2019年05月18日

【ジョイフル】関東サッカーリーグ1部前期第5節 マッチレポート

 5/18(土)関東サッカーリーグ前期第5節が行われました。ジョイフル本田つくばFC(以下ジョイフル)の対戦相手は流通経済大学FC。(以下、流大FC)先週の天皇杯決勝では流通経済大学のトップチームに敗れているのでリベンジを果たしたいところ。
 
 立ち上がりからジョイフルは得意のパスワークからチャンスを作ります.。この日リーグ戦今シーズン初スタメンの#7冷岡や#32宮谷らが積極的にシュートを放ち、ゴールに迫るも得点ならず。時折相手のカウンターを受けますが#99小笠原が鉄壁の守備。ジョイフルの流れで試合は進みます。

 そして迎えた前半28分、#27堀西が右サイドを駆け上がりクロスを上げるとポストに当たりボールがこぼれます。そのボールに反応したのは#6深澤。深澤が豪快にボレーシュートをネットに突き刺し先制!!1-0とします。

 しかし相手は個人技のある流大FC。その能力の高さをまざまざと見せつけられます。ジョイフルのCKのこぼれ球を相手に拾われると、ドリブルで独走されます。約70メートルを独走されシュートを決められてしまいます。その後はジョイフルは落ち着きを取り戻し何度も相手ゴールに迫りますが2点目は奪えず1-1で前半終了。

 後半に入ってもジョイフルがボールを握る展開が続きます。相手のプレッシャーを交わしながらサイドから崩しにかかります。しかし相手も集中した守備で得点を許しません。
 それでも後半18分。#26今井がPA内で仕掛けクロスを上げると相手DFの手に当たりPK獲得。キッカーは#11宮本。相手GKの逆を突くシュートでしたが、横っ飛びした足のつま先にあたりゴールならず、さらにそのこぼれ球にいち早く反応した#7冷岡がシュートを放ちますが惜しくもゴールならず。その後も#13小泉の絶妙なクロスを#7冷岡がヘディングで折り返したところに#11宮本が飛び込みますがゴールならず。チャンスを逃し続けていると、やはりしっぺ返しを食らってしまいました。後半27分カウンターから見事なゴールを決められ1-2。逆転を許します。

 しかしまだまだあきらめないジョイフル。#10下重、#19川島、#28山下、#35櫻井と次々に攻撃的な選手を投入し反撃に出ます。右サイドを崩しクロスを入れるとファーサイドに走り込んだ#10下重が絶妙なトラップからシュートを放ちますが相手GKのファインセーブ。さらには中央を細かく繋ぎ最後は#28山下がシュートを放ちますが枠外。
 
 残り時間は徐々に少なくなっていきます。それでも慌てずに攻めるジョイフル。そして迎えた後半43分、#26今井が左サイドを突破、クロスを上げると、#13小泉が中央でボールをキープ。そして後ろから走り込んだ#6深澤がミドルシュート。そのミドルシュートをゴール前で#28山下がコースを変え見事なゴール!!2-2の同点に追いつきます。

 そしてアディショナルタイムに突入。残り時間はあと2分。中央でボールを受けた#35櫻井が#10下重へパス。下重がドリブルで相手を交わしながらクロスを上げるタイミングを伺います。そして相手の背後へ浮き球のスルーパスを送るとそこに走り込んだのは#35櫻井。冷静なコントロールから最後は左足でボレーシュートを叩き込みついに逆転!!3-2とします。そして試合終了!!劇的な逆転劇で3-2で勝利となりました。

 リードを許しながらもあきらめず最後まで攻め続け見事勝ち点3を手にすることが出来ました。途中出場の選手含め全員で勝ち取った勝利です。このまま一戦一戦大事に戦い首位VONDSさんにプレッシャーをかけ続けたいと思います。本日もたくさんの応援本当にありがとうございました。

(次節公式戦情報)
6/2(日)
関東サッカーリーグ第5節
vs桐蔭横浜大学FC
16時K.O@
桐蔭学園多目的グラウンド

流大ジョイフル集合写真

   
Posted by つくばFC at 20:39Comments(0)ジョイフル

2019年05月17日

【TOP選手ブログリレー2019】 vol.17 ジョイフル#32 宮谷 快都(新加入)

こんにちは!
今回、選手ブログを担当させてもらいます。
新加入の背番号32番 宮谷 快都(みやたに かいと)です。
今回のブログで皆さんに出来るだけ自分のことを知ってもらいたいと思ってます!
よろしくお願いします!



ではまず簡単に自己紹介をしたいと思います!
1996年7月20日生まれ、AB型で大阪府出身です!
4人兄弟の長男なんですが弟3人も全員サッカーをしていて、家ではうるさい時もありますが、
4人でサッカーをすると兄弟でこんな事ができるのはなかなかいないなぁと思い、改めて弟がいて良かったなぁと思います!
サッカーを始めたのが6歳の時からでガンバ大阪の試合を見て、プロサッカー選手になりたいと思いサッカーを始め、
摂津ベアーズ→レオSC→金光大阪高等学校を経て、今年3月に関西福祉大学を卒業し、ジョイフル本田つくばFCに加入しました!!

こちらの写真は関西福祉大学の卒団式の写真です!



ジョイフル本田つくばFCに加入することになった過程は東海で行われた合同セレクションで小松監督、副島強化部長に声をかけていただき、
練習に参加したところ本当に雰囲気がよく、練習のメリハリもしっかりしていてここなら自分自身、成長できると思いこのチームを選びました。
つくばFCに加入して2ヶ月近く経ち思うことは、スタッフ、選手、サポーターの一体感がこのチームは本当にすごいと思います。
改めて、このつくばFCに加入できて良かったと思いましたし、つくばFCに貢献していけるように頑張りたいと思いました!!

最後にサポーターの皆さん、今年1年、全力でサポーターの皆さんの応援に応えられるようなプレー、結果を見せていきたいと思ってますので応援の方、よろしくお願いします。
最後まで読んでいただきありがとうござました。

《次節試合詳細》
◇男子リーグ戦情報(※アウェイ)
関東サッカーリーグ1部前期第5節
5/18(土)11:00キックオフ
vs 流通経済大学FC
@流通経済大学フットボールフィールド(人工芝)

◇女子リーグ戦情報(※アウェイ)
チャレンジリーグEAST第6節
5/19(日)14:00キックオフ
vs JFAアカデミー福島
@時之栖スポーツセンター裾野グラウンド(静岡県)  
Posted by つくばFC at 10:53Comments(0)ジョイフル

2019年05月14日

【ジョイフル本田つくばFC】茨城県サッカー選手権大会兼天皇杯予選 決勝 マッチレポート

 5/11(土)、ジョイフル本田つくばFC(以下、ジョイフル)は茨城県サッカー選手権大会兼天皇杯予選決勝戦に臨みました。
対戦相手は関東大学リーグに所属する流通経済大学(以下、流大)。クラブ史上初の決勝に駒を進めたジョイフル。悲願の初優勝へ一丸となって挑む。

 立ち上がりから攻め込むのは流大。サイドの選手が高い位置をとりながらDFラインの背後を狙ってくる形でジョイフルゴールに迫ります。しかし#99小笠原、#4佐藤、#15竹中を中心に身体を張って相手の攻撃を跳ね返します。
いつもよりブロックの位置を下げ相手にボールを持たせながら守備を固めるもそれでも強引に仕掛けてくる流大に押し込まれる展開が続きます。それでも相手に決定機を与えず、次第にリズムをつかむジョイフル。奪ったボールを丁寧につなぎ、相手コートへ押し込む時間が増え始めます。中央でボールを奪った#15竹中が左サイドに展開。#14菅谷がボールをキープし、オーバーラップをしてきた#26今井に展開。今井が個人技で2人を交わしPA内からシュートを放つも惜しくも枠を捉えられません。その後も、ゴール前で細かく繋ぎ最後は中央でボールを受けた#13小泉がシュート。しかしこれも相手選手のブロックに遭い惜しくもゴールならず。その後も、相手に攻め込まれる時間が長くなりポストに助けられるシーンもありながら粘り強く戦い0-0で前半を終えます。

 後半に入るとよりボールを持って前に出るジョイフル。#19川島がボールをキープし、走り込んだ#14菅谷にパスを送ると菅谷がフリーでクロスを上げる。そのクロスに走り込んだのは#10下重。下重がボレーで合わせるも相手が身体を張って死守。そのこぼれ球を宮本がボールをキープしシュートを狙うもゴールならず。
 さらにチャンスは続きます。この日絶好調の#14菅谷、#26今井のコンビでまたも左サイドを崩します。#14菅谷が左サイドでボールをキープし、今度は#26今井が内側をインナーラップ。ボールを受けた今井がPA内に侵入し、低いグラウンダーのボールをDFラインとGKにいれます。#11宮本が走り込むも惜しくも触れずボールは流れていきます。
 続けてジョイフルは中央から攻め立てます。中央で細かく繋ぎ#19川島が#11宮本にボールをつなぐと#11宮本がロングシュート。しかしシュートはクロスバーに嫌われます。決定機をものにできずにいると、流れは再び流大へ。
 
自陣でボールを失うと相手のショートカウンターを受けます。サイドからクロスを上げられ相手選手が必死に足を延ばし合わされるとそのボールはGK小笠原の頭上を越え、ゴール右隅に吸い込まれ失点。0-1とされます。その後は勢いに乗った流大に何度も攻め込まれますがGK#99小笠原がギリギリのところでセーブ。なんとか0-1を保ちます。
 
 一方のジョイフルも流れを変えるべく#7冷岡、#28山下を投入し、反撃に出ます。#13小泉が中央で#10下重に繋ぐと#10下重がDFラインの背後へスルーパス。このパスに#28山下が反応し抜け出しGKと1対1になるかと思われましたが相手DFに倒されFKなります。このプレーで相手選手にレッドカードが出て数的優位に立ちます。
 FKのキッカーは#10下重。左足で放たれたシュートは壁を越えゴールに向かっていくも惜しくもポストに直撃。再びポストに嫌われ同点ゴールならず。残り時間はあとわずか。
 後半アディショナルタイム、ジョイフルの攻撃。左サイドから#26今井からのクロスのこぼれ球を#13小泉が拾ってミドルシュート。このシュートも相手ゴールキーパーのファインセーブに遭いゴールならず。そしてこのまま試合終了となります。最後まで反撃を試みるも1点が遠かったジョイフル。

 残念ながら天皇杯本戦出場とはなりませんでしたが選手たちは最後まで勝利を目指し戦ってくれました。あのシュートが決まっていればというシーンもたくさん作り出すことができましたがやはり流大さんの方がすべてが上回っていましたし、優勝するにふさわしいチームでした。しかしクラブ史上初の決勝に連れてきてくれた選手たちを誇りに思いますし、応援してくださったすべての方々に感謝を申し上げたいと思います。

 この夢の続きはまた来年チャレンジしたいと思います。まずは現実に戻りすぐさま再開するリーグ戦に照準を合わせ勝ち点を重ねていきたいと思います。

(次節公式戦情報)
5/18(土)
関東サッカーリーグ前期第5節
vs流通経済大学FC
11時K.O@RKUフットボールフィールド
天皇杯決勝ジョイフル集合写真
  
Posted by つくばFC at 14:15Comments(0)ジョイフル

2019年05月05日

【マッチレポート】5/4(土)関東サッカーリーグ前期第4節 結果報告

 ジョイフル本田つくばFC(以下、ジョイフル)は関東リーグ第4節がホームセキショウチャレンジスタジアムで栃木シティFC(以下、栃木シティ)との一戦に臨みました。

 栃木シティは昨年度関東リーグを無敗で制したチャンピオンチーム。昨年のホームでの対戦ではアディショナルタイムに決勝点を奪われ悔しい敗戦を喫した相手。昨年のリベンジとなるか。

 試合は立ち上がりから積極的に攻め合う展開に。ジョイフルは中盤での細かい繋ぎから、#11宮本がシュートを放つもキーパーがセーブ。その後は不用意なファールを相手に与え嫌な位置からFKを与えるも、集中して跳ね返し続けます。相手の攻撃を跳ね返し続け少しづつリズムを取り戻すジョイフル。得意のパスワークからチャンスを伺いますが最後のところで精度を欠き、ゴールに迫れません。前半終了間際、一瞬の隙を突かれシュートを打たれますが#99GK小笠原が冷静にセーブし事なきを得ます。このままスコアレスのまま前半終了。
 
 後半に入ると栃木シティはよりダイレクトなプレーでジョイフルゴールに迫ります。しかし#15竹中、#4佐藤が空中戦でも地上戦でも鉄壁のDFを見せ相手の攻撃を封じます。
 ジョイフルはサイドを起点に栃木シティゴールに迫ります。左サイドを#14菅谷、#26今井で崩し、#26今井がそのまま中央へカットインからシュートを放ちますが惜しくも枠を外れます。さらには再び左サイドを崩し、#19川島が中央へボールを送ると#10下重がフリーでミドルシュート。得意な位置からのシュートでしたが惜しくも枠を捉えられず。残り15分を切りお互いに勝ち点3を目指し攻め合う形となります。栃木シティにサイドを崩されクロスをあげられるとファーサイドで待ち構えていた選手にフリーでシュートを打たれてしまいます。GKの横を抜けていくシュート。しかしGKのカバーに入っていた#15竹中がギリギリのところでクリア。この日最大のピンチをしのぐと、流れはジョイフルへ。
 
 途中出場の#7冷岡と#28山下を起点に攻撃を仕掛けます。山下が起点となり展開をし冷岡がドリブル突破。冷岡のシュートは惜しくも枠を捉えられません。さらには中央で細かいパス回しから、#11宮本へ絶妙なスルーパスが通ります。宮本がシュートを放つも相手に阻まれますが、そのこぼれ球に反応した冷岡が再びシュート。しかし相手GKの好守に阻まれまたしても得点ならず。

 そして後半アディショナルタイム、この日最大のチャンスがジョイフルに訪れます。#7冷岡が中盤でボールをキープし、後ろから上がってきた#10下重へ展開。下重がボールをキープしながらDFラインの頭上を越える絶妙なラストパスを送る。このパスに走り込んだのは#19川島。川島が胸トラップで抜け出しGKと1対1に。迷わず振り抜かれたシュートは相手GKの股を抜けてゴールへ一直線。。かと思われましたがギリギリGKの足に当たりコースが変わり惜しくもノーゴール。白熱の展開はスコアレスドローという結果で幕を閉じました。

 苦しい時間帯もありましたが、チーム全員で戦いぬくことができました。ただ勝ち点3を取るチャンスもあったので次こそは勝利に結びつけられるようまたトレーニングを積んでいきたいと思います。

 そして本日は1091人もの方がスタジアムに駆けつけてくださいました。これはクラブ史上最高の入場者数です。この試合はつくばFCファミリーデーということで最高の雰囲気を作ってくださったつくばFCファミリー、そしてスタジアムに駆けつけることはできなかったけれど応援してくれた方もたくさんいることと思います。そのすべての方々に感謝申し上げます。
 勝ち点は1しか取れませんでしたが、選手たちは最後まで走り切り、戦い抜き、見ている方たちの心に届く試合をしてくれたのではないかと思います。また皆さんに観たいなと思ってもらえるようなプレーをしていきたいと思っております。これからも引き続き応援よろしくお願い致します。

 来週はいよいよ天皇杯予選決勝が行われます。こちらもクラブ史上初の決勝進出ということで勝って天皇杯出場を果たしたいと思います。
皆さんからの期待を喜びに変えられるように。良い準備をしたいと思います。本日はたくさんの応援ありがとうございました。

(次節公式戦情報)
5/11(土)
茨城県サッカー選手権大会兼天皇杯 決勝
vs流通経済大学
13時K.O@ケーズデンキスタジアム水戸
ジョイフルシティ集合写真


  
Posted by つくばFC at 00:29Comments(0)ジョイフル

2019年05月02日

【TOP選手ブログリレー2019】 vol.15 ジョイフル#29 大久保 翼(新加入)

ジョイフル本田つくばFCを応援してくださっている皆様、はじめまして!
今季より加入させていただきました、背番号29番大久保翼です。







令和最初のブログいただきます。

埼玉県久喜市出身、通ってます。

ジョイフル本田さん(幸手店)には、幼い頃からとてもお世話になっております。

久喜グリーンSC→久喜市立久喜東中学校→青森山田高校→国士舘大学→アミティエSC(おこしやす京都AC)→バンディオンセ加古川→さいたまSC→ジョイフル本田つくばFC

ポジションはセンターバック、好きなプレーはオーバーヘッドになります。

高校1年生の途中まで、トップ下やボランチをやってました、当時の好きな選手はジダンとルイ・コスタ。

嫌いなプレーはヘディング、ということで、高校1年時にはすでに180センチあったのにも関わらずCK蹴ってよく怒られてました。

高校の監督から、「マッチ棒」と命名され、僕がヘディングシュートを打つたびに「ファイヤーボール炸裂」と言われ、そこはけっこう気にしてました。

そんな高校・大学時代を経て、今ではバリバリゴリゴリのセンターバックになってしまいました。

残念で仕方がありません。

学生時代には、最強に理不尽なことが毎日のように起こる環境に身を置いていたので、ちょっと変な人になってしまいました。

仕事のことを少し話します。

3年前より、自身で【ファルカオフットボールクラブ】を設立しました。

埼玉県久喜市にて、代表として活動してます。

カテゴリーは、ジュニアチーム(小学生)・ジュニアユースチーム(中学生)です。

幼児、小学生のスクール生を合わせると、現在は150名ほどの選手たちに指導をしています。

もうみんな怪獣!可愛い!

関東リーグ開幕戦イベントにて、コンチネンタルカップにも参加させていただきました。



すみませんつい気持ちが良くて、、、


「選手と指導者の、高いレベルでの両立」を自分自身で掲げているので、日々フル稼働してます。

クラブの代表と選手を両立してる人って、どのくらいいるのかなー、なんて考えるだけでモチベーション。

人と少し違うことや、人と変わったことに対して、常に興味を抱き実際に行動してみる、そんな人間です。

たった1度きりの人生、楽しみ方は全て自分次第。

あいつアホだなー、と言われたら勝ちだと思ってます。

あいつ変わってるなー、は最高の褒め言葉です。

ドンナルンマで(そんなこんなで)、今年度からつくばFCを中から、特に宮本英明(背番号11)を盛り上げていきたいと思います。

ちなみに、現在は右膝のリハビリ中です。

あれは空がまだ青い夏のこと、、、

そう、あれは3月中旬のこと。

「もう無理」と思うほど、膝に手を付くほどきつい対人トレーニングでした。

そしてラスト1セット。

フラフラな状態でボールを受けて、目の前には小泉洋生クン(背番号13)

(これしかない!!)

と必殺エラシコを繰り出したのですが、その瞬間、、、

バキッ

、、、

ドキッ

なぜあの場面でエラシコをしたのだ!とチームメイトからよく迫られるのですが、理由は簡単です。

そこにボールがあったから。

悔いなしです。

エラシコとは人生である。

この経験を活かして、エラシコスクールを新規で立ち上げようかと思っています。

長期離脱中の中里勇斗(背番号7)とともに、日々地道なトレーニングを積んでいます。

リハビリメニューはトレーナーの小野響也から毎日メニューが送られてきます。

今はピッチの外でしか力になることができませんので、やれることは全てやる覚悟です。

早くサッカーがしたい、チームの力になりたい、そう思っています。

ピッチの中で、「なんかやかましい奴おるぞ!」となったらそれは僕です。

天皇杯出場まであと1つ、リーグ戦は2勝1敗と、結果としては及第点だと思います。

がしかし、JFLに昇格すること、将来のJリーグ参入を目指すこのクラブにとっては、及第点ではいけません。

観ている人たちに感動を与えるようなサッカーを目指すこと、そして目に見える結果を出し続けることで、応援してくださっている全ての皆様に対して恩返しができると思っています。

やれるかやれないかではなく、やるんです。

0か100です。

是非ともスタジアムにて、僕たちと一緒に闘ってもらえたら幸いです。

熱くなりましょう!



読んでいただき、ありがとうございました。


《次節試合詳細》
◇男子リーグ戦情報(※ホーム)
関東サッカーリーグ1部前期第4節
5/4(土)17:00キックオフ
vs 栃木シティFC
@セキショウチャレンジスタジアム

◇女子リーグ戦情報(※アウェイ)
チャレンジリーグEAST第4節
5/6(月祝)11:00キックオフ
vs ノルディーア北海道
@札幌厚別公園競技場(北海道)

  
Posted by つくばFC at 16:49Comments(0)ジョイフル

2019年04月30日

【マッチレポート】4/29(月)関東サッカーリーグ前期第3節 結果報告

 4/29(月)ジョイフル本田つくばFC(以下ジョイフル)は関東サッカーリーグ前期第3節VONDS市原FC(以下VONDS)と対戦しました。
開幕から2連勝同士の対決。VONDSに勝って開幕3連勝となるか!?

 立ち上がりいきなりスコアは動きます。前半8分、自陣でのパスミスからボールを奪われるジョイフル。カウンターからゴールを決められ0-1。先制を許してしまいます。

 その後は落ち着いてボールを動かし両サイドの#26今井、#27堀西が果敢に駆け上がりチャンスを作りますが最後のところでVONDSも体を張りゴールを奪えません。逆に相手もカウンターを仕掛けてきますがジョイフルDF陣もギリギリのところで防ぎます。
 前半終了間際、立て続けにチャンスを作るジョイフル。左サイドをワンツーで抜け出した#24菅谷が中央へカットイン。一度は相手に防がれるもののそのこぼれ球に反応した#10下重がシュートを放つも相手GKがセーブ。今度はDF#15竹中がドリブル持ち上がりロングシュート。このシュートは相手に当たってしまうものの、このこぼれ球に反応したのは#11宮本。宮本がGKの動きを見て冷静に横にパスを出すとそこに待ち構えていたのはこの日初スタメンの#28山下。山下が押し込むも相手がギリギリのところでクリア。チャンスを活かせず0-1で前半終了。

 後半に入ってもボールを持って仕掛けるジョイフルとカウンターを狙うVONDSの構図は変わらず。
ジョイフルはゴール前中央で細かくパスをつなぎ右サイドへ展開。そこに走りこんだ#10下重が得意の角度から左足で狙いますが惜しくも枠を捉えられません。さらには#27堀西が果敢に攻め上がりクロスをあげますが惜しくも合わず。さらには右サイドを崩し#6深澤から、#7冷岡、#14菅谷へとパスがつながり菅谷がシュート。しかしこれもVONDSの厚い壁に阻まれます。チャンスを決められずにいると一瞬の隙を突かれ失点。0-2とされてしまいます。その後は#35櫻井、#34土遠と攻撃的な選手をいれ反撃に出るもゴールは遠く、逆に相手にカウンターから効率よく追加点を決められ0-4で敗戦となりました。

敗れはしたものの、ここで下を向いている暇はありません。5/4(土)にはホームで昨年度王者栃木シティとの一戦があります。勝ち点3をとるべくいい準備をして臨みたいと思いますのでスタジアムでお待ちしております!

(次節公式戦情報)
5/4(土)
関東サッカーリーグ前期第4節
vs栃木シティFC
17時K.O@セキショウチャレンジスタジアム

ジョイフルVONDS戦集合写真


  
Posted by つくばFC at 13:05Comments(0)ジョイフル

2019年04月21日

【マッチレポート】4/21(日)茨城県サッカー選手権大会兼天皇杯予選 準決勝

4/21(日)、ジョイフル本田つくばFC(以下ジョイフル)は茨城県サッカー選手権大会兼天皇杯予選準決勝に臨みました。相手は上のカテゴリーのJFLに所属する流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎(以下ドラゴンズ)との一戦です。
 開始から積極的に攻めるジョイフル。テンポの良いパス回しから#19川島、#10下重がシュートを放ちますがGKのセーブに遭います。一方のドラゴンズも狭いエリアをワンツーで崩しフィニッシュまで持ち込みますが枠をとらえられません。
 その後はジョイフルがサイドを大きく使った展開からサイドを崩し#14菅谷、#26今井がチャンスを迎えるも得点ならず。
 すると前半22分、いい流れでゲームが進む中で自陣でのボールロストから相手選手に抜け出されシュートを決められてしまい0-1となってしまいます。
 その後は相手の勢いに押され我慢の展開が続きます。それでも#4佐藤、#15竹中を中心に跳ね返し続け追加点を許しません。そのまま0-1のまま前半を折り返します。
 
 後半も積極的に前に出て攻勢を強めるジョイフル。すると後半8分、CKのチャンスを得ます。キッカーは#10下重。絶妙なボールが上がるとニアに走りこんだ#4が後ろへ逸らします。そしてそこに待ち構えていたのは#6深澤。深澤が冷静に流し込み1-1の同点!!
 その後もジョイフルのリズムでゲームは進みますが後半12分またしても一瞬のスキから失点を喫し1-2とされてしまいます。
 しかしそこで崩れないのが今年のジョイフル。運動量の落ちてきた相手に対し、テンポよくボールを動かし#11宮本が起点となり次々にチャンスを作ります。それでも相手GKのファインセーブもあり中々同点に追いつくことができません。
 #7冷岡、#28山下と攻撃的な選手を入れ反撃に出るジョイフル。すると投入直後、#28山下が反転して強引に持ち込み左足で強烈なシュートを放ちますが惜しくもゴールならず。しかし流れは完全にジョイフル。
 そして迎えた後半40分、#28山下のポストプレーから、#13小泉がドリブルで持ち込み左サイドへスルーパス。そこに走りこんだのは#7冷岡。左足で冷静に流し込み遂に2-2の同点とします!!
 残り5分。勝負を決めるべく全員で前へ出ます。#10下重のCKを#15竹中が渾身のヘディングも惜しくもクロスバー。勝ち越し点を決められず2-2で後半終了。試合は延長戦へと突入します。

 延長に入ってもジョイフルは走り続けます!!#13小泉のクロスの絶妙なクロスに#19川島が飛び込み触りますがぎりぎりのところで相手にクリアをされています。それでも攻め続けるジョイフル。その猛攻がついに実を結びます。
#28山下がヘディングで#10下重につなぎ、下重がドリブルで仕掛けます。下重が相手を引きつけ中央の#6深澤へパス。そのボールを受けた深澤がサイドへ展開します。ボールを受けた#7冷岡が冷静に相手をかわし左足でシュート。ゴール右隅に突き刺さり3-2!!
 その後は相手の攻撃を冷静に跳ね返し試合終了!!3-2で勝利となりました。

 苦しい時間帯もありましたがチーム一丸となって乗り切りました。これで公式戦4連勝。その4試合すべてが1点差と難しいゲームを1つ1つものにしてきました。
 つくばFCクラブ史上初の決勝に進出!あと1勝で天皇杯本選出場が決まります。応援してくださる皆さんの期待に応えられるようまた全員でいい準備をしていきたいと思います。
 本日も応援ありがとうございました!!

(次節リーグ戦情報)
4/29(月祝)
関東リーグ前期第3節
vsVONDS市原
11時K.O@ゼットエーオリプリスタジアム

(次節天皇杯情報)
5/11(土)
茨城県サッカー選手権大会兼天皇杯予選 決勝
vs流通経済大学
13時K.O@ケーズデンキスタジアム水戸

天皇杯準決勝ジョイフル集合写真
  
Posted by つくばFC at 21:29Comments(0)ジョイフル

2019年04月19日

【TOP選手ブログリレー2019】 vol.13 ジョイフル#28 山下 宇一(新加入)

皆さんはじめまして。
新加入の背番号28山下宇一(やました たかいち)です。



まず自己紹介をさせていただきます。
1995年7月9日生まれ、千葉県佐倉市出身です。
八千代松陰高校サッカー部、静岡大学サッカー部を経てジョイフル本田つくばFCに入団となりました。



こちらの写真は大学卒業式にサッカー部で記念撮影したものです。

つくばに来て、1ヶ月が経ち、午前練習をしてから午後から仕事のサイクルにも慣れてきました。
ちなみに仕事は、ダンロップスポーツクラブ つくば店でジムのインストラクターをしています。
もし運動に興味のある方いらしたら是非一度お越し下さい。

次につくばFCのことについて話したいと思います。
ジョイフル本田つくばFCには、GK3人や背番号22坂場功司を筆頭にユーモア溢れる選手が多くいて、あまり口数が多くない自分もすぐチームに馴染むことが出来ました。
試合では、リーグ2連勝、先日の天皇杯では初戦突破といい流れできています。
JFL昇格のためチーム一丸となって日々切磋琢磨していきたいです。
個人としては、得点と得点に絡むプレーで貢献出来るよう日々研鑽を重ねていきたいと思います。

最後になりますが、これからまだまだ戦いは続いていきます。皆さんの声援がチームの大きな励みになっています。
是非会場に足を運んで力強い応援をよろしくお願い致します。


《次節試合詳細》
◇男子公式戦情報
茨城県サッカー選手権兼天皇杯準決勝
4/21(日)11:00キックオフ
vs流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎
@ケーズデンキスタジアム水戸

◇女子リーグ戦情報(※アウェイ)
4/21(日)14:00キックオフ
vs JFAアカデミー福島
@時之栖スポーツセンター裾野グラウンド   
Posted by つくばFC at 12:51Comments(0)ジョイフル

2019年04月18日

【マッチレポート】4/17(水)茨城県サッカー選手権大会兼天皇杯予選準々決勝

4/17(水)ジョイフル本田つくばFC(以下、ジョイフル)は茨城県サッカー選手権兼天皇杯の準々決勝がセキショウチャレンジスタジアムで行われました。準々決勝の相手は関東リーグ2部に所属するアイデンティみらい同じ県南地域に所属するライバルクラブとの対戦で負けられません。

 この日はリーグ戦から中3日ということもあり先週のリーグ戦から9人メンバーを入れ替えて試合に臨みました。
 立ち上がりから相手の積極的なプレスに押し込まれる時間が続きますが、GK#1西尾が落ち着いて守りチームにリズムをもたらします。すると次第にゲームを支配するジョイフル。#35櫻井、#19川島が次々にシュートを放ちますが相手GKのセーブに阻まれます。

 一進一退の攻防が続くなかついに試合が動きます。前半35分、オーバーラップしてきた#20池本が前線にパスを送るとそれに反応した#19川島が相手DFラインの背後に抜け出します。冷静に折り返すとそこに走り込んだ#7冷岡がダイビングヘッドで押し込み先制!!

 その後も落ち着いてゲームを進め前半終了。1-0で折り返します。

 後半、相手もミドルシュートやサイドからのクロスでジョイフルゴールに迫りますがこの日最終ラインに入った#3三森、#32宮谷が鉄壁の守備でゴールを割らせません。
 70分、#28山下のスルーパスに抜け出した#19川島がGKと1対1になったところを相手選手が後ろから倒してしまいレッドカードで退場。11対10の数的優位になります。数的優位を活かして次々にチャンスを作り出します#7冷岡、#19川島などが決定機を迎えますがなかなか追加点を決められません。すると相手も数的不利ではあるものの、前線に人数をかけパワープレ―に出てきます。押し込まれる時間帯が続きますが全員で耐え抜き試合終了!!1-0で勝利となりました。

これでリーグ戦と合わせて公式戦3連勝。そして今シーズン初の完封勝利となりました。3試合とも1点差での厳しいゲームをものにできたこと、そしてここまで出番の少なった選手たちが奮起して勝利に貢献してくれたことは本当にチームとして大きい勝利となりました。


今週末には天皇杯の準決勝が行われます。あと2つ勝てば天皇杯本戦出場となります。
次は上のカテゴリーのJFLに所属する流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎です。格上相手にチャレンジして勝利をものにできるように全員で努力をしてきたいと思います。

(次節公式戦情報)
茨城県サッカー選手権兼天皇杯準決勝
vs流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎
11時K.O@ケーズデンキスタジアム水戸

天皇杯準々決勝ジョイフル集合写真

  
Posted by つくばFC at 21:22Comments(0)ジョイフル

2019年04月15日

【マッチレポート】4/13(土)関東サッカーリーグ1部前期第2節

4/13(土)関東サッカーリーグ前期第2節東京ユナイテッドFC戦がホームセキショウチャレンジスタジアムで行われました。



お互いに開幕戦を勝利したチーム同士の対決。
また、東京ユナイテッドFCは去年のホームゲームでJFL昇格の夢を打ち砕かれる敗戦を喫した因縁のチームでもあります。
そのリベンジを今日果たせるか!?

試合はいきなり動きます。立ち上がり5分、ゴール中央で得たFKを#10下重の芸術的なFKが決まり先制!!
下重の2試合連続ゴールで幸先良いスタートを切ります。
その後は相手にボールを持たれる展開もありましたが、落ち着いて対応し前半を1-0で折り返します。

後半に入ってもジョイフルの勢いは止まりません。
後半2分、相手のクリアミスを見逃さず#19川島がGKとの1対1を決めて2-0!!
さらに後半9分、左サイドを崩すとオーバーラップしてきた#26今井が中央へクロス。
そこに走り込んだのは#10下重。下重が冷静に流し込み3-0!!さらにリードを広げます。

その後は相手も前線の枚数を増やしてパワープレーに出てきます。
すると後半15分FKからヘディングで合わされ失点。その後は一進一退の攻防が続きます。
#7冷岡が抜けだしてGKとの1対1になるも惜しくも決められず。
さらには#35櫻井も背後に抜け出しシュートを放ちますが惜しくも枠の外。
その後はPKで1点を返され3-2とされますが#4佐藤、#15竹中を中心に最後まで相手の攻撃を跳ね返し続け3-2で試合終了。

これで開幕2連勝となりました。
決して自分たちのサッカーができたとは言えませんがその中でもしっかり点が取れたこと、そして粘り強く戦うことができました。

次は平日4/17(水)にすぐ天皇杯予選が始まります。天皇杯でもしっかりいい結果が残せるよう良い準備をしたいと思います。
たくさんの応援ありがとうございました。


〈今節試合結果〉
前半 1-0(#10下重)
後半 2-2(#10下重、#19川島)
合計 3-2


〈次節公式戦情報〉
茨城県サッカー選手権大会兼天皇杯茨城県予選
vsアイデンティみらい
17時K.O@セキショウチャレンジスタジアム  
Posted by つくばFC at 16:35Comments(0)ジョイフル

2019年04月10日

【TOP選手ブログリレー2019】 vol.11 ジョイフル#23 菊地 隼介(新加入)

今回のブログリレーを担当させていただく#23 菊地 隼介です!
東京国際大学サッカー部から今季加入しました!よろしくお願いします!



今季はチームのJFL昇格の目標を達成できるようチームに貢献できたら嬉しいです!


ではまず、簡単に自己紹介から。

1996年4月21日生まれ

波野SSS→鹿島アントラーズjr→鹿島アントラーズjy→鹿島アントラーズy→東京国際大学サッカー部

チームメイトの坂場とは同期で小学校のトレセンから一緒にサッカーをしていました!
こんな感じで楽しくやってます!



みざきは2つ下の後輩で寮生活ではとてもめんどうをみた記憶があります。。。


さらに、こうへい君やはるひこ君は、1つ上の先輩で、はるひこ君に関しては、大学でも同じチームでサッカーをしていました。
未だにご飯に連れて行ってくれるので好きです!


未だにサッカーを続けているのには理由はないのですが、
やはりただ単純に好きだから続けられているのかなと思います。
サッカーの魅力の凄さが、続けられる理由かなと思っています。

自分は小さい頃、ロナウジーニョ選手のプレーを見て衝撃を受けました。
試合が終わるころには、「早くサッカーしたいな」と思っていて、そんな選手に憧れてここまでサッカーを続けてきました。
なので、自分の持ち味でもある、アイデアとそれを実現させる技術で、サッカーを見たことがない人にもサッカーの楽しさが伝わるようなプレーを見せていけたらいいなと思っています!

是非試合に足を運んでください!

みなさんで今年のつくばFCを盛り上げていきましょう!


〈試合詳細〉
◇男子第2節(ホームゲーム)
4/13(土)17:00 vs 東京ユナイテッドFC
@セキショウチャレンジスタジアム

◇女子開幕戦(アウェイゲーム)
4/14(日)11:00 vs 新潟医療福祉大学
@新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ(人工芝)
  
Posted by つくばFC at 14:47Comments(0)ジョイフル

2019年04月08日

【マッチレポート】4/6(土)関東サッカーリーグ1部前期第1節



ジョイフル本田つくばFC(以下ジョイフル)は4/6(土)関東サッカーリーグ前期第1節東京23FCとの一戦に臨みました。
場所はホーム、セキショウチャレンジスタジアム。開幕戦ということで勝ち点3を手にしてスタートダッシュをきりたいところ。
 
キックオフ開始早々、相手にPKを与えてしまうアクシデント。
絶体絶命のピンチでしたが、何とかしのぎます。
徐々に落ち着きを取り戻し、#6深澤・#13小泉を中心に攻撃を構築していきます。

そして迎えた前半21分、#14菅谷の絶妙なスルーパスに抜け出した#19川島がGKと1対1に。
シュートではなく冷静に横に流すとそこに走り込んでいたのは#11宮本。無人のゴールに蹴り込み先制に成功!!

さらに勢いに乗るジョイフルは23分#26今井のパスに抜け出した#10下重が相手を巧みにかわし、
GKが出ているのを見逃さず30mロングシュート。大きく弧を描いたボールはGKの頭上を越えゴールに吸い込まれ2-0!!
さらにリードを広げます。その後も主導権を握り続け前半終了。

後半立ち上がり早々スルーパスに抜け出した#19川島がGKと1対1になりますが相手GKの好守にはばまれます。
すると後半6分、一瞬の隙を突かれサイドを抜け出されると折り返しを合わされ1点を返されてしまいます。
 
しかし、その3分後、
左サイドを崩し#11宮本のパスに抜け出した#14菅谷が持ち込んでシュートきれいな弧を描いたシュートはサイドネットに突き刺さり3-1!!

点差を広げることに成功しましたが、ここで終わらないのが難敵東京23FC。
ジョイフル陣地目掛けてダイレクトプレーで反撃を試みます。
再びサイドを崩され失点。3-2となります。
 
その後も一進一退の攻防が続きますが#4佐藤、#15竹中を中心にことごとく相手の攻撃を跳ね返します!!
攻撃では途中出場の#7冷岡、#28山下、#35櫻井がチャンスを作りますが惜しくもゴールはならず!!
最後は相手のパワープレーに耐える時間が続きましたが最後まで耐えきり試合終了。
3-2で見事開幕戦を勝利で終えることが出来ました。

本日も500名以上もの方々が応援に駆けつけてくださり我々とともに戦ってくれました。
来週もまた格上の難敵東京ユナイテッドとの一戦です。
来週も勝利を手にするべく一週間良い準備をしたいと思います。
本日も応援、本当にありがとうございました。

〈今節試合結果〉
ジョイフル本田つくばFC  3-2  東京23FC
得点者:#11宮本、#10下重、#14菅谷


〈次節公式戦情報〉
4/13(土)関東サッカーリーグ前期第2節
vs東京ユナイテッドFC
17時K.O@セキショウチャレンジスタジアム
  
Posted by つくばFC at 14:32Comments(0)ジョイフル

2019年04月05日

【TOP選手ブログリレー2019】 vol.9 ジョイフル#21 近嵐 大地(新加入)

おはようございます!こんにちは!こんばんは!
皆さん初めまして!
今シーズンよりコバルトーレ女川から加入しました、背番号21番GKの近嵐大地です!



まずは簡単に自己紹介させていただきます。

・近嵐大地
・1993年10月27日生まれ
・新潟県出身
・FC高志→Jドリーム三条→新潟県央工業→JAPANサッカーカレッジ→コバルトーレ女川


ところで皆さん、僕の苗字は読めましたか?
初めての方は読めない人がほとんどだと思います。
僕の苗字は「ちからし」と読みます。読み方だけでも覚えてもらえるとすごく嬉しいです!


そして背番号1番GK西尾隆選手とはJAPANサッカーカレッジ時代からかれこれ8年目の付き合いです。
地元の友達よりも付き合いが長いです。笑

ちなみにこれが1年目の僕と西尾選手です。
まだまだ若いですね。笑



休みの日は西尾隆選手と背番号99番GK小笠原正人選手と一緒に温泉に行ったりご飯を食べたりしています。

どこのチームでもそうでしたがやっぱりGK同士は仲良くなることが多いような気がしますね!
西尾選手も小笠原選手もすごく面白くて毎回楽しくいい雰囲気で練習出来ています!すごくありがたいです。


そんな愉快なGK3人組と新しくGKコーチに就任した古川淳一郎GKコーチとの4人でチームを盛り上げていければと思います!

早くGK会をやりたいものです。笑


つくばFCのみんなはすごくいい人達ばかりでみんな話しかけてきてくれたので、すぐチームに馴染むことができました!


今シーズンの目標はまず怪我をせずシーズンを終われること!
そして、チームの目標でもあるJFL昇格を果たすこと!
今の最高のチームで昇格します!



皆さん!ぜひ1度スタジアムへ足を運んでみてください!
観ていて楽しい!また来たい!と思えるようなサッカーをします!

今年1年応援よろしくお願いします!
皆さんの応援が僕たちの力になります!
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

〈試合詳細〉
明日!!!
◇男子開幕戦(ホームゲーム)
4/6(土)17:00 vs 東京23FC
@セキショウチャレンジスタジアム

◇女子開幕戦(アウェイゲーム)
4/14(日)11:00 vs 新潟医療福祉大学
@新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ(人工芝)  
Posted by つくばFC at 22:09Comments(0)ジョイフル

2019年03月29日

【TOP選手ブログリレー2019】 vol.7 ジョイフル#15 竹中 広大(新加入)

皆さんはじめまして!
筑波大学から加入しました、背番号15番、竹中 広大(たけなか こうだい)です!



まずは簡単に自己紹介させていただきます。

1995年4月5日生まれ
(リーグ開幕戦の前日が24歳の誕生日です)

北海道帯広市出身

プログレッソ十勝FC U-12→プログレッソ十勝FC U-15→帯広柏葉高校→筑波大学


地元の十勝帯広は自然が豊かで美味しい食べ物がたくさんあり、帰省するたびに心が癒されています。
さすがに10年連続、都道府県魅力度ランキング1位を取っているだけのことはありますね!笑




これは通っていた小学校の校庭で、冬場はスケートリンクに様変わりします。だいたいどこの学校もこんな感じです。
十勝はスピードスケート王国で長野オリンピックで金メダルを獲得した清水宏保選手や、
昨年の平昌オリンピックで活躍した髙木姉妹など多くのメダリストを輩出しています。

自己紹介というより地元の自慢になってきているのでこの辺にしておきましょう。笑

さて、今年でつくば生活5年目となりますが、本当に住みやすく魅力的な街で、
僕にとっては第2の故郷とも呼べる大好きな場所です。(夏の暑さには未だに慣れませんが…)

そんな慣れ親しんだつくばでの生活も今年からガラッと変わります。

まずサッカーをする環境です。
大学時代は授業が終わった夕方からの練習でしたが、今年からは午前中の練習へとシフトします。

そして1番大きな変化は、社会人として、自分自身で生活していくお金を稼いでいくという点です。
今までは奨学金を借りたり、バイトをしたりもしましたが、そのお金だけでは到底生活していけないので、
結局は金銭面で親にサポートしてもらっていました。
これからは自分自身で生計を立てていくことになります。
しかも、サッカーをしながら。これには相当な覚悟と情熱が必要だと感じています。

つくばFCでサッカーをすると決断した時の気持ちを忘れずに、この1年間過ごしていきたいと思います。


このブログを書いている今日(3/25)は筑波大学の卒業式でした。
4年間苦楽を共にした仲間との別れは名残惜しく、寂しいですが、
これからはそれぞれの道で活躍していくと思うので成長した姿で再会できることを楽しみにしています。



1試合でも多く試合に出て、チームの勝利に貢献し、JFL昇格を果たせるよう頑張ります!
応援よろしくお願いします!

最後まで目を通していただきありがとうございました!


〈試合詳細〉☆まもなく関東サッカーリーグ1部開幕!
4/6(土)17:00キックオフ
vs 東京23FC 
場所:セキショウチャレンジスタジアム
観戦:大人1,000円/人 ※高校生以下無料
☆先着50名様に4/6限定タオルマフラープレゼント!!☆
  
Posted by つくばFC at 13:44Comments(0)ジョイフル

2019年03月21日

【TOP選手ブログリレー2019】 vol.5 ジョイフル#17 秋本 愛斗(新加入)

皆さんはじめまして!
新加入の背番号17秋本愛斗(あきもと まなと)です!
千葉の暁星国際高等学校から加入することになりました!



つい最近まで高校生でした笑
3月1日に卒業しました!!その時の写真です。



この仲間と過ごした3年間とても楽しかったです!

話は変わりますが、自分がジョイフル本田つくばFCにどうやって加入できたかというと、
Tフィールドで合同セレクションがあり
そこで小松さんに声をかけてもらい色々話を聞いて加入する事に決めました。

1ヶ月前ぐらいにつくばに来て何もわからない時に西尾さん(#1)にすごくお世話になりました!
西尾さんだけではなく他の先輩方も優しく、
ご飯をごちそうしてくれたり、話しかけてくれるので、とても楽しいです!

初の一人暮らしはキツイですが笑笑

先週の土曜日試合終わりにミモさんと航平さんと「湯楽の里」に行ってきました笑



一気に疲れが吹っ飛びました!

最後に今年の目標を話します。
チームとしてはJFL昇格
個人として早く試合出る事そのために練習や練習試合でアピール出来るように頑張っていきたいと思ってます!

今年一年よろしくお願いします!


【プレシーズンマッチ試合詳細】
3/23(土)※アベック開催
12:30キックオフ つくばFCレディース vs 筑波大学女子サッカー部
16:30キックオフ ジョイフル本田つくばFC vs tonan前橋
■観戦:無料
■場所:セキショウチャレンジスタジアム(つくば市山木1565)   
Posted by つくばFC at 11:18Comments(0)ジョイフル

2019年03月18日

【TOP選手ブログリレー2019】 vol.3 ジョイフル#2 関河 奨人(新加入)

皆さんこんにちは!
はじめまして!
今回ブログを担当させていただく新加入の背番号2番、関河 奨人(せきかわ しょうと)です!



北海道十勝スカイアースから加入することになりました!

みなさん知っての通り北海道アホみたいに寒いです!笑

つくばFCの練習参加をして北海道に帰ってきたときの気温です!笑



つくばFCではおなじみの背番号11番の宮本選手は大学時代の先輩です!

このチームに加入するきっかけも宮本さんでした!

大学時代やつくばFCに練習参加した際もご飯に連れて行ってもらったりしていて、面倒をみてもらっています!

でも、最近ご飯の誘い少ないな~?笑

お腹すいたな~?笑

次はいつですか~?笑

宮本先輩!笑

と冗談はさておき、
新加入ということで自分のプロフィールとサッカーをやっている理由について書きたいと思います!



まずはじめに軽いプロフィールです!

1995/12/8

埼玉県出身

高篠sss→FC・CORUJA→正智深谷高校→

仙台大学→北海道十勝スカイアース



気になるチームがあったら調べてみて下さい!笑



次にサッカーをやっている理由について!

サッカーをやっていると「まだサッカーやってるの?」とか「なんで社会人になってまでサッカーやってるの?」とか、
怪我をするたびに「そろそろ引退じゃない?」と言われることがあります。

昔はそれを聞かれるたびに考えていました。

ですが、いくら考えてもいつも答えは同じでした!

それはただ単純にサッカーが大好きだから!

その感情に嘘偽りはありません!

大好きだからこそ負けたくないし、熱い気持ちを大事にしています!

たまに熱い気持ちや人間性だけで周りの人達になにかを伝えられる人っていますよね!

自分もピッチではプレーで、オフザピッチでは人としてそんな魅力溢れる選手になりたいと常に思っています!



当たり前ですが、サッカーをやりたくてもできない人がいます。

震災などによってサッカーをやる環境がなくなってしまう人もいます。

東日本大震災、北海道胆振東部地震

大学時代を宮城で過ごし、昨年は北海道で地震を経験して、よりサッカーができることに喜びを感じるようになりました。

自分が当たり前と感じていることは誰かにとっては当たり前じゃないです!

日常があることに幸せを感じながらサッカーをして、「2番応援したくなるような選手だな」とファン、サポーターの方々に思ってもらえるように全力でプレーします!



まとまりがないですが、今年1年間よろしくお願いします!

【プレシーズンマッチ試合詳細】
3/23(土)※アベック開催
12:30キックオフ つくばFCレディース vs 筑波大学女子サッカー部
16:30キックオフ ジョイフル本田つくばFC vs tonan前橋
■観戦:無料
■場所:セキショウチャレンジスタジアム(つくば市山木1565)  
Posted by つくばFC at 11:16Comments(0)ジョイフル

2019年03月07日

【TOP選手ブログリレー2019】 vol.1 ジョイフル#27 堀西謙太



春風待ち望む今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私たち、ジョイフル本田つくばFCは1月中旬からプレシーズンをスタートし、新シーズン開幕に向けて、
昨シーズンの悔しさを晴らすべく非常に寒い時期でも熱く熱く練習に取り組んできました。
また、去年からのメンバー、そして、新加入の選手や新しいスタッフととても良い雰囲気で切磋琢磨できています。


2019シーズン最初のブログを務めさせて頂きます、
ジョイフル本田つくばFC、背番号27番、年男、ホリケンこと、堀西謙太です。
よろしくお願いします。

そして、2019シーズンのキャプテンに就任しました。

キャプテン就任ということで大きな責任と覚悟を持って、今シーズンは全身全霊でチームのために行動し、貢献します。
だから、去年よりふざけたことやボケを25%程度削減することをこの場で公約します。

去年は、キン肉宣伝副部長として、宣伝の質と量ともに燃費が悪かったので、今年はエコ運転していきたいと思います。
(今シーズンも生まれながらの宣伝部長、坂場功司の活躍に期待しています。)



2ヶ月前にもブログを書かせてもらい、見て下さった方には自分自身のことやチームのことをより知ってもらえたと思います。
(見てないよ!という方は是非ご覧下さい。)
なので、短期間でのブログ更新となり、少し内容に困っています。笑

そこで、この2ヶ月の間での大きなトピックを取り上げたいと思います。2つあります。

♦︎Topic1:キャプテン就任

♦︎Topic2:年始での2週間の生活〜これが前厄か。〜

この2つがこの2ヶ月での大きな出来事です。


まず、Topic1から解説したいと思います。
Topic1に関してはその言葉通りです。キャプテン就任を告げられたのは、何の前触れもなく突然で驚きました。
しかし、個人的にラストイヤーとしてチームに最大限の貢献をしていきたいと考えていたので、期待にも応えるべく引き受けさせてもらいました。

私は、こう見えて小・中・高・大と全カテゴリーでキャプテンを務めてきました。
しかし、シーズンの最後に笑って終えた記憶がありません。結果がついてこないことが多かったです。
シーズンが終わるごとに後悔と実力不足を感じ続けてきました。

つくばに来たきっかけもこのことが大きな要因でもあります。
大学院でサッカーについて深く学び、パフォーマンスアップの方法やスポーツ組織論を多角的に勉強することで、ピッチレベルで生かしたい。チームマネジメントを勉強する、修士論文でチームビルディングに関して研究する、そして勝つチームを作りたい。最後には笑ってシーズンを終えたい。
このような様々な思いも積み重なって、キャプテンを引き受け、リベンジともいうようなチャレンジができることに興奮しています。

「チャレンジ&カバー」=チャレカバ
この言葉は、サッカーの守備の際の用語として、頻繁に使われます。
(詳しい内容は、“教授”こと小泉洋生君に聞いて下さい。)

ピッチ内外で、この「チャレンジ&カバー」ができるチームにしていきたいです。
その理由としては、今年もジョイフル本田つくばFCはJFL昇格を目標に取り組んでいますが、現状のままでは厳しい道のりとなります。
挑戦なくして、変革なし。現状を打破すべく、選手と成長すべく、チームとして上を目指すべく、チャレンジしないことは変化も何もないと考えています。もちろん、昨シーズンの積み上げの中での一人一人のチャレンジが必要です。

そして、チャレンジできる環境や雰囲気がある環境を整えることが“カバー”であると思います。
例えば、誰かがチャレンジをしたミスでもそれを取り返すようなプレーをして、カバーするなどです。
このチームには、未熟な自分を支えてくれ、信頼できる先輩たちが多くいるので、心強いです。
チーム目標に向かって、チャレカバし、結果にコミットできるように務めていきます。

熱く語ってしまい、Topic1のウエイトが大きくなりすぎてしまいました。
(あ〜〜〜っつ盛り〜〜〜〜でした。)


次に、Topic2です。
Topic2は足早にいきたいと思います。

前回のブログで“すべての終わりは始まり”と言葉を残し、オフシーズンの過ごし方を新シーズンのために行動する必要があるとかっこつけて訴えたのですが、年始早々、胃腸炎にかかってしまい、また治ったと思ったら振り返してしまい、実は2週間ほど寝込んでいました。

この原因は、普段食べれないような美味しいものにチャレンジしようとしたのがまずかったです。
胃腸炎のおかげで3キロ以上体重が落ち、持ち味である筋肉が影を潜め、ガリガリになってしまいました。(1ヶ月前)

年始早々、この下ないスタートとなりました。

しかし、一時期は3キロ以上落ちた体重が、なんとたったの1ヶ月で筋力、筋肉も含めて元に戻るという驚異的な回復をみせました。
この自分のカバー能力には自画自賛しました。

THIS IS チャレカバ 





驚異的なカバーをみせた背景には、Apple Watchの存在があります。
1月末に購入しました


(今シーズンも尊敬する兄弟である今井渓太くんと一心同体で戦います。)


このApple Watchのおかげで、心拍数や睡眠の質、運動強度をデータとしてフィードバックしてくれるので、良い習慣が身に付いてきています。
*より良い生活習慣を身に付けたいっていう人にはオススメ


閑話休題


前回のブログで2019シーズンの抱負を言いました。それは今も変わりません。
「期待に溢れた満員のセキショウチャレンジスタジアムで、ジョイフル本田つくばFCのサッカーを表現し、みんなで勝利を共有する。」

これを実現するためには、自分たちだけの力では成し遂げることができないので、サポーターの方々、スポンサー、つくばFCのスタッフとつくばFCに関わるすべての人が一緒に戦わないといけません。

成長するために新しいことにチャレンジし、仲間がピンチの時は助け合い、カバーし合う。

そして、


2019シーズン、ともに同じ目的地に向かって、走り続けましょう!!!


今回も長々となりましたが、最後まで見て頂いた皆様、ありがとうございました。

一味も二味も違うようなサッカーをピッチで魅せるために、シーズンを通して精進していきます。

  
Posted by つくばFC at 17:30Comments(0)ジョイフル

2018年09月19日

【ジョイフル】関東サッカーリーグ1部後期第8節 マッチレポート


 9/17((月祝))ジョイフル本田つくばFC(以下ジョイフル)は関東リーグ後期第8節、アウェイでブリオベッカ浦安と対戦しました。
 勝ち点で21で並ぶ浦安との一戦。一つでも上の順位に行くために勝ち点3がほしいところ。
 立ち上がりから#19川島、#11宮本が積極的な動き出しからチャンスを作ります。
相手も鋭いカウンターからチャンスを作りますが#14山崎、#4佐藤が冷静な対応でチャンスを作らせません。
 前半35分、左サイドを抜け出した#16諸井がゴール前に低い弾道のクロスを上げると走り込んだ#9齋藤が合わせゴールネットを揺らすもオフサイド。先制点とはなりませんでした。
その後も中央を崩すと左サイドへ展開。今度は#16諸井が直接シュートを狙います。キーパーの手元で変化する無回転シュートはキーパーに防がれますが、こぼれ球に#11宮本が詰めます。相手に倒されるもノーファール。立て続けにチャンスを作るもゴールを奪えず0-0で前半終了。
 後半、最初にチャンスを作ったのはブリオベッカでした。早いタイミングでクロスを上げ走り込んだ選手がシュートを放ちますが枠を捉えられません。
 その直後、ジョイフルは左サイドを崩すと#16諸井が正確なクロスをゴール前へ。フリーで走り込んだ#19川島がヘディングを放つもミートせず。決定機を逃します。
 57分、ハーフウェイライン付近でセカンドボールを競り負け相手選手にドリブルで持ち込まれるとそのままシュートを打たれ失点。0-1となってしまいます。
 その後#10下重、#24菅谷を投入し、反撃に出ます。#10下重がドリブルで持ち込み中央へグラウンダーのパス。ボールを受けた#11宮本が反転して相手を交わし、巧みなシュートを放ちますがシュートは惜しくも枠を捉えらえず。その後も#10下重がシュートを放つも相手の必死のブロックに遭います、さらにはゴール前を崩し#24菅谷がヘディングで#19川島にラストパスを送るもわずかに合わず。決定機を活かせません。
 逆に78分一瞬の隙を突かれDFラインの背後を突かれ失点。最後まで攻め続けますが0-2で試合終了となりました。
この日もアウェイにも関わらずたくさんのサポーターの方々が駆けつけてくださいました。ありがとうございました。次節はリーグ戦最終戦となります。一つでも上の順位に行けるように良い準備をしたいと思います。

(次節公式戦情報)
9/23(日)
関東リーグ後期第9節
vs流通経済大学FC
14時K.O@RKUフットボールフィールド

  
Posted by つくばFC at 15:37Comments(0)ジョイフル

2018年09月13日

【ジョイフル】関東サッカーリーグ1部後期第3節 マッチレポート

ジョイフル本田つくばFC(以下ジョイフル)は9/12(水)関東リーグ後期第3節(延期分)さいたまSCに臨みました。
 立ち上がりから引いて前線に1人残し9人で守りを固める相手に対して落ち着いてボールを動かすジョイフル。#14山崎からのが左サイドに展開し、この日初スタメンを飾った#20池本が正確なクロス。#11宮本がヘディングできれい合わせますが惜しくもキーパに弾かれます。その後も#27堀西、#13小泉が中盤でゲームを組み立てチャンスを作ります。
 そして迎えた前半32分左サイドでボールを受けた#24菅谷が中央へカットイン。相手を引き付けて横にパスを出すと、走り込んだ#11宮本がワンタッチでシュートを放ちます。大きく弧を描いたボールはゴール左上隅に吸い込まれ先制!!その後もチャンスを作り続けますが追加点は奪えず1-0で前半終了。
 後半に入ってもボールを持って攻勢を強めるジョイフル。
迎えた52分、右サイドで#齋藤がドリブルで相手を交わし中央の#11宮本にパス。宮本が走り込んだ#27堀西に落とすと堀西がPA内へ進入。相手を交わすとたまらず相手が足を引っかけてしまいPK獲得。このPKを宮本が決め2-0。
 その後相手もメンバー交代などで攻撃的な選手を投入し、反撃を試みますが#21荒川を中心にゴールを割らせません。
 このまま試合終了かと思われた90分。#13小泉からパスを受けた#10下重がゴール中央でフリーに。そのまま持ち込みPA外からシュート。これがゴール隅に突き刺さり3-0。このまま3-0で試合終了。この結果5位に浮上することに成功しました。
 リーグ戦はあと2試合。アウェイでの試合が続きますが、少しでも上の順位に、そして応援してくれる方々の為にもいいゲームを見せたいと思います。たくさんの応援ありがとうございました。

(次節公式戦情報)
9/17(月祝)
関東サッカーリーグ1部後期8節
vsブリオベッカ浦安
13時K.O@浦安市陸上競技場


  
Posted by つくばFC at 20:07Comments(0)ジョイフル

2018年09月09日

【ジョイフル】関東サッカーリーグ1部後期第7節 マッチレポート

ジョイフル本田つくばFCは9月8日関東リーグ後期第7節、横浜猛蹴戦がセキショウチャレンジスタジアムで行われました。

 立ち上がりは横浜猛蹴ペース。ロングボールでFWを走らせ素早く攻撃を仕掛けるもGK#31小笠原の好セーブで事なきを得ます。
 そして次第に流れはジョイフルへ。前半13分左サイドを#16諸井、#9齋藤がサイドを崩し諸井がクロス。中央で待ち受ける#11宮本が冷静にコントロールからシュート。1-0とします。
その後も攻め続けるジョイフル#19川島がスルーパスに抜け出しシュートを放つもキーパー正面。さらに#16諸井がクロスをファーサイドに速いボールをあげ、#10下重がシュートを放つも枠を捉えられず。逆に29分、カウンターから相手にGKの頭上を越えるロングシュートを決められ同点とされてしまいます。
 しかしその後も圧倒的に攻め続けるジョイフル。#9齋藤がPA内で相手を3人交わしシュートを決めますがオフサイドの判定。1-1のまま前半を折り返します。
 後半に入っても攻めるジョイフル、守ってカウンターを狙う猛蹴という構図は変わらず。後半に入ると#22坂場の積極的な攻め上がりからチャンスを演出します。
しかし迎えた61分、CKからヘディングで合わされ1-2逆転を許してしまいます。
同点に追いつきたいジョイフルはさらに攻勢を強めます。すると74分、中央で細かくパスをつなぎ左サイドへ展開。#16諸井が絶妙なクロス。ファーサイドから走り込んだ#22坂場がトラップしたところを相手に倒されPKを獲得。これを坂場自ら決め2-2の同点!!
 その後#24菅谷、#18長谷川投入し逆転を目指し攻め立てます。最後は長身DF#3三森を投入しセットプレーでも決定機を作る出すも相手GKの好セーブで結局3点目を奪えず2-2のドロー。
 ホーム最終戦で勝ち点3を獲得することはできませんでしたが選手たちは最後まで闘いぬきました。また今日の試合も489名ものお客様がスタジアムに来てくださいました。本当にありがとうございました。今シーズンのホームゲームはこれで終了となりますが、リーグ戦はまだあと3試合アウェイで残っております。残りの3試合もしっかり戦い一つでも勝ち点を多く積み重ね来季に繋がる戦いをしたいと思います。さらには10月には地元茨城開催の全国社会人サッカー選手権も行われます。まだまだ公式戦は残っているのでそこに向けても全力で日々取り組んでまいりたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。

(次節公式戦情報)
9/12(水)
関東リーグ後期第3節(延期分)
vsさいたまSC
19時K.O@さいたまスタジアム2002第2グラウンド


  
Posted by つくばFC at 13:51Comments(0)ジョイフル