは(((o(*゚▽゚*)o)))!
今回ブログを担当します、レディース#6の三間です!

先週おこなわれました、チャレンジリーグ第12節では、念願だったホーム戦勝利を獲得する事ができました!
土砂降りの中、最後まで、あついご声援、ありがとうございました!


先週末は、生憎のお天気でしたが、もうスッカリ夏になってきましたね!

私は、サッカー選手ながら、サッカー以外のときに汗をかくのが、とてもキライです笑
できれば、サラサラでいたいと、この時期常々思っています笑

なるべく涼しい場所、
なるべく汗をかかない場所で生息しています。

でも、みんなでワイワイするのが、とてもスキなので、

なにかと集まったり


試合を観に行ったり


バーベキューしたり

衣奈。笑

またまた集まったり


ごはんをしたり


お祝いしたり


アクティブに過ごしています(╹◡╹)*°+.

汗はかきたくありませんが、今年も夏のバーベキューが楽しみです笑

本当は汗をかくのは、あまり好みませんが、、、、、

楽しいので

いいでしょう笑


さて、今週は、ホームアベック開催です(^^)
男女共々、ご声援頂けると嬉しいです。


\ 6/30(土) /
◇レディース
2018プレナスチャレンジリーグEAST 第13節
13:00kickoff vs 新潟医療福祉大学

◇トップ
関東リーグ第8節
17:00kickoff vs ブリオベッカ浦安

◇会場
セキショウ・チャレンジスタジアム

今週もご声援、よろしくお願いします!


おやすみなさいzZ

  
Posted by つくばFC at 11:25Comments(0)

2018年06月26日

【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第12節 マッチレポート

6月23日に行われた試合結果を報告させていただきます。

降格プレーオフ圏からなんとか抜け出したいつくばFCレディース(以下、つくば)は、優勝争い中のFC十文字VENTUS(以下、十文字)との対戦になりました。

これまでの対戦と同じように、十文字がつくば陣地へと侵入した瞬間に迎撃するスタイルで臨むつくばと、自陣でボールを保持しながら好きを伺う十文字という構図になります。

前半6分、つくばが右サイドの奥深くにボールを押し込み、十文字がボールを回収するも、GKへのバックパスに反応した#11井上が、GKの死角となるボールサイドの反対側からパスコースを封鎖します。#11井上は、慌てたGKからボールを奪い、そのままゴールへ流し込み、先制します。

前半21分、つくばの中盤の選手をうまく引き出されてDF-MF間のスペースでボールを受けられるとそのまま左サイドへ展開されます。ゴールライン際から上がったクロスは、ファーサイドのゴールエリア角でフリーになった選手へ繋がり、折り返しを詰めれられますが、シュートはバーの上へ。事なきを得ます。

前半29分、#8衣奈が相手のロングキックをダイレクトパスで前線で待つ#38坂本へつなぎ、左サイドのアタッキングサードへ侵入します。クロスは跳ね返されるも、素早くリスタートし、#11井上の低弾道クロスを#30宮下が中央でバイタルエリアへ落とします。そこに走り込んだ#15水島がイブラヒモビッチ顔負けのテコンドーシュートを放ち、GK頭上を抜けてゴールへ吸い込まれます。

リードして後半を迎えたつくばでしたが、データ上でも苦手としている後半立ち上がりにピンチを迎えます。後半4分、9分、11分、13分と、再三突破を許し、決定的なシーンを作られてしまいますが、ポストやGK#21中橋のビッグセーブによって凌ぎます。

後半18分、エリアを回復しつつあるつくばは、執拗に左サイドの突破を図り、こぼれたボールを#2大木が回収し、アーリークロスを供給します。このボールに逆サイドから抜け出した#30宮下がダイレクトでゴールへ流し込み、勝負を決定づける3点目を獲得します。

後半25分、右サイドに侵入を許し、落としたボールをダイレクトでクロスに。これを収められシュートを打たれますが、またもGK#21中橋がキャッチして防ぎます。

後半39分、ピッチ中央でこぼれ球を収められると、DFラインの背後にスルーパスを通されます。GKとの1対1の場面を迎えますが、GK21中橋が抜群の飛び出しでセーブします。そのこぼれ球をまた回収され、クロスを合わせられますが、ヘディングシュートは左へ逸れていきます。

結果は3-0と完勝でしたが、ピンチも多くタフな試合でした。それでも雨の中、熱い応援を頂けたサポーターの皆様に勝利を届けられた事を嬉しく思います!降格プレーオフ圏内から抜け出すには、次節も負ける事ができません。最高の準備をして、アベックホームゲームを迎えたいと思います。





◆2018プレナスチャレンジリーグEAST 第12節
【日時】6/23(土)17:00キックオフ
【対戦】FC十文字VENTUS
【会場】セキショウ・チャレンジスタジアム
前半2-0 
後半1-0
合計3-0

<スターティングメンバー>
[GK] #1中橋 [DF] #2大木、#3遠藤、#8衣奈、#6三間
[MF] #11井上、#14亀井、#15水島、#30宮下
[FW] #13菊地、#38坂本

<サブメンバー>
[DF] #23川原
[MF] #4藤井 #7原島、#10豊嶋
[FW] #9中山

(次節公式戦情報)
6/30(土)
2018プレナスチャレンジリーグEAST 第13節
vs 新潟医療福祉大学
13時K.O@セキショウ・チャレンジスタジアム  
タグ :レディース

Posted by つくばFC at 07:15Comments(0)レディース

2018年06月24日

【ジョイフル】関東サッカーリーグ1部前期第7節 マッチレポート

こんばんは。ジョイフル本田つくばFC監督小松です。

6/23(土)関東リーグ第7節アウェイで横浜猛蹴との一戦に臨みました。

1ヵ月の中断を挟み久しぶりの公式戦。現在勝ち点10で3位につけているジョイフル本田つくばFC。上位陣に食らいついていくためにもアウェイとはいえ勝ち点3を持って帰りたいところ。
 
立ち上がりから#9齋藤が積極的に仕掛けチャンスを作るもあと一歩及ばず。一方の猛蹴もGKの精度の高いキックからのダイレクトプレーでチャンスを伺いますが#14山崎、#3三森がしっかり跳ね返しチャンスを作らせません。一進一退の攻防が続く中先制点を奪ったのはジョイフルでした。相手のCKをクリアすると#9齋藤がハーフライン付近からスピードに乗ってドリブルで仕掛けていきます。ゴール前で#24菅谷とのワンツーで齋藤が抜け出し左足一閃。ゴールに突き刺し1-0とします。
その後も#7冷岡、#19川島がゴールに迫りますが得点ならず。1-0のまま前半終了。

後半も相手はシンプルな攻撃を仕掛けてきますが、GK#31小笠原 #4佐藤を中心に落ち着いて対応します。そして相手の運動量が落ち始め何度もカウンターからチャンスを迎えます。#19川島が相手のボールを奪ってドリブルで切り込みGKと1対1になるもシュートを打てず、また#3三森の積極的なオーバーラップからゴール前の折り返しを#4佐藤がシュートを打つも決めきれません。疲れの見え始めた前線の選手を交代し、#13小泉、#20池本、#8中里、#18長谷川を次々投入します。途中出場の選手たちも攻守においてアグレッシブにハードワークし守備を固めながら追加点を狙いに行きます。追加点こそ奪えなかったものの1-0のまま試合終了。中断あけの試合を見事勝利で終えることが出来ました。

本日も雨の中たくさんの方々が応援に来てくださいました。本当にありがとうございました。
次はホームでの試合となります。勝ち点3をとれるよう1週間良い準備をしたいと思います。来週も応援よろしくお願い致します!!

(次節公式戦情報)
6/30(土)
関東リーグ前期第8節
vsブリオベッカ浦安
17時K.O@セキショウチャレンジスタジアム


  
Posted by つくばFC at 01:17Comments(0)ジョイフル

2018年06月22日

【TOP選手ブログリレー】担当 ジョイフル#7 冷岡 幸輝

こんにちは!
ジョイフル本田つくばFC 背番号7番の冷岡幸輝です。ファンの皆さん、いつも応援ありがとうございます!

2018年、チームが始動して早くも半年が経ちました。
今年は個人的にサッカーでも私生活でも今までにない充実した生活を送れています。

思い返せば高校生の頃から去年まで自分は公式戦では途中出場や途中交代されることが多く、
90分間フルで試合に出た試合はほぼありませんでした。
ですが、今年は90分間フルで出場することが増えました。さらに副キャプテンになり、
人生ではじめてキャプテンマークを巻いて試合に出場しました。
その分責任やプレッシャーも今までより感じるようになりましたが、
充実したサッカー生活を送れていると実感しています。



私生活ではオフの日に積極的にチームメイトと過ごしています。
試合の帰りに横浜寄ったり



下重選手のブログでも紹介されていますが、佐藤正三郎が働いている築地にある築次郎へ行ったり

(つくばFC のブログに3回目の登場の写真。めちゃくちゃ美味しいです!)

筑波山登ったり


水戸の桜祭りに行ったり


旅したり


バーベキューしたり


ヒヤーズキッチンをみんなに振舞ったり



(ヒヤーズキッチン楽しみにしていたファンの皆さん遅くなりすみません。今回はフルコースです!笑)

たくさん思い出がある分、試合に勝ってみんなで喜びたい気持ちが強くなります。
今シーズン最後にチームメイト全員と笑って終われるように、今週からリーグ戦が再開しますが、
いい準備をして臨みたいと思います。

6月23日 関東リーグ第7節
vs横浜猛蹴
11時キックオフ@かもめパーク

6月30日 関東リーグ第8節
vsブリオベッカ浦安
17時キックオフ@セキショウチャレンジスタジアム
この日はホームで男女アベック開催となっています!
つくばFCレディースvs新潟医療福祉大学
13時キックオフ

こちらの応援もよろしくお願いします!
最後まで読んでいただきありがとうございました!  
Posted by つくばFC at 11:52Comments(0)

2018年06月19日

【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第11節 マッチレポート

6月17日に行われた試合結果を報告させていただきます。

連敗から抜け出したいつくばFCレディースは、アウェイでノルディーア北海道との対戦となりました。

互いに同じ陣形で構えた前半は、互いにサイドを取り合う展開になります。風上に立つ北海道が何度もCKのチャンスを作り、つくばに襲い掛かりますが、#21中橋を中心に決死の守備で跳ね返します。

また、#13菊地と#38坂本のツートップは、ボールを保持するDFラインへのアタックや背後を狙うプレーでプレッシャーをかけ続けます。その努力が実り、前半26分に好位置で直接FKを獲得すると、#14亀井が素晴らしい軌道のシュートでゴール!先制することに成功します。

先制後もこの攻防が続きますが、集中力を切らさず守りきりリードしてハーフタイムを迎えます。

後半6分、相手のクリアミスを#13菊地がヘディングでDFラインの背後へ送ると、抜け出した#11井上がループシュートを放ちます。これがゴールネットを揺らしますが、オフサイドの判定に。

後半12分、クリアボールを回収した北海道は左サイドを突破すると、DFとGKの間にクロスボールを配給。ここに飛び込まれて1-1の同点となってしまいます。

流れを変えたいつくばは、後半15分に交代とともに陣形を変えて得点を奪いにいきます。しかし、増えた中盤の人数を生かすことができず、ボールを前へ運ぶことができません。

後半39分、ここまで耐えてきたCKのピンチですが、長身の選手にヘディングでゴールを決められてしまい、試合終了。

新たな取り組みもありましたが、うまく結果に結びつきませんでした。
次節に向けて、また準備をしていきます。
熱い応援をありがとうございました。




◆2018プレナスチャレンジリーグEAST 第11節
【日時】6/17(日)12:00キックオフ
【対戦】ノルディーア北海道
【会場】厚別公園競技場
前半1-0 
後半0-2
合計1-2

<スターティングメンバー>
[GK] #1中橋 [DF] #2大木、#3遠藤、#8衣奈、#6三間
[MF] #11井上、#14亀井、#15水島、#10豊嶋
[FW] #13菊地、#38坂本

<サブメンバー>
[DF] #23川原、32三浦
[MF] #4藤井 #5菅原
[FW] #37濱垣

(次節公式戦情報)
6/23(土)
2018プレナスチャレンジリーグEAST 第12節
vs FC十文字VENTUS
17時K.O@セキショウ・チャレンジスタジアム  
タグ :レディース

Posted by つくばFC at 08:26Comments(0)レディース

2018年06月12日

【TOP選手ブログリレー】担当 レディース#5 菅原 明香

こんにちは!
つくばFCレディース#5の菅原明香です!
今回ブログを担当します晴れ

つくばに住んで9年目になりました。
こっちに来たときはまだピチピチできゃぴきゃぴの18歳だった私も
今となっては、仕事中に夕飯の献立を考える26歳になりました。

オフはなるべく一人で過ごしたい派の私ですが、
この前、久しぶりにチームメイトとパーティーをしました。

ある日の練習後に、
「はるかさんのシチューすごくおいしいんですよ!」
けいちゃん(#9)の神の一声から、
三十路のせんちゃん(#34)と野外マスターのみお(#24)と
カレーシチュー会を開催しました。

会の名前からお察しされたかと思いますが、
シチューだけでは満足できない私たちはカレーも食べたいと思い立ってしまい、
野菜カレーと鮭シチューを作ることにしました。

三十路とほぼ三十路の大食い選手権ではメンバー外の二人がいるにも関わらず、
なぜかカレーもシチューもどちらも8人前、サラダはたぶん6人前。
いざ食卓に並べた時には絶望しか感じませんでしたが、
たまにはこんな無謀なチャレンジも悪くない。



食べる前は楽しそうな顔をしていますね。
楽しい会になるはずだったカレーシチュー会は、いつの間にかただの食いトレの時間に。
満腹感と戦いながらも、若手が頑張ってくれたおかげでなんとか完食しましたグルメ



カレーシチュータイムでは、全くもって戦えなかった三十路も
スイカが出てくると、写真を撮る数秒ですら我慢できず、がぶりついていました。

次はパスタとうどんの会をしようねと、性懲りもなくまた炭水化物パーティーを企画しています。
楽しみです!

次回のブログもお楽しみに(^_^)

≪試合情報≫
6/17(日)11:00キックオフ
vs ノルディーア北海道
@札幌厚別公園競技場  
Posted by つくばFC at 16:42Comments(0)

2018年06月12日

【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第10節 マッチレポート

6月10日に行われた試合結果を報告させていただきます。

現在最下位のつくばFCレディースは、5位である常盤木学園高校との対戦となりました。

試合開始直後、#15水島からのスルーパスに抜け出した#19武田がフリーでシュートを放つも、GKにセーブされます。その後は互いにボールを保持できない時間が続きますが、前半12分、ハーフライン付近からのロングボールに対応する事ができず、相手FWに前を向かれてしまい、そのままシュートをゴール右隅に決められてしまいます。

しかし、前半16分でした。右サイドから中央へ流れていた#10豊嶋が、さらに左へ流れてコーナーアーク付近でスローインを受けると、そのまま反転して左サイドのゴールライン際をドリブルで突破し、ニアサイドに強烈なシュートを打ち込んで同点に追いつきます。

落ち着きを取り戻したつくばは、3バックである常盤木の背後を狙い、サイドから相手ゴールに何度も迫り、相手陣地でプレーする時間が増えていきますが、得点する事ができずにハーフタイムを迎えます。

後半開始直後、またもロングボールの処理を誤り、常盤木がボールを保持してドリブルを開始し、陣形が崩れた逆サイドへ展開します。左ペナルティーエリア内から放たれたシュートは、ニア上に突き刺さり、再度リードを許してしまいます。

なんとか踏みとどまりたいつくばでしたが、後半8分、相手のパスをカットし切れず、こぼれ球を回収されると、スルーパスを通され、GKとの1対1の状況に。#21中橋が懸命にシュートをブロックしますが、シュートは#21中橋の手を弾いてゴールに突き刺さりました。

流れを変えたいつくばは、後半15分、選手交代と同時にシステム変更を行います。ミドルサードでのボール保持が安定したつくばは、より相手DFラインの背後のスペースへの攻撃を強めていきます。

後半28分、獲得したCKのチャンスに、#3遠藤がヘディングで難しい角度からゴールへと流し込み、1点差に詰め寄ります。その後、互いに決定機を何度か作りますが、両チーム共粘り強い守備を見せ、2-3で試合は終了しました。

改善は見られるも、勝ち切れない試合が続いています。2勝目に向けて、さらにトレーニングを積み重ねていきます。





◆2018プレナスチャレンジリーグEAST 第10節
【日時】6/10(日)11:00キックオフ
【対戦】常盤木学園高校
【会場】松島フットボールセンター PITCH1
前半1-1 
後半1-2
合計2-3

<スターティングメンバー>
[GK] #1中橋 [DF] #2大木、#3遠藤、#8衣奈、#16藤原
[MF] #30宮下、#7原島、#15水島、#10豊嶋
[FW] #13菊地、#19武田

<サブメンバー>
[DF] #6三間、#23川原
[MF] #11井上
[FW] #14亀井、#37濱垣

(次節公式戦情報)
6/17(日)
2018プレナスチャレンジリーグEAST 第11節
vs ノルディーア北海道
12時K.O@札幌厚別公園競技場  
タグ :レディース

Posted by つくばFC at 03:54Comments(0)レディース

2018年06月06日

【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第9節 マッチレポート

6月3日に行われた試合結果を報告させていただきます。

現在最下位のつくばFCレディースは、4位である大和シルフィードとの対戦となりました。

互いに同じ陣形で構える両チームでしたが、つくばがボールを保持しながら相手陣地へと押し込み、隙を見てカウンターを仕掛ける大和という様相をみせます。

再三、アタッキングサードまでボールを運ぶことに成功していたつくばは、前半35分、#13菊地が右サイドで起点を作ると#15水島が左サイドへ展開します。オーバーラップした#2大木がクロスをあげますが、これは大和が跳ね返します。#7原島がボールを回収し、#16藤原が背後に浮き玉のスルーパスを出すと、ボールを受けた#13菊地はこれを絶妙にコントロールし、シュートを放ちます。このシュートが相手DFの手に当たったかと思われましたが、ハンドの判定にはなりませんでした。

前半終了間際にも決定機を迎えます。コーナーキックのこぼれ球を#16藤原がダイレクトで中央へ、相手DFの間を抜けたボールは#15水島の足元へ収まります。GKとの1vs1の場面でしたが、これを決め切ることができずに、ハーフタイムを迎えます。

後半もボールを保持するつくばは、後半6分、#10豊嶋が右サイドから中央へドリブルを仕掛け、左サイドの#11井上へパスを送ります。左サイドのペナルティーエリアからドリブルを仕掛け、中央の#13菊地へ絶妙なスルーパスが通りますが、シュートはゴール左へと逸れてしまいます。

後半15分、左サイドから右サイドへのボールを受けた#3遠藤から#13菊地へとスルーパスが通り、右サイド深くからクロスが上がります。#19武田がこれをうまく収め、背後から走り込んで来た#7原島がダイレクトでシュートを放つも、またもや枠を捉えることができません。

後半34分、ゴールキックを回収されるとボールは左サイドへ。このクロスをニアで合わせられ、失点を許してしまいます。その直後、またもや#10豊嶋が右サイドから中央へドリブルを仕掛け、中央で#19武田がボールを受けると、左サイドでフリーで待つ#30宮下へ。しかし、#30宮下のシュートはGKにセーブされてしまいます。その後、試合終了まで、諦めることなくゴールへ迫りましたが、得点には至りませんでした。

意図通りの展開に持ち込むことには成功しましたが、決定機で得点することができませんでした。さらに一つ一つのアクションの質を上げて、2勝目をあげられるよう取り組んでいきます。







◆2018プレナスチャレンジリーグEAST 第9節
【日時】6/3(日)17:00キックオフ
【対戦】常盤木学園高校
【会場】セキショウ・チャレンジスタジアム
前半0-0 
後半0-1
合計0-1

<スターティングメンバー>
[GK] #1中橋 [DF] #2大木、#3遠藤、#8衣奈、#16藤原
[MF] #11井上、#7原島、#15水島、#10豊嶋
[FW] #13菊地、#19武田

<サブメンバー>
[DF] #23川原
[MF] #30宮下
[FW] #14亀井、#37濱垣、#38坂本

(次節公式戦情報)
6/10(日)
2018プレナスチャレンジリーグEAST 第10節
vs 常盤木学園高校
11時K.O@松島フットボールパーク PITCH1  
タグ :レディース

Posted by つくばFC at 13:28Comments(0)レディース

2018年06月05日

【TOP選手ブログリレー】担当 ジョイフル#6 深澤 裕輝

こんにちは!
ジョイフル本田つくばFC 背番号6番
深澤裕輝がブログを担当します。


チームが県1部リーグに所属していた2012年に加入して以来、在籍7シーズン目を迎えます。
ここに加入した当初は、平日夜に練習で、10人参加すればいい方、ゲーム形式でプレーできるのは試合だけ、というのが当たり前でしたが、
今や関東1部リーグの舞台で多くのファン、サポーターの声援・支援を背に、有料試合まで開催するような環境になりました。
クラブの今年のテーマが「変化」だそうなので、今日まで大きな変化があったことをいくつか書いていこうと思います。

・先にも書いた通り、所属カテゴリが県1部→関東1部になりました。地域リーグでの競争も年々激しくなるなか、JFL昇格は一筋縄ではいかないミッションだと思います。
・ホームであるセキショウチャレンジスタジアムでの試合が有料開催になりました。試合内容や結果はもちろん、その他諸々「チームを見る目」は厳しくなったと思います。
・ユニホームが3回モデルチェンジ(mizuno→adidas→NB→NB)しました。今まで着用していたものは学園リーグやユース、ネクストチームで利用されているようです。
・所属メンバーは大きく変わりました。当初は筑波大学の大学院生がメインでしたが、全国各地から"上を目指す"サッカー選手が数多く集まるようになりました。
・午前練習になり、フルピッチの人工芝でプレーできるようになりました。夜練習時に使用していたつくばFC万博グラウンドはサイズが規定より小さく、人工芝なんですが凹凸が多く地面が硬いので大人がプレーするには少し難しい環境でした。
・イオンモールつくばにフットサル場併設のクラブハウスができました。機会があればイオンでの買い物や食事のついでに見に来てみてください。
・チームを応援していただける人が格段に増えました。本当にありがとうございます!
パッと思いつく限りでもこれだけあり、探せば他にも沢山あると思いますが、それはまた別の機会にします。

個人的な事で言えば、30歳になり、結婚して家族も増えました。「自分の子どもと一緒に選手入場する」という夢が1つ叶いました。
また今シーズンの天皇杯予選で、初めて母校である筑波大学のトップチームと公式戦で対戦しました。写真はその試合終了後のものです。



2018シーズンの関東リーグも3分の1が終了し、リーグ戦の中断期間を迎えました。
優勝争いをしているとは胸を張って言いづらい現状ではありますが、今シーズンの目標を達成するために、最後まで全力でプレーし続けますので、応援よろしくお願いします!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。次回担当選手のブログもお楽しみに!  
Posted by つくばFC at 16:24Comments(0)

2018年05月31日

【レディース】2018プレナスチャレンジリーグ第8節 マッチレポート

5月27日に行われた試合結果を報告させていただきます。

前節、ホームで勝ち星を逃したつくばFCは、アウェイで新潟医療福祉大学との対戦となりました。

前回の対決では、試合終了間際に失点を許して敗戦しましたが、今節は幸先よく先制することに成功します。

前半10分、#3遠藤が相手のロングボールを跳ね返すとそのボールを#7原島が収めます。右サイドへと展開されたボールは、#16藤原から#10豊嶋に渡ります。スピードに乗った#10豊嶋は相手陣地深くに侵入し、ゴール前へクロスを配給。#14亀井がこれをゴールへ叩き込み、得点します!

その後もボールを保持し、優位に立ち回りますが、前半35分に左サイドでボールを奪われると、そのまま同サイドの深い位置までの侵入を許してしまいます。上げられたクロスボールは、ファーサイドの待ち構えた新潟選手に渡り、逆サイドのサイドネットにヘディングシュートを決められてしまいます。

なんとか持ち直したいところでしたが、前半45分に自陣でボールを奪われ、相手の放ったミドルシュートは#21中橋の頭上を超えるスーパーゴールに。失意の中ハーフタイムを迎えます。

後半、もう一度ボールを保持してゴールへ向かうも意図が合わず、苦しい展開に。それでもつくばはゴールへ向かう意志を見せ、決定機を何度か作りますが決めきることができません。疲労もピークに達していた後半36分、ボールロストから堪らず反則を犯してしまいます。そのフリーキックは綺麗な弧を描きゴール左隅へ。止めを刺される結果となりました。

毎試合の熱い応援、本当にありがとうございます。選手・スタッフ一同の大きな支えになっております。待望の先制点を挙げながら勝ちきれなかったことは残念でしたが、切り替えて勝利に向けて準備をしていきます。引き続き、応援をよろしくお願いいたします。





◆2018プレナスチャレンジリーグEAST 第8節
【日時】5/27(日)16:00キックオフ
【対戦】新潟医療福祉大学
【会場】新発田市五十公野公園陸上競技場
前半1-2 
後半0-1
合計1-3

<スターティングメンバー>
[GK] #1中橋 [DF] #2大木、#3遠藤、#8衣奈、#16藤原
[MF] #30宮下、#7原島、#15水島、#10豊嶋
[FW] #13菊地、#14亀井

<サブメンバー>
[DF] #23川原、#32三浦
[MF] #11井上、#33菊池

(次節公式戦情報)
6/3(日)
2018プレナスチャレンジリーグEAST 第9節
vs 大和シルフィード
17時K.O@セキショウ・チャレンジスタジアム  
Posted by つくばFC at 10:37Comments(0)レディース

2018年05月30日

【TOP選手ブログリレー】担当 レディース#4 藤井志保

こんにちは。
今回ブログを担当します、つくばFCレディース#4藤井志保です。
私はつくばFCで広報の仕事をさせていただきながら選手として活動しています。
このブログリレー、実は、「あったら嬉しいな!」とサポータさんからアドバイスをいただき、スタートしました!
毎週楽しみにしてくれていると嬉しいです♪

今回私は、自分の「楽しみ」について話したいと思います!
私の楽しみは、「サッカー観戦」です。



時間のある日に、ゆったり過ごしながら録画したサッカーを観るのが幸せです!

午後オフの日は、外に出て、サッカー観戦!



この日はなでしこ2部の試合を見に行きました。
元チームメイトが各チームに所属しており、がんばっている姿を見て刺激を受けました。
(やっぱり自分たちより上のリーグの試合は勉強になります!)

サッカー観戦は、良いイメージを持てたり、こんなプレーしたい!とワクワクしたり、
そんな瞬間があって楽しいです!



また、サッカーで出会えたチームメイトと過ごす時間は本当に幸せな時間だと思います!
(写真は2017シーズンまでつくばFC所属の魂のストライカー牛玖真保です!)

チャレンジリーグの他チームにも、元チームメイトがたくさん所属しています。
対戦相手としてまた一緒に戦えることはすごく嬉しいです。

今週末はホーム戦!
昨シーズンつくばFCで神セーブを連発してくれたGKまりりんを擁する大和シルフィードとの対戦です。
対戦は楽しみですがもちろん負けられません!サポーターの皆さま、ぜひ会場で応援よろしくお願いします!!

≪試合情報≫
6/3(日)17:00キックオフ
vs 大和シルフィード
@セキショウチャレンジスタジアム

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!
次回はジョイフル#6深さんです!お楽しみに!  
Posted by つくばFC at 15:34Comments(0)