2018年03月13日

【TOP選手ブログリレー】担当 #2井上玄太

今週から選手によるブログリレーが始まります!

栄えある第1回目を担当します、ジョイフル本田つくばFC、背番号2番の井上玄太です!
まず最初に簡単にプロフィールを紹介します(^^)

1991年8月2日生まれ、獅子座のB型、ポジションはサイドバックで、今年からキャプテンを務めさせてもらうことになりました!
好きな食べ物はラーメンで、よくラーメン屋巡りをするくらい好きです(≧∀≦)

好きなタイプは昔から宮崎あおいですが、最近広瀬すずという台風に巻き込まれている最中です(〃ω〃)

目立ちたがりな性格で、ACCSの番組やラジオを聴いてくださっている方ならご存知だと思いますが、加入初年度の一昨年から動画やラジオに出まくっています(笑)

今年はラジオ内の『ピッチdeラヂオ』というコーナーのDJもさせてもらっているので、よかったら聴いてみてください!(宣伝じゃないですよ?)

まだまだ知って欲しいところがたくさんあるのですが、チームのグッズで販売される「イヤーブック」に各選手のプロフィールが載っているので、よかったら買って見てください!(営業じゃないですよ?)

先程、好きな食べ物はラーメンとサッカー選手らしからぬ発言をしましたが、ちゃんとオフの日に行ったりとか、試合の前日は避けたりとかはしてるので安心してください!(焦ってないですよ?)


※写真は大学時代

そしてつくばはラーメン屋がたくさんあるので、結構いろんな店に行ってますヽ(´▽`)/

吾妻にある某店や


天久保にある某店や


上横場にある某店などなど



僕のiPhoneのデータフォルダはラーメンの画像ばっかりです(笑)
まだまだ美味しいラーメン屋をたくさん見つけたいと思いますので、よかったら教えてください!(自分で見つける気もありますよ?)

そして、
今月21日にプレシーズンマッチ、28日に天皇杯予選初戦
来月1日には関東リーグ開幕と大事な試合が次々と開催されます。
よかったらぜひ会場に足を運んで応援してください!(最後の最後にキャプテン面してるわけではないですよ?)

皆さんの応援が確実に僕達の力になります!!
応援よろしくお願いします!

長々と最後まで読んで頂きありがとうございました(^з^)-☆
次は誰が担当するでしょうか?(´⊙ω⊙`)

次回もお楽しみ!!(*´ω`*)/ bye-bye!!  
Posted by つくばFC at 10:36Comments(0)ジョイフル

2018年03月11日

【ガールズ】男子チーム4連戦

つくばFCガールズコーチの飯塚です。
3月に入って暖かい日が少しずつ増え、花粉症の人にはつらい季節となりました。

僕も毎日目がかゆいですが、何とか気合で乗りきっています。


さて、先日このブログで報告した通り、2月に全国大会(びわ湖カップ)を戦ったつくばFCガールズは、今シーズンの公式戦、全日程を終えました。
6年生にとっては小学校最後、集大成の活動となりました。

総合9位という結果を残しましたが、充実感と悔しさが半々くらいかなと思います。
僕自身、選手たちの頑張りを誇らしく思うともに、まだまだ活躍の場を与えてあげたいという気持ちが、心の中に残っていたことは確かです。






しかし、全国大会に出場したことの反響は大きかったようで、





嬉しいことに、近くの少年団からいくつか練習試合のオファーをいただきました。




もちろん快諾。



トレセンや少年団の活動で不参加の選手もいたのは残念ですが、

チームとしての活動期間が少しだけ延長されることになりました。





ということで、3月に追加で男子チームとの試合を組むことにしました。2週連続です。




まずは3月4日に桜FCさんと。15分ハーフをがっつり4試合。








全日少の県大会に出場しているだけあってやはり一筋縄ではいかず、最初の2試合は大量失点を喫し、敗れました…。




しかし徐々に相手のスピードやグラウンドに慣れてくると、6年生を中心に、テンポの良いパス回しから決定的なチャンスを数多くつくることができました。

試合経験が浅い4・5年生の選手たちも、上級生相手に奮闘していました。



トータルスコアは大差での敗戦となりましたが、確かな手ごたえをつかむことのできた試合となりました。










そして翌週は乙戸小学校にて乙戸SCさん、FC谷井田さん、MINORI FCさんにチャレンジ。

20分ハーフを1試合ずつ行いました。

結果は順に1-3、0-4、2-5となり、3戦3敗となりました。






結果だけ見れば赤点ですが、必ずしも全てが悪かったわけではありませんでした。

一番よくなかったのは最初の谷井田戦。
3バックでビルドアップする相手に対してサイドハーフが引いてしまい、ファーストDFが全くかからず、相手のやりたいようにやられてしまいました。


その結果前半で3失点。
しかし後半は高い位置から連動してプレッシャーをかけることができ、五分五分の勝負に。
後半は良い試合ができただけに、前半がもったいなく感じてしまいました。


続く乙戸SC戦では、立ち上がりからファーストDFがある程度定まり、前線から奪いに行くことができました。
さらにボールを奪った時にサイドハーフが高い位置にいるので、裏を効果的に狙い、チャンスを多く作ります。

内容は谷井田戦よりも良くなったと思います。

しかしビルドアップのミスやカウンターから、こちらも前半で3失点。
1点を返しましたが、敗戦となりました。



MINORI戦ではお互いに疲れが見え、中盤が広く空いたオープンな展開となります。

お互いカウンターからシュートシーンを作り出す形が多くなりましたが、決定力は相手のほうが上で、結果は2-5。
一時1点差まで詰め寄りましたが、敗戦となりました。





結果。


4戦全敗。





男子チームとの試合を通して感じたことが2つあります。






1つ目はごまかしがきかないこと。





例えば守備の時。

マークのポジショニングがずれていると、簡単に裏を取られます。

そこに高い確率で良いパスが来ます。シュートが確実に決まります。



Yリーグではスタートが遅れても追いつけたり、相手がシュートを外してくれたりするかもしれません。

でもレベルが上がればそうはいかない。

今までなあなあでやっていた部分が、ハッキリと浮き彫りになりました。












2つ目。

自分から主体的に行動することの大切さ。








ただ待っていてもパスは来ません。
目の前の相手にパスが出てから奪いに行っても遅いんです。


先に動いて、要求して、自分にパスを出させる。
予測して、パスが蹴られる瞬間にはインターセプトを狙う。






空気を読んでしまう女子ならでは、なのでしょうか。
自分だけが浮くのを少し恐れてしまっているのかもしれませんね。

男子のほうが単純で、難しいことは考えていないということもあるでしょう(笑)。



もちろん女子選手のほうが優れている面もたくさんあります。
簡単には両立できないのが歯がゆいところですね。





男子だから、女子だからという言い方は好きではありません。

でも、サッカー選手として、今回対戦した4チームの選手たちに劣っていたことは、おそらく事実です。




悔しいですが。








リアクションからアクションへ。
良い意味で雰囲気を壊せる選手に。







来年度の課題です。
引き続き取り組んでまいります。





とはいえ、みんな4月からの1年間でとても成長したと思います。


上手くなったからこそ、全国大会で戦えたわけですし、


上手くなったからこそ、毎試合課題が見えるわけです。






とても勉強になった2日間でした。





試合をしていただいた少年団の皆さん、ありがとうございました!

ガールズのみんなもお疲れ様でした!




追伸:
全国大会終了後、保護者の方の計らいで、選手、コーチ、保護者の方によるお食事会を開いていただきました。
おかげさまで、とても楽しい時間を過ごすことができました(会の間は終始だらしない顔になっていたので、写真は割愛します)。
素敵な贈り物もいただき、花粉症の僕にとっては、目が充血してつらかったです。

この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。  
Posted by つくばFC at 22:08Comments(0)ガールズ

2018年02月24日

【ガールズ】第7回びわ湖カップなでしこサッカー大会U-12 マッチレポート

つくばFCガールズ、コーチの飯塚です。
先日、今年度の集大成として、びわ湖カップなでしこサッカー大会U-12に参加してきました!
位置づけとしては女子小学生年代の全国大会になります。JFA非公認ではありますが、まぎれもなく日本一の少女チームを決める戦いです!

かつては福島県Jヴィレッジにて行われていましたが、2012年より滋賀県野洲市にある希望が丘文化公園で開催されています。

そもそも今大会の出場権を得ることができたのは、8月に行われた8都県少女サッカーフェスティバルでブロック優勝を果たしたためです。
数ある茨城や関東の強豪チームの中で見事結果を残し、つかみ取りました!詳細は過去のブログをご覧ください!
多くの方々の支えがあってここまで来れたことに、ただただ感謝です。




ということで、2月16日~18日までの2泊3日、遠路はるばる滋賀県まで行ってきました。大会自体は17・18日の2日間でしたが、今回は遠方ということもあり、学校を公認欠席扱いにしてもらい、前日入りしました。
おそらくガールズの遠征としては、最長の移動距離だったと思います。

初日の観光も含め、ご報告をさせて頂こうかと思います。
今回も長文ですので、煩わしい方は結果のみご覧ください(笑)。

1日目

まず初日、朝の6:30につくば駅近くに集合し、つくば駅にて高速バスに乗車しました。
さすがに眠いだろうと思いきやみんな元気いっぱいで、早朝の静かな駅に笑い声が響き渡っていました。

平日の朝で渋滞が心配されましたが、特に大きな遅れもなく東京駅に着くことができました。
その後1時間ほど駅前の空いているところで待機し、新幹線に乗車。待機している時間もとても楽しそうでした。

大きい荷物を持っての移動に苦心している選手たちでしたが、遅れることなく無事全員が乗車できたので、コーチ陣は一安心。
2時間ほどかけて、滋賀県米原駅にたどり着きました。

そこからはレンタカー2台に分かれ、車で滋賀県内を移動しました。
前日練習を行うかどうか迷っていましたが、せっかくの機会なのでサッカー以外のことも楽しんでもらおうと少し観光をすることにしました。

とはいえ何か所も周るほどの時間はなかったので、彦根城→びわ湖→試合会場の下見、という順序で観光をしました。

彦根城ではあのひこにゃんとご対面!しかし触れ合うことができず遠くから眺めているだけだったので、子どもたちはいささか物足りなく感じているようでした(笑)。

彦根城の次はびわ湖沿いをドライブし、景色のよさそうなところで水遊びや記念撮影をしました。
昔母国の川で遊んだ経験を活かし、水切り競争では僕が1位でした。




ちなみにみんなが遊んでいる中、林コーチは1人で「押すなよ!絶対押すなよ!」と言いながら湖に突き落としてほしそうにしていたので、気にせず放っておきました。

そして最後は試合会場の下見をし(閉園時間ギリギリについたので、5分ほどしかいられませんでしたが…笑)、グラウンドの状態を確認しました。大会ののぼりや前日練習をしていた他のチームを見て、何人かの選手はこの時点ですでに緊張していたようです。

しかし前日に会場の雰囲気を確認できたことで、本番はそれほど緊張しないですんだのではないかと、今になって感じています。

その後一行は宿舎に向かいました。
宿泊場所は会場から車で20分ほどの場所にある旅館「八幡屋」さん。料亭も併設されており、ご飯が最高においしかったです。
しかし子どもたちの舌にはまだ早かったようで、完食できている子は3、4人でした。

50分ほどかけた食事を終え、入浴を済ませた後、全員でミーティングを行いました。
何を話すか迷いましたが、翌日の状況をイメージし、想定できる「最悪の状況」をプリントに書きだしてもらいました。

初めて尽くしの大会において、何が起きてもおかしくはない。最悪なことも起こりうる。そのことを頭に入れて、何が起きても動じないメンタルでいてほしかったので、このような内容にしました。
選手たちは戸惑っていたようでしたが、理由を話すと納得してくれました。

ミーティング後は、移動疲れも考慮し早めに就寝しました。

2日目

次の日選手たちは遅れなく起床しました。
今年3回目の合宿だけあって、生活面はだいぶ良くなってきたように思います。
散歩、朝食ののち、車で会場に向かいました。

と、ここまで前置きが長くなりましたが、無事会場につき、試合を迎えることができました。
試合結果や内容よりも、無事第1試合のキックオフを迎えられたことにホッとしました。

しかしそんな安心もつかの間、いきなり初戦で全国大会の洗礼を浴びることになりました!
初日の試合結果は以下の通りです。




予選リーグ結果

予選リーグ(1日目)
vs北摂ガールズ(兵庫) ●2-3
vs菅田パンサーズ(愛媛) ○2-0
vs益城ルネサンス熊本FCジュニア(熊本) ○4-2

2勝1敗、勝ち点6でグループ2位となりました。
初戦の北摂ガールズ戦、緊張に加え試合前のメンバーチェックでウォーミングアップが短かったこともあり、最初の5分は選手たちの体が非常に重く見えました。
ただしそれは相手も一緒で、押し込まれながらも、幸先よく2点を先制することに成功します。そこからはリラックスできたのか、動きがだいぶ良くなりました。前半を折り返し、何人かの選手はホッとしたのか笑顔も見られました。
僕自身も、優勝候補相手にこれだけの戦いができていることで、確かな手ごたえと自信を感じていました。

しかし!!
このまま終わらせてくれるほど甘くはありませんでした。

相手も目が覚めたのか、立ち上がりからプレーのスピードを上げ、つくばFCゴールに襲い掛かってきました。
それと同時に、先程までの晴天が一転し、吹雪に…。
不穏な空気が漂い始めます。

選手たちは何とか相手の猛攻に耐えていましたが、後半残り5分で失点。そこからダムは決壊し、相手のエースFWと右サイドハーフの選手の連係から、計3失点を食らいました。
スピード、パワー、テクニック。全ての質が高く、気が付いたら3失点という感じでした…。

振り返れば、コーチの自分に気のゆるみがあったかもしれません。ハーフタイムの時点で、1失点目の時点で、何かしら修正できたのではないかと思うと、非常に悔しく思います。
しかし相手チームのレベルは高さは本物で、悔しさとともに、それほどの大舞台に来ているんだというわくわく感も覚えました。
選手たちも不思議と後悔している感じはなく、チームとして、次の試合に向けて切り替えができたことは、良かったのではないかと思います。





2試合目、3試合目もレベルの高い相手が続きましたが、全選手が果敢にチャレンジし、勝利を収めることができました。
グループ2位ということで優勝の可能性はなくなってしましましたが、明日は2位トーナメントを優勝しようと、チームで意思統一をし、宿に帰りました。

2日目の夜も、選手全員でミーティングを行いました。
今年度最後のミーティングということで、サッカー選手として自分はどうなりたいか、ということをノートに書いてもらいました。
あいまいな言葉ではなく、できるだけ具体的に書くように伝えました。

そのうえで、サッカー選手の寿命には限りがあるという話をしました。
私を含め、帯同したコーチ3人はすでにサッカー選手を引退しています。

何歳まででもプレーができるわけではなく、今サッカーに取り組んでいる時間は貴重だということ。恐らく大半の人は、過去を振り返って後悔しているでしょう。少なくとも僕自身は、小学生時代にもっとできることがあったと後悔しています。彼女たちには、今与えられているこの貴重な時間を有意義に使ってほしいと、強く願います。

そしてこの経験が選手たちの将来に生きていくよう、少しでも貢献したいと思い、床に就きました。

3日目
次の日も遅れなく、会場に到着することができました。
この日も選手たちは終始リラックスしているようでした。

トーナメント戦の結果は以下の通りです。

トーナメント結果

2位トーナメント
1回戦 vs北上F.C.Jr(京都) ○1-0
準決勝 vs紫香楽SCレディース(滋賀) ○1-0
決勝 vs空知FCガールズ(北海道) ○2-0

※2位トーナメント優勝、32チーム中9位

2位トーナメントで優勝することができました!
どの試合も接戦となりましたが、チーム一丸となって無失点に抑えられたのが良かったです。
みんなで声をかけ合いながら、雰囲気良く、闘うことができました。

1回戦の北上FC戦は、押されながらも後半残り10秒でロングスローからのゴールが決まり、劇的勝利。
しかしボールを丁寧につないでくるサッカーに苦戦しました。結果こそ勝利でしたが、とても勉強になりました。

それで勢いに乗ったのか、準決勝、決勝と、非常に良い戦いができました。紫香楽さん、空知さんとも技術の高いチームでしたが、球際の部分でうちが勝り、勝つことができたと思います。
普段全員が集まっての練習がなかなかできない状況で、最後の最後にチームとしての一体感を強く感じることができました。試合を通してチームが成長する瞬間を、この目に焼き付けることができました。

目標としていた3位以上(昨年度出場した東小沢バンビーナさんの成績である4位越え)には届きませんでした。
しかし、人生の中でそう多くない全国大会という場で、選手たちの100%を見ることができました。

ちなみに今回は遠方での開催ということで、今まで長く試合に参加していた選手から優先に、人数を11名に絞っての参戦となりました。
来られない選手の気持ちも背負って、11名全員が必死に戦ってくれました。
そんな選手たちを誇りに思います。

6年生はこの大会が小学校最後の公式戦となります。
サッカーを続ける、続けないにかかわらず、選手たちの将来においてこの経験はきっと役に立つし、かけがえのないものとなるはずです。

この3日間で感じたことのすべてを、忘れないで、ずっと覚えていてほしいと思います。
サッカー以外のみんなで過ごした時間も含め、全部が貴重な財産です。
閉会式後の彼女たちの晴れやかな顔を見て、心からうらやましく感じました。

そんなことを、ひとり寂しく帰りの新幹線の中で考えていました(レンタカーの返却手続きで時間がかかり、子どもたちと同じ便に乗り遅れてしまいました…笑)。








4・5年生は来年同じ舞台に立てるよう、また日々の練習から頑張っていきましょう!
6年生は本当にお疲れ様でした!

遠くまで応援に来ていただいた保護者の皆様、大会を運営して頂いたスタッフの皆様、本当にありがとうございました!


☆保護者の方が作ってくださった、「Yリーグ優勝記念Tシャツ」を着て、閉会式に出席しました!

※詳細な結果につきましては、下記の希望が丘文化公園HPより、ご確認ください。
http://www.kiboupark-shiga.or.jp/topics/result/16965.html  
Posted by つくばFC at 01:41Comments(0)ガールズ

2018年02月03日

【ガールズ】武者修行練習試合 マッチレポート

つくばFCガールズコーチの飯塚です。

先月のリーグ戦では首位決戦を制し、念願のYリーグ初優勝を飾ることができました。
まだまだ喜びにひたっていたいところではありますが、2月17・18日には全国大会がやってきます。
しかし関東大会を通じ、全国で闘うにはまだまだレベルアップする必要があることを痛感しました。

ということで1月下旬から2月上旬にかけて、公式戦参加選手を対象に3週連続でチーム活動を行いました!
練習を1回はさみ、「武者修行」として格上との練習試合を2戦。選手たちにとって、勝負の3日間となりました。

1月20日 練習試合 vsつくばFCレディースユース(15分ハーフ3試合)
1月28日 特別練習&紅白戦
2月3日 練習試合 vs手代木SC(15分ハーフ4試合)

今年度、公式戦以外ではチームとして活動する時間がなかなか取れなかったので、この期間にまとめて機会を設けました。



1月20日の試合ではガールズのお姉さんカテゴリーであるつくばFCレディースユースに胸を借りました。
当初は中学1・2年生が相手をしてくれる予定でしたが、中学3年生や高校生も数名出てきてくれました。
芝が濡れた中でのナイトゲームということもあって、かなり相手のスピードに圧倒されましたが、それでも前線からプレッシャーをかけ、連動してボールを奪うシーンを何度も作ることが出来ました。
スコア的には大敗となりましたが、多くの失敗や成功から選手たちは多くのことを学んでくれたと思います。


28日には練習を行いました。
普段は別々の曜日に練習をしているのでみんなで集まって練習をするのは今年度初めてのことでした。
レディースユースとの対戦を踏まえ、特に攻撃面に課題が残ったので、「ビルドアップ(攻撃の組立て)」をテーマに設定し、トレーニング&紅白戦。
難しいテーマでしたが、みんな一生懸命に取り組んでくれました。
上手くいかない場面も多かったですが、試行錯誤しながら掴んでいってほしいと思います!





そして2月3日には男子の少年団と練習試合を行いました。
県大会にも出場している強豪チーム相手でしたが、6年生チームは相手を圧倒する場面も多くありました!得点こそ1点しか奪えませんでしたが、内容は確実に良くなってきていると感じます(もちろんそれを結果に繋げることが必要ではありますが…)。
ただし低い位置で奪われての失点などが目立ったので、そこは改善が必要な部分です。

3・4・5年生チームは体格差もあり攻め込まれる時間が長かったですが、試合の合間のミーティングでは自分たちで反省点を話し合っていました。ただしピッチの中に入るとパスをもらう声や味方への要求が無くなってしまうことが今後の課題です。声を出す選手も限られているので、全員で盛り上げられるようになると良いかなと思います。



この3日間の出来は、60点といったところでしょうか。及第点ですが、まだまだ伸びしろはあると感じました。
大切なのはトライ&エラー。失敗を恐れず多くのチャレンジをしてほしいと思います。
周りの人の言いなりではなく、自分で考え、主体的に動ける選手に!

今後選手たちがどのように取り組んでいくか、引き続き見守っていきたいと思います!  
Posted by つくばFC at 23:24Comments(0)ガールズ

2018年01月14日

【ガールズ】Yリーグ最終節 マッチレポート

つくばFCガールズ、コーチの飯塚です。
1月13日、那珂川河川敷グラウンドにて、薬剤師会検査センターカップ第13回茨城県少女サッカーリーグ(通称:Yリーグ)の最終節が行われました。

2試合を残し、つくばFCガールズは勝ち点45の2位。
首位KASHIMA-LSCは勝ち点46と、その差はわずか1という状況です。
逆転優勝の可能性を残し、非常に高いモチベーションでこの日の2試合に臨みました。

そしてなんとこの日の対戦相手は古河なでしこFCさんとKASHIMA-LSCさん。
アスリードカップで今季初黒星を喫した古河さんとリーグ首位のKASHIMAさんという、はかったかのような巡りあわせでした。
そしてリベンジに燃えた選手たちが、期待通り躍動してくれました。



さあ、結果はどうだったのでしょうか…?
スコアは以下の通りです。

第1試合 vs古河なでしこFC
〇5-0(5-0,0-0)

第2試合 vsKASHIMA-LSC
〇4-0(1-0,3-0)


第1試合、相手は6年生が不在で下級生中心の構成でした。
こちらも後半は4・5年生のみで臨み、キャプテンマークを初めて5年生の選手が巻きました。
無得点に終わりましたが、6年生のいないピッチ上で全員が奮闘していました。これからに期待です!

第2試合は文字どおり優勝決定戦。勝った方が優勝という試合でしたが、プレッシャーに負けず、6年生を中心に今シーズンのベストゲームを見せてくれました。
特にオフェンスにおいて全員が連動し、要所でワンタッチパスやドリブルを挟みながら、迫力ある攻撃をすることができました。
最近口酸っぱく選手たちに伝えている、味方への「要求の声」も少しずつですが出るようになってきた感じがします。スコアほどの差はありませんでしたが、関東大会を経て、接戦をものにできるたくましさが身についてきたのかもしれません。

ということで最終節にして逆転を果たし、見事優勝することができました!
2年前は準優勝、昨年は3位と惜しくも手が届きませんでしたが、今年度第13回大会にして、初の優勝を成し遂げることができました!!




リーグ戦という継続的に真剣勝負を行う場があることで、選手たちはものすごいスピードで成長しています。
結果が得られたのはもちろん嬉しいことですが、それ以上にこの過程が、選手の将来にとって糧になることと思います。

茨城県少女部会の皆さま、薬剤師検査センター様はじめ、リーグ戦に携わっている皆様には心より御礼申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

そしてつくばFCガールズの戦いは2月のびわ湖カップ(全国大会)へと続いていきます。
茨城県の代表として活躍できるよう、さらに気を引き締めていきたいと思います。

引き続き、つくばFCガールズへのご声援、よろしくお願い致します。  
Posted by つくばFC at 22:52Comments(0)ガールズ

2017年12月27日

【ガールズ】第30回8都県少女サッカー大会 マッチレポート

つくばFCガールズコーチの飯塚です。
12月23日・24日の2日間、関東大会(第30回8都県少女サッカー大会)に出場してきました!
※長文のため、わずらわしい方は結果のみご覧ください(笑)。

先月のアスリードカップで3位となり、茨城県第3代表として臨みました。
今回は第30回という節目の大会であったため、例年より多い24チームが関東1都6県+山梨県から参戦をしました。
会場である埼玉県熊谷市までは全員で車移動し、1泊2日の合宿がスタートです!

初日の結果は以下の通りです。

・予選リーグ
vs南大沢FC(東京) ●1-3
vs武田消毒ジェイドFC(山梨) ◯4-0

※勝ち点3・得失点差+2でグループ1位


1試合目はエンジンがかかりきらず、先制点を取った後に3失点。丁寧にボールをつないでくる相手に対し、こちらはあわてて前にロングボールを蹴ってしまう場面が多かったです。ボールを持っていない選手のかかわりも少なかった印象です。
また、守備では1stディフェンス(最初に相手にプレッシャーをかける選手)が定まらず、フリーになった相手に縦パスをたくさん入れられてしまいました。
最初ということで硬さもあったかと思いますが、内容の改善が必要な試合となりました。





2試合目は首位通過のためには3点差以上の勝利が必要となる展開でしたが、前半の早い時間帯に2点を先制。それで落ち着いたのか、1試合目よりも冷静に周りを見られる選手が増え、しっかりボールを保持しながら攻撃することができました。周りの選手のかかわりも増えました。
また、1試合目の課題であった1stディフェンスもしっかり行けるようになり、それに合わせて2nd・3rdディフェンスが連動してボールを奪いに行けるようになりました。
後半にも得点を追加し、何とか首位通過を果たすことができました!
ひやひやしましたが、結果オーライです。

試合後は、車で宿泊先のホテルに向かいました。
早朝6時につくばを出発し、2試合をこなした選手はさすがに疲労困憊。
みんな車の中では爆睡していました。

というのはもちろん嘘で、しっかりと大声で騒いでいました(笑)。
(普段は静かな5年生も、元気いっぱいでした)

さて、ピッチの中だけでなくピッチ外でどう過ごすかが見られるのが合宿の良いところ。
サッカー選手としての真価が問われます。

夜は興奮しすぎてなかなか寝付けなかった選手もいたようですが、
8月の合宿よりも時間に遅れず行動できるようになっていたり、野菜嫌いな選手が野菜を食べられるようになっていたり、子どもたちの成長を肌で感じ取ることができました。

夜に行ったミーティングでは、守備の優先順位についての映像を見た後、試合の反省を各自プリントに記入し、みんなの前で発表しました。
自分は他チームの皆さんとの懇親会に参加していたため、ミーティングには参加できませんでした。
なのでみんなが書いたプリントだけ後で読ませてもらいましたが、練習でコーチに言われたことがしっかりと頭に入っている選手が多く、嬉しくなりました。
自分の長所・短所や試合を分析する力は、スポーツ選手にとってとても大切な能力だと思います。

コーチ陣も子どもに負けていられないなと、身が引き締まる思いで床につきました。


次の日は朝5時半に起床。曇りのため昨日よりも少し肌寒く感じましたが、みんな朝から元気いっぱいでした。
6時集合で田舎道を散歩したのち、ビュッフェ形式の朝食。
ここでも栄養バランス良く、メニューを選んでいる選手が多かったです。

無事朝食を済ませ、その後の荷造りや着替えもスムーズに行い、遅れなく出発することができました。


2日目は1位パートトーナメントに臨みます。
この時点で関東ベスト8。3連勝すれば優勝です。

はたして結果はどうだったのでしょうか?
トーナメント戦の結果は以下の通りです。

・1回戦
vs河内ジュベニール(栃木) ◯1-0

・準決勝
vs東小沢FCバンビーナネクスト(茨城) ●2-3

・3位決定戦
vsバディFC(東京) ●0-2

最終結果:24チーム中4位





準決勝、3位決定戦で敗れ、目標としていた優勝を果たすことはできませんでした。

1回戦、立ち上がりは相手の球際の強さに少し押され気味になりますが、徐々に慣れてくると、ボールを大事につないで落ち着いて攻めることができました。決勝点もサイドから丁寧にパスをつなぎ、最後はキャプテンがゴール右隅に流し込みました。守備でも全員が体を張り、ゴールを死守しました。接戦の末、何とか勝利をつかみ取ります。

そして準決勝では茨城対決が実現。
アスリードカップでは勝利をおさめた相手でしたが、緊張からか低い位置でのミスが続いてしまいました。失点はいずれもその形からカウンター。
ボールをつなぐということは、当然相手に奪われるリスクと隣り合わせということでもあります。
結果は悔しいですが、そういった怖さを選手たちが身をもって体感してくれたのではないでしょうか。

ということで決勝進出はならず、続く3位決定戦では名門バディFCと対戦。
決して名前負けするつもりはありませんでしたが、力の差を感じました。
とくに中心選手の判断の速さや技術の高さは、自分が少女サッカーに携わって2年弱の間で初めて見るものでした。
選手たちは相手の攻撃に粘り強く食らいついていましたが、守り切れず2失点。
攻撃でもペナルティエリアに侵入することがほとんどできず、敗戦となりました。

試合後、選手たちは感情をあらわにするというより、いろいろと考えを整理しているように見えました。
その後表彰式と記念撮影を終え、車で2時間半かけつくばに帰着。

僕は5年生が乗った車を運転しましたが、みんないろんな話をしていました。
普段の1時間半の練習では話せないことも、合宿だと話すことができます。長い時間いっしょに過ごすことで、チームメイトの新たな1面が見られることもあります。
この大会参加を通じて、自分も子どもたちのことを、少しだけ深く知ることができた気がします。


さて、つくばFCガールズは、最終的に24チーム中4位という成績で今大会を終えました。
表彰式でつくばFCの名前が呼ばれなかったのは、今年度初めてです。

選手たちはこの結果をどう感じたでしょうか?
強豪チームとの試合を通して何を感じたでしょうか?

優勝できなかったことは非常に悔しい。
時間が戻るなら巻き戻したい。そう思うかもしれません。

しかし大切なのは結果ではないと思います。
この大会で何を得て、何を学べたのかだと思います。

大会の中で成長した選手がたくさんいました。
驚くような好プレーもたくさんありました。
逆に改善が必要な部分もたくさんありました。
自分自身も指導者としての力不足を痛感しました。

関東大会というすばらしい舞台で3回も負けることができた。
これは本当に貴重な経験だと思います。

この経験を無駄にしないように。
それぞれが日常から変えていきましょう!

最後になりますが、チームをサポートしあたたかい応援をしていただいた保護者の皆さま、素晴らしい大会を開催・運営してくださった関東少女部会および出場チームの皆さま、2日間お疲れ様でした。本当にありがとうございました。





P.S.
今年度ガールズクラスのメインを担当した林コーチが、12月いっぱいでつくばFCを離れることになりました。
ということで、2日目の最後にサプライズで子どもたちから色紙をプレゼント。
寂しいですが、新たなステージでの飛躍を期待しましょう!
林コーチ、ありがとうございました!



※大会の様子、結果は下記HPからご確認いただけます。
8token-girls-soccer.com/
  
Posted by つくばFC at 22:38Comments(0)ガールズ

2017年12月16日

【ガールズ】Yリーグ第12節 マッチレポート

つくばFCガールズ、コーチの飯塚です。
本日那珂川河川敷グラウンドにて、Yリーグ第12節が行われました。

結果は以下の通りです。

vs日立FCベラローツ △0-0
vsプリティー310リーベ ◯3-0
vsヴェレン大洗・リリー合同チーム(練習試合) ◯4-0



3試合で2勝1分となりました。
1試合目の引き分けを踏まえ、攻撃面でのテーマとして、前線の選手がアクションを起こすこと、後ろの選手はその動きを見逃さないことをテーマにしました。

ボールを持っていないときの動きは確実に良くなってきましたが、パスを要求する声や、味方にどう動いてほしいか伝える声がまだまだ足りない印象を受けました。
「ヘイ!」の一言を出せるかどうか。大きい声で味方に伝えられるかどうか。
最近の練習で口酸っぱく伝えていたことですが、今日の試合を見て、やはりもっとできると感じました。

ボールをもらう回数が増えれば、もっと試合が楽しくなるはずです。技術的な成長に加え、そういった部分でも殻を破ってくる選手が増えてくれることを、期待したいと思います!  
Posted by つくばFC at 20:39Comments(0)ガールズ

2017年12月11日

【レディース】2017プレナスチャレンジリーグ入替戦 第2節 マッチレポート

12月10日に行われた2017プレナスチャレンジリーグ入替戦 第2節の結果を報告させていただきます。

◇試合名:2017プレナスチャレンジリーグ入替戦 第2節
◇対戦相手:INAC神戸レオンチーナ
◇試合結果:1-0(1-0)
得点者:#18豊嶋

立ち上がり、中盤での激しい攻防で両チームゴール前のシーンが作れません。
22分、今節スタメン出場の#9柴田が#18豊島のパスを受けGKと1vs1の決定機を迎えます。シュートはGKに阻まれ、リバウンドにも#9柴田が反応しますが、これも阻まれてしまいます。
40分、つくばFCレディースに歓喜の瞬間が訪れます。#21菊地のパスを受けた#18豊嶋が約50m、DF3人をかわしシュート、一度はポストに跳ね返りますが、自ら押し込み待望の先制点を奪います。
後半、立ち上がりINAC神戸のミドルシュートでピンチを迎えます。
10分、#18豊嶋に再び決定機が訪れ、スタジアムも盛り上がりますが、オフサイドの判定となりました。
21分、この試合最大のピンチとなった、相手のシュートを#19遠藤の魂のゴールカバーでライン上でボールをかき出しピンチを逃れます。
その後、交代出場の#24藤原、#26中山、#23牛玖、#17齋田が気持ちのこもったプレーでゲームを終わらせ、見事、無失点勝利で残留を決めました。


この結果、2018シーズンのつくばFCレディースのチャレンジリーグで戦う権利を勝ち取りました。そして、2017シーズンのすべての公式戦の日程が終了しました。

本日も声援をいただいたサポーター、関係者の皆様ありがとうございました。そして、1年間チームの活動を支えていただいた、皆様ありがとうございました。  
Posted by つくばFC at 10:04Comments(0)レディース

2017年12月03日

【レディース】2017プレナスチャレンジリーグ入替戦 第1節 マッチレポート

12月2日に行われた2017プレナスチャレンジリーグ入替戦 第1節の結果を報告させていただきます。

◇試合名:2017プレナスチャレンジリーグ入替戦 第1節
◇対戦相手:INAC神戸レオンチーナ
◇試合結果:1-2(1-1)
得点者:#18豊嶋


つくばFCレディースは、前半から、エース#18豊嶋のスピードを活かした突破と左サイドの#4藤井、#11井上藍、#13大木のコンビネーションから度々決定機を作ります。しかし、神戸のGKのファインセーブと守備陣の堅い守りに阻まれます。
21分、つくばFCレディースの得意の左サイドから攻撃に出ますが、神戸の鋭いカウンターから先制点を奪われます。
38分、#19遠藤の素晴らしいインターセプトからエース#18豊嶋につなぎ落ち着いてゴールに流し込み同点に追いつき、前半を終えます。
後半もつくばFCは攻勢を続けます。右サイドを突破した#18豊島のクロスを#11井上藍がGKをかわしシュートしますが、相手DFの懸命のゴールカバーにふさがれます。
さらに、つくばFCの攻勢が続きます、左サイドを突破した#11井上のクロスに#23牛玖が合わせますが惜しくもゴールの枠を捉えることはできません。
77分、一瞬の隙を突かれカウンターから追加点を許してしまいます。
その後、#18豊嶋、交代選手がチャンスを作りましたが、最後まで追加点が奪えず、悔しい敗戦となりました。負けてしまいましたが、多くの決定機を作り、アウェーゴールを奪い、ホームでの第2節につながるゲームになったと思います。

本日も声援をいただいたサポーター、関係者の皆様ありがとうございました。

来週は、ホームでの第2節となります。
みなさんの力が必要になります。
是非、スタジアムでのたくさんの応援よろしくお願いします。

(次回公式戦情報)
2017プレナスチャレンジリーグ入替戦 第1節
日程:12月10日(日)
対戦相手:INAC神戸レオンチーナ
時間:12:00キックオフ
会場:セキショウチャレンジスタジアム  
Posted by つくばFC at 21:25Comments(0)レディース

2017年11月30日

【ガールズ】第2回アスリードカップ マッチレポート

つくばFCガールズ、コーチの飯塚です。
11月25・26日に、第2回アスリードカップ(茨城県少女大会)に参加して来ました!

この大会で4位以上に入ると、12月23・24日に行われる8都県少女サッカー大会(関東大会)への出場権を獲得することができます。6月の県少女サッカー大会に続き連覇を狙いましたが、結果はどうだったのでしょうか?




最終結果は以下の通りです。

第2回アスリードカップ(茨城県大会)

1次リーグ
vs KASHIMA-LSC △0-0
vs 久米SSSガールズ ◯6-0

2次リーグ
vs 古河なでしこFC ●0-1
vs 桜川ガールズFC ◯2-0
vs FC石岡 ◯5-0

3位決定戦
vs 東小沢バンビーナネクスト ◯4-1

結果:12チーム中3位


3位に入賞し、無事、関東大会への出場を決めることができました!
しかし、目標としていた優勝にはあと一歩届きませんでした。

選手1人1人は確実にレベルアップしていると思いますが、チームとしてどう攻めてどう守るのかという、サッカーにおいて1番大切な部分がおろそかになってしまったと感じます。

今年度は公式戦の無敗が続いていましたが、古河なでしこFCさんを前に、初黒星を喫してしまいました。
自分を含め、心のどこかに驕りがあったのかもしれません。

12月の関東大会、2月の全国大会に向け、もう一度初心に帰って泥臭く、真剣に取り組んでいく必要があると思います。

まだまだやれるはずです。
日常から少しずつ変えていきたいと思います。

今後もつくばFCガールズの応援、よろしくお願いします!

  
Posted by つくばFC at 01:47Comments(0)ガールズ

2017年11月12日

【ガールズ】Yリーグ第11節 マッチレポート

つくばFCガールズ、コーチの飯塚です。
11月12日(日)にYリーグ第11節の2試合が行われました。

先月29日の開催が台風で中止になったため、約2カ月ぶりのリーグ戦ということになります。
個人的にも8月の関東大会以来の公式戦帯同だったので、この日をとても楽しみにしていました!
久しぶりの試合とあって、朝は眠そうな選手も何人かいましたが…(笑)

さて、1試合目の相手は東小沢FCバンビーナさんです。
前期の対戦では引き分けに終わっていますが、果たして結果は、、、、?






つくばFCガールズ 2-0 東小沢FCバンビーナネクスト
見事勝利しました!
高い位置から積極的にボールを奪いに行き、カウンターから空いたスペースを有効に使って攻撃。
ピンチもありましたが、体を張って守り、無失点で終えることができました。
以前見た時よりも、ボールを持ってない時のポジショニングが良くなっている選手が増えました!
次の試合でも積極的な姿勢を見せてほしいと思います。

次の対戦相手はひたちなかガールズさんです。
2連勝することができるでしょうか、、、?

つくばFCガールズ 3-1 ひたちなかガールズ
連勝しました!
1試合目よりも丁寧にボールを扱い、保持しながら攻めることができました。
サイドの選手がDFラインの裏を狙い、そこを起点に3得点。
しかし守備では軽い対応をしてしまう場面もあり、試合終了間際に失点を喫してしまいました。
少し悔いが残る結果となりました…。

とはいえ2試合とも勝利で終えることができ、最低限の結果を得ることはできました。
良かった点、悪かった点をしっかり整理し、次戦に繋げたいと思います!

それと、、、
嬉しかったことがひとつありました。

今日は試合の合間の過ごし方を選手に任せたのですが、自分たちで時間を決めて、昼食とミーティングを行っていました。
6年生を中心に、少しずつではありますが、頼もしくなっているように感じます。
今後はそういったピッチ外の部分の成長も見守っていけたらと思います。

次回は11月25・26日のアスリードカップです。
これからもつくばFCガールズの応援、よろしくお願い致します!  
Posted by つくばFC at 22:48Comments(0)ガールズ

2017年10月29日

【レディース】第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会1回戦 マッチレポート

つくばFCレディースヘッドコーチの武石です。
10月28日に行われた第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会の結果を報告させていただきます。

◇試合名:第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会1回戦
◇対戦相手:福岡Jアンクラス
◇試合結果:2-2(0-1)PK0-3



得点者:#15水島、#18豊嶋

創設25年目にして、クラブ史上初の皇后杯の舞台となりました。
チャレンジリーグの順位決定プレーオフから1か月の間、自分たちが積極的・主体的にゲームを作っていけるように
攻守においてチームがやりたいこと、試合の流れの中でやらなければならないことを確認してゲームに臨みました。

今回の相手であったアンクラスは前述のプレーオフにおいて敗戦を喫した相手でした。
序盤からシンプルにDFライン背後にボールを入れてくる相手に対し、つくばFCは積極的にかつ粘り強く守備しながら
奪ったボールを大切にしながらの主導権争いとなりました。

お互いにチームの色を出していく中で、両チームともに決定的なチャンスは作り出せないまま前半30分が経過しました。
膠着していた前半30分、サイドからFKを与えてしまい失点。前半をビハインドで折り返します。

"思い切って自分たちがやってきたことをやる。"

逆境の中、自分たちの基本に立ち返ったつくばFCは、後半早々に得たこの日1本目のCKで
#15水島のヘディングシュートが決まり、1-1同点とします。

同点に追い付いた後はペースをつかみ、相手コートでプレーする時間が長くなりました。
後半最後は攻撃的な選手を投入しましたが、結果は90分では決せず15分ハーフの延長戦に突入します。

迎えた延長後半3分、CK守備からカウンターが発動。#7原島のスルーパスから#18豊嶋が抜け出し、GKとの1対1を落ち着いて決め、逆転します。

しかし、試合はここで終わりませんでした。
より徹底してシンプルにボールを前線に送り込んでくる相手に対し、DFラインを中心に耐えていましたが、足が止まった延長後半14分、
相手にミドルシュートを叩き込まれて2-2の同点。そのままPK戦で敗戦してしまいました。


結果的には敗戦してしまいましたが、ここまでシーズンを通して取り組んできたこと、プレーオフからの1か月間で取り組んできたことの成果は発揮されたと思います。取り組んできて通用したことを継続しつつ、できなかったこともしっかり見つめ直し、最後の負けられない試合で、最高の戦いができるようにシーズン残りの1か月間、選手・スタッフみんなで頑張ってトレーニングしていきます。

最後に、遠く三重県まで応援に来てくださったサポーターの方々、またyoutubeの配信を通して声援を送ってくださっていた方々に感謝申し上げます。今回結果を出すことができませんでしたが、12月の入れ替え戦で良い闘いを見せることができるように取り組んでいきます。応援ありがとうございました。  
Posted by つくばFC at 15:39Comments(0)レディース

2017年10月17日

【ヨガ】心も体もリフレッシュ!ヨガ教室開催してます!!

こんにちは、つくばFCの森田です。

つくばFCではヨガ教室を開催しています。子供から大人、そして男の子、女の子問わず参加することが出来ます。ヨガを通して、心も体も一緒にリフレッシュしませんか?体験参加を無料で行っていますので、興味のある方はぜひご参加ください!



【クラス】
金曜日 16:30-17:30 キッズヨガ ※小学生対象
土曜日 9:00-10:20 ハートオブヨガ ※大人対象
土曜日 10:30-11:20 キッズヨガ ※未就学児対象
土曜日 11:30-12:30 キッズヨガ ※小学生対象

【金額】
大人:1,080円/回
子供:800円/回(兄弟で参加の場合、二人で1,400円)

体験参加をご希望させる方はyoga@tsukuba-fc.comまで①氏名(ふりがな)②体験希望日③体験希望クラス④緊急連絡先を明記のうえ、ご連絡ください。

また、11月23日(祝・木)には親子ヨガ体験会を実施いたします。詳細はhttp://tsukubafc.tsukuba.ch/e311447.htmlをご覧ください!  
Posted by つくばFC at 12:09Comments(0)ヨガ

2017年10月15日

【イベント】Jチャレンジキャンプ2017開催のお知らせ!

小学3~6年生の皆さん

毎年冬に行っている「Jチャレンジキャンプ」。今年は千葉県長生郡で開催される「アルビンウインターサッカーフェスティバル」に参加します!

つくばFCジュニア合宿では、「自主性や協調性を育てる」といった目的で、尾瀬や白馬で夏合宿を行いました。それに加え、普段の練習やチーム活動では味わえない経験(例えば、事前練習を行い大会に臨む、Jリーグの下部組織と試合を行う、食事を通してコンディションの整え方を学ぶ等)をすることにより、サッカーに対する興味、関心、向上心をより育ませることを目的にJチャレンジキャンプを行います。

皆さんのご参加、お待ちしています!

一昨年のJチャレンジキャンプのレポートはこちら



大会名:アルビンウインターサッカーフェスティバル
日程:1月4日(木)~1月6日(土)
場所:千葉県長生郡アルビンスポーツパーク
対象:小学3~6年生
定員:
小学3・4年生:先着11名(4年生優先) ※最小催行人数は9名
小学5・6年生:先着11名(6年生優先) ※最小催行人数は9名
参加費:38,000円
内容:8人制サッカー大会への参加(事前練習、試合あり)
帯同コーチ:内田光洋、森田大輔

【当日までの流れ】
11月5日(日):事前説明会 @スポーツシューレつくば 18時~19時
11月6日(月):募集開始
11月26日(日):募集締切
12月17日(日):ミーティング&練習 @スポーツシューレつくば
12月23日(土・祝):練習試合@Tフィールド
1月4日(木)~6日(土):千葉合宿本番

【特典】
アディダスユニフォームをプレゼント



【申込方法】
下記の申込必要事項を明記の上、event@tsukuba-fc.comまでお申し込みください。
件名「Jチャレンジキャンプ2017参加申込」
①名前(ふりがな)②年齢(学年)③所属チーム(学校名)④電話番号
⑤郵便番号・住所⑥合宿ユニフォームのサイズ(130/140/150/160/S/M)と希望番号(第1希望~第3希望)
     
【募集期間】
11月6日(月)~11月26日(日)

【申込後のキャンセル料について】
合宿お申し込み後のキャンセルにつきましては、合宿開催18日前よりキャンセル料が発生致します。

合宿18日前~8日前:12時まで・・・参加費の20%
合宿7日前~3日前:12時まで・・・参加費の40%
合宿2日前~前日:12時まで・・・参加費の70%
合宿当日・・・参加費100%

※キャンセル方法:メールにてご連絡をお願い致します。
※合宿中の離脱の場合は、ご返金を致しかねますのでご了承ください。

【お問合せ先】
TEL:029-896-3553
E-mail:event@tsukuba-fc.com
担当:内田、坂本  

  
Posted by つくばFC at 14:33Comments(0)スクール

2017年10月12日

【イベント】つくばファミリースポーツ2017を開催します!

こんにちは。つくばFC選手兼スタッフの森田です。

11月23日(木・祝)にスポーツシューレつくばにて「つくばファミリースポーツ2017」を開催することになりました!テーマは「スポーツを通して親子のふれあいを楽しもう!」です。この秋、私たちと一緒に思い出作りをしましょう!



日時:11月23日(木・祝) 10時~11時(9時半受付)
会場:スポーツシューレつくば

対象:未就学児~小学4年生
参加費:500円(お子様1人につき500円)

<親子サッカー>
親子で楽しくボールを使った運動を行います。
初めてのお子さんも、お父さんお母さんと一緒に楽しもう!

<親子ヨガ体験会>
親子でいろいろなヨガポーズを行います。
いくつできるか挑戦してみよう!

【申込締切】:11月20日(月)

【申込方法】
件名に「11/23親子イベント」と記入し、下記①~⑦項目をevent@tsukuba-fc.comまでご連絡ください。

①氏名(ふりがな) ②性別 ③学年 ④学校名 ⑤電話番号
⑥参加するイベント(親子サッカー/親子ヨガ体験会) ⑦参加される保護者の氏名

【注意事項】
・雨天中止の場合は、下記のつくばFC公式サイトもしくは公式ツイッターにてその旨を掲載いたします。
・このイベントはJAイベント共済に加入しています。

※参加者がイベント中に事故にあった場合、JAイベント共済の補償範囲内で対応させていただきます。

【お問い合わせ】
TEL:029-896-3553/Email:event@tsukuba-fc.com
NPO法人つくばフットボールクラブ 担当:森田、坂本

公式サイト:www.tsukuba-fc.com
公式ツイッターアカウント:@tfc_school
公式フェイスブックアカウント:@sctsukubafc  
Posted by つくばFC at 18:26Comments(0)クラブ

2017年09月30日

【レディース】第39回関東女子サッカー選手権大会7位・8位決定戦 マッチレポート

つくばFCレディースヘッドコーチの奥です。
9月30日に行われました第39回関東女子サッカー選手権大会の結果を報告させていただきます。

◇試合名:第39回関東女子サッカー選手権大会7位・8位決定戦
◇対戦相手:MITO EIKO FC 茨城 レディース
◇試合結果:1-1(0-0)PK5-4
得点者:#11 井上


先週の連敗から、チーム史上初の皇后杯出場を目指し、ラストチャンスのゲームとなりました。

前半、相手のシンプルなダイレクトプレーに苦しい時間が続きます。
つくばFCレディースは、前半途中から、少しずつボールを動かしゲームをコントロールする時間を作ります。
しかし、決定機を作るまでには、至りません。そのままスコアレスドローで前半を終えます。

後半、つくばFCレディースは、ボールを動かしゲームをコントロールすることに成功します。相手コートでボールを動かしゴールに迫りますが、ラストパス、フィニッシュまで、なかなか至りません。
前半同様、相手のダイレクトプレーに苦しみますが、CB#19 遠藤、#8衣奈とGK#1 青柳が身体を張って守ります。
後半30分、#7 原島のCKから最後は#11 井上が押し込み、先制点を獲得します。
その後、一進一退の攻防が続き、勝利目前のアディショナルタイム、相手のロングボール、ゴール前の混戦から押し込まれ同点ゴールを許し、タイムアップ。

延長戦、つくばFCレディースはチーム全員でハードワークしますが、ゲームは一進一退で終了します。

PK戦、後攻のつくばFCレディースは、1本目いきなり#1青柳が魂のスーパーセーブでPKストップします。その後、互いに1本ずつ失敗し、つくばFCレディースの6人目、 #6 三間が落ち着いて成功し、クラブ史上初の皇后杯本大会出場決定となりました。

ゲームは、全体的に非常に難しいゲームとなりましたが、選手全員がハードワークしなんとか勝利することができました。
本日も声援をいただいたサポーター、関係者の皆様ありがとうございました。


10月の本戦、12月の入替戦で躍動する姿をお見せできるよう、準備したいと思います。  
Posted by つくばFC at 18:45Comments(0)レディース

2017年09月27日

【ガールズ】Yリーグ第6節

こんにちは。
つくばFCガールズコーチの林です。

9月24日(日)に大洗町総合運動公園にて、Yリーグ第6節が開催されました。
公式ではYリーグ第8節みたいなのですが、僕たちが不参加の日程もあった為、実質第6節です。はい。

そしてこの日の大洗町総合運動公園多目的広場は土のグラウンドでした。
そこで僕は大変驚いたのですが、5年生で土のピッチでの試合が初めてという選手がいました!!
Jリーグ100年構想が順調に進んでいるんですかね。やがて生涯を通して土のグラウンドでプレーをしたことがない選手が出てくるのでしょうね。



さぁ本日の対戦相手は古河なでしこFCと桜川ガールズFCです。
今日の2試合でYリーグ前期全試合が消化されます。
果たして無敗で前期を終えることが出来るのか!?


2試合目の対戦相手は古河なでしこFCです。
茨城県少女サッカー選手権大会では予選と決勝で戦いました。
どちらも勝利を収めましたが、果たして結果は、、、

つくばFCガールズ7-0古河なでしこFC
勝ちました!!
スコアとは裏腹に、なんとなく全員足が重く、ボールが来てから何をするか考える選手が多かったです。
個人の能力ではこちらに分があったので、1人の選手が持ち込んでシュートを打つ形が多く、それを足を止めてみている選手が多かった印象です。
別にドリブルで抜く分にはいいのですが、ドリブルで抜けるからと言って周りの選手が関わらないことは好ましくないですよね。
手を抜かず自分の仕事をきっちりこなさせる必要があります。
ちゃんと意味のある時間を過ごさなければいけませんね。

続いて本日の2試合目の相手は桜川ガールズFCです。
まだ戦ったことのない相手ですが、僕が個人的に知っている選手が多いチームです。
ガールズサッカーキャンプというものを毎年春と夏に開催しているのですが、僕は毎回運営スタッフに入り、桜川ガールズFCの子たちは毎回参加してくれています。
果たして結果は、、、

つくばFCガールズ2-0桜川ガールズFC
勝ちました!!
相手は僕たちと戦うに際し、とても気合が入っているように見えました。ボール際で絶対に負けないという意思をもって猛然とプレスをかけてくるので、考えるスピードが遅いと簡単につかまってしまいます。
ボールを奪う意識が強いチームに対し、冷静にプレーの選択をすることが出来るのか。この試合はそれが試されました。

前半はあわや失点という場面が何度もあり、ビッグチャンスもうまくものにすることが出来ず0-0で折り返します。
後半は選手のポジションを少しいじり、前線にタメを作ることが出来るようにした結果、FWのバイタルエリアでの振り向きざまシュートから1点、さらにGKのパントキックをFWが収め、長い距離を走り続けた2列目の選手へ裏へ抜けるスルーパス。これをサイドネットへ突き刺し、合計2得点を挙げ勝利しました。

以上つくばFCガールズはこの日の試合で2勝を挙げ、Yリーグ前期を無敗で折り返すことができました。
11月には、8都県少女サッカー大会の茨城県予選があります。まだまだ伸びしろだらけなので、貪欲に成長を続けたいと思います。
これからもつくばFCガールズの応援の程、よろしくお願い致します!!

P.S.
Facbookでもガールズの紹介を行っております。
こちらもぜひご覧ください!!

「つくばFC サッカースクール」
https://www.facebook.com/sctsukubafc/  
Posted by つくばFC at 15:01Comments(0)ガールズ

2017年09月26日

【レディース】第39回関東女子サッカー選手権大会準々決勝・5位決定戦 マッチレポート

つくばFCレディースヘッドコーチの奥です。
9月23日、9月24日に行われました第39回関東女子サッカー選手権大会の結果を報告させていただきます。

◇試合名:第39回関東女子サッカー選手権大会準々決勝
◇対戦相手:日テレ・メニーナ
◇試合結果:1-4(0-2)
得点者:#7原島


チーム史上初の皇后杯出場まであと1勝となり、1戦必勝で臨んだゲームでした。
立ち上がり、相手のスピードのある2トップを中心にシンプルな攻撃に守備陣が粘りつよく対応します。しかし、17分、相手の素晴らしいFKで先制点を許し、前半終了間際にも失点し0-2で前半を終えます。
ハーフタイムに、勇気を持って、ボールを動かし、保持し攻撃することを確認します。
しかし、後半立ち上がりに失点してしまいます。#7 原島が一矢報いるゴールを決めますが、追い上げならず、翌日の5位決定戦へ回ることになります。

◇試合名:第39回関東女子サッカー選手権大会5位決定戦
◇対戦相手:ジェフレディースU-18
◇試合結果:3-3(1-3)(PK3-4)
得点者:#15 水島 #13大木 #11井上


チーム史上初の皇后杯出場するため、この日も改めて1戦必勝で臨みました。
しかし、この日も前半立て続けに失点し、2点ビハインドとなってしまいます。
その後、徐々に落ち着いてゲームを進め、#7原島のCKに#15 水島が頭で合わせ、1点差とします。前半終了間際に、ミスから追加点を許し、1-3で前半を折り返します。
後半、相手の攻撃に苦しみますが、GKと守備陣が粘り強く守り追加点を許しません。
51分、右サイド#11 井上のシュートがバーに当たり、はね返りを#13 大木が押し込み、1点差とします。
つくばFCレディースはキャプテン#10 亀井を投入し、勝負をかけます。
66分、GK#1 青柳、#21 菊地、#7 原島、#11 井上で右サイドを崩し、最後は#11 井上が左足でゴールに流し込み、ついに同点に追いつきます。
その後、一進一退の攻防が続きますが、試合は3-3のまま終了します。
PKで3-4と敗れてしまい、全国大会出場は来週に持ち込みとなりました。
この週末も、試合開始から終了まで力強い声援ありがとうございました。
チーム史上初の皇后杯出場まであと1勝です。
引き続き応援よろしくお願いします。

(次回公式戦情報)
第39回関東女子サッカー選手権大会7・8位決定戦
日程:9月30日(土)
対戦相手:MITO EIKO FC レディース
時間:10:00キックオフ
会場:保土ヶ谷公園球技場  
Posted by つくばFC at 15:04Comments(0)レディース

2017年09月20日

【ジョイフル】 関東サッカーリーグ1部後期第8節 マッチレポート

こんにちは。ジョイフル本田つくばFCヘッドコーチの小松です。

9/17(土)関東サッカーリーグ後期第8節アウェイの地でVONDS市原との一戦が行われました。
勝てば首位奪取、負ければ優勝の可能性がなくなるという大一番です。

 台風の影響で雨が降り続ける中、お互いに慎重な立ち上がりを見せます。お互いに相手の裏を狙うシンプルなプレーで主導権を握ろうとします。
 そんな中先制点をあげたのはジョイフル本田つくばFCでした。17分、相手陣内で得たFKを#10川村がゴール前に絶妙なボールを送り込むと#31下重が#14中里にパス。これを中里が右足で合わせゴール!!待望の先制点を奪います。
 その後はVONDS市原もサイド攻撃に活路を見い出し攻勢に出ます。そして相手のクロスボールがジョイフル本田つくばFCの選手の手に当たったとしてハンドをとられPKを与えてしまいます。
しかしGK#22西尾が相手のシュートをストップしピンチを救います。
しかしその後もピンチが続きます。
32分、一瞬の隙を付かれクロスボールをうまく合わされ同点とされてしまいます。
 それでもここで崩れないのが今のジョイフル本田つくばFC。
直後の33分#14中里がクロスを上げ、それを#31下重が#11池田に落とす。これを池田がうまく左足で合わせネットを揺らし再びリードを奪います!!
 その後はジョイフルが落ち着いてボールを動かし次々にチャンスを作り出すも惜しくも決められず2-1のまま前半終了。

 後半、相手もさらにアグレッシブに攻撃にでてくる中で耐える時間が続くジョイフル本田つくばFC。それでもDF陣が最後のところで体を張りゴールを割らせません。
しかし59分再び相手にPKを与えてしまいそれを決められ同点とされてしまいます。
さらに69分、相手にサイドから角度のないところから豪快に決められ逆転を許してしまいます。

そして80分#24橋本がレッドカードで退場となり1人少ない状況となってしまいます。
負ければ優勝がなくなるため攻めに行くしかないジョイフル本田つくばFC.
#3冷岡、#15三角と攻撃的な選手をいれ最後まで諦めません。
セットプレーなどでチャンスを作るものの最後までゴールは遠く2-3で試合終了。

この結果によりVONDS市原の優勝が決まり、優勝の可能性が消滅してしまいました。選手たちは最後まで必死に走り抜き優勝まであと一歩のところまで来ましたが、まだまだ力不足でした。
優勝の可能性は消滅しましたがリーグ戦はあと1試合残っております。最後までしっかり戦い勝点を41まで伸ばしリーグ戦を終えたいと思います。
本日は台風の影響で悪天候にも関わらず、たくさんのサポーターの方々がアウェイの地まで駆けつけてくださいました。本当にありがとうございました。
目標であったJFL昇格はなくなりましたがつくばFCの挑戦はここで終わりではありません。これからもたくさんの皆様に応援していただけるチームになれるよう、日々努力してまいります。


  
Posted by つくばFC at 15:23Comments(0)ジョイフル

2017年09月19日

【レディース】第39回関東女子サッカー選手権大会2回戦 マッチレポート

つくばFCレディースヘッドコーチの奥です。
9月18日に行われました第39回関東女子サッカー選手権大会2回戦の結果を報告させていただきます。

◇試合名:第39回関東女子サッカー選手権大会
◇対戦相手:関東学園大学
◇試合結果:1-1(0-0)(PK5-4)
得点者:#4藤井


結果、内容ともにショックなゲームとなったリーグ最終戦の翌日のゲームとなった関東学園大学戦。
つくばFCレディースは、#6 三間、#8 衣奈のベテラン2人を久々にスタメンで起用します。
前半、つくばFCレディースは#18豊嶋のスピードと#7原島の個人技、そしてCKから#15水島のヘディングでチャンスを作りますが決定機を作ることができずゴールを奪えません。
守備では、FW使ったシンプルな攻撃とセットプレーからピンチになりますが、怪我から復帰した#19 遠藤を中心とした最終ラインとGKを中心にゴールを守ります。
両チームスコアレスのまま前半を終えます。
後半、ボールを保持しチャンスを作ります。さらに#4 藤井を後半途中から投入し攻勢に出ます。
しかし、直後にPKから失点してしまい1点ビハインドで終盤を迎えます。
関東学園大学の選手たちの足が止まり始め、つくばFCレディースはゴール前で度々決定機を作ります。
そして、ついに左サイドで#13 大木、#4 藤井のコンビネーションで突破しゴールを奪います。
後半はそのまま終了し、PK戦に突入します。
関東学園大学が1人失敗し、つくばFCレディースはは5人目の#18豊嶋が冷静に流し込み、久々の勝利で2回戦を突破することができました。

台風一過の残暑で暑い一日となりましたが、最後まで大きな声で応援していただいた皆様本当にありがとうございました。
この勝利で、また週末に緊張感のあるゲームに臨めます。1週間目標を持って良い準備したいと思います。

チーム史上初の皇后杯出場まであと1勝です。
引き続き応援よろしくお願いします。

(次回公式戦情報)
第39回関東女子サッカー選手権大会
日程:9月23日(土)
対戦相手:日テレ・メニーナ
時間:13:00キックオフ
会場:神奈川大学湘南ひらつかキャンパスサッカー場  
Posted by つくばFC at 17:56Comments(0)レディース